バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

TOP(menu) RSS Google+

バーグマン200 (suzuki)

イントロ

「高速域が伸びる」「ガバ開けすると加速が凄い」という噂を聞いて、初めて公道で乗ってみたので、インプレを大幅修正。

エンジン/ミッション

エンジンが吠えない範囲で普通にアクセルを開ける限り、出だし〜40km/hくらいまでの加速はマイルド。60km/hくらいからスッと伸びていく感じがある。

一方、意識的にワイドオープンしてゼロ発進すると、250のスポーツバイクはかなり頑張らないと置き去りにされそうな加速感。70-80km/hからも加速が衰えるどころか更に過給されて伸びるかのよう。あるバイク屋によると、約140km/hの最高速まで一気に加速するという。

その代わり、加速を楽しむとノーマルのスクーターとは思えないほど、ビービーと五月蝿い。アイドリングでもバリバリと振動が伝わってくる時がある。これはスクーターのDRZなのか?

ハンドリング/乗り心地

見た目やスペック通り、マジェスティーSやPCXと比べると流石に重量感があるが、重心が低めなのでパタッと倒れこむような不安感は無い。

サスも柔らか目で、スクーターらしくゆったりしたハンドリングは好印象。車格の割りには小径ホイールだが、極低速コーナリングも切れこむような挙動は無く不安感はない。

速度を上げてもフワフワするどころが、むしろどっしりガッチリした感触で、ブレーキもシッカリ効き車体は安定している。

ポジション/足つき/取り回し

広大なリアシート&巨大なヒップを見るとかなりデカイバイクに思えるが、前半分はアンバランスなほどスリム&コンパクトという尻ドル的なプロポーションだ。つまり、乗ってる時は前半分しか見えないので、サイズ感はPCXとあまり変わらない。

足つき性はシート高自体がかなり低いのと、ステップボードの足を出す部分が絞りこまれている為かなり良い。例えば、マジェスティーSのシート足つき性を100とすると(数値が大きいほど悪い)PCXが90でバーグマンは80以下といったところ。

あと、これまでの特設コース内の試乗では何故か気付かなかったが、シートに対してステップボードがやたら高い事が判った。この話を店員にすると「じつはそれ、普段は普通のバイクに乗ってる人がやってしまいがちなんですが、スクーターは真下のステップボードではなく、前の斜めのボードに足を投げ出して乗るんですよ」とのこと。なるほど、そりゃ慣れてないや^^;

巨大シート下のラゲッジは当然広大(幅広)で、フルフェイスヘルメットが2個横に並べて置けるという。その代わり長さはあまりなく、左右非対称のひょうたん型。

総合評価

最近は「ビクスク」の人気が衰退し、125〜150のスクーターにシフトしているというが、バーグマン200はその中間を狙ったようだ。

先ず150クラスとは狙っている速度域が違う。マジェスティーSやPCX150の主戦場が50-80km/h位だとすれば、バーグマン200は70-110km/hあたりの領域で4輪と戦えるパフォーマンスがある。よって、高速や有料道路、幹線道路を中心に考えている人にこそオススメしたい。

逆に街中では、乗車中は150クラスと大差ないサイズ感だが、サクサクすり抜けをするにはちょっと重々しい。何より、一旦バイクを降りれば、街の駐輪場の空きスペースに巨大なヒップをねじ込むのはかなり苦労するだろう。多分、ビクスクでもマグザムなんかの方がスリムだと思う。

そして、走りのキャラクタがまた個性的で、ハンドリングや乗り心地はややゆったり型だがシャシはシッカリ、何よりエンジンがやたらと硬派(バリバリ、高回転型)。それならいっそのこと、もっとコンパクトなボディーで戦闘的なスタイルのスクーターにしても良かったと思うが、何故かラゲッジや居住性重視のデザイン。

まあ、このチグハグさがスズキらしいといえばらしいんだけどね。「ホンダの皮を被った漢スズキ」的なこのバイクに魅力を感じる人に乗って欲しい。

RSSフィードが正しく表示されない、ログインした状態でコメント出来ない等の不具合がありましたが、9/30に解消しました。未だ問題他にが有れば、お手数ですがコンタクトフォームからご連絡ください。

バーグマン200 に関するコメント

コメントする

お名前:

コメント:

MCタイチが以前乗っていた黒い大型バイクは?(スパム対策)⇒

Facebookアカウントでコメント

最近のコメント[RSS]