バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

TOP(menu) RSS Google+

8/24にプログラムの変更を行い、一時的に不具合が発生しました。未だ問題が有れば暫くお待ちいただくか、お手数ですがコンタクトフォームからご連絡ください。

GSR250S (suzuki)

エンジン/ミッション

試乗するのは昨年のGSR250(カウルなし)以来だが、改めてパワフルかつスムーズなエンジンだと思った。スムーズだからつい回してしまう、よってパワフルに感じるのだろう。

よく雑誌などでは、「スペックの割に非力さは感じない」とか「中低速トルクが充実してるので、マッタリ走行が楽」と言った評価を見かけるが、重量を考えるとライバルよりパワフルじゃなかろうか。

例えば、一見レーシーなNinja250やCBR250Rなんかは、回すほどにフリクションが増えていくような抜けの悪さを感じるし、200Dukeはよく回るけど排気量なりのトルクという感じで、ギア比がショートなので速度の割にはうるさい。その点GSRはパワーに対する振動の少なさが圧倒的に優位。

まあ例によって、舞洲のコースは感覚の割に速度は出ておらず、公道ではカウルなしも含め乗っていないので甘めの評価になるかも知れない。ただ、6速-70km/hでのエンジンの余裕は200DukeやCBRよりあると思う。

ハンドリング/乗り心地

重さや大きさを活かした乗り心地の良さや、重さを活かした割とシャープなリーンなど、基本的なハンドリングは無印(カウルなし)と共通。中/大型のバイクはカウル有りと無しでハンドリングがハッキリ変わる(ジオメトリも含めてわざと変えてある)モデルが多いが、GSR250についてはそれほど変えてないようだ。

なので若干の差ではあるが、同日/同コースで試乗した無印は、Sと比べるとハンドリングに塊感があり、乗り心地も僅かながら硬く感じた。当然ながらネイキッドである無印は、メーターやライト類がステアリングと一緒に動くので、割とパタッと切れるのに対し、Sはそれらが車体側に付いている為良い意味で安定感が増しており、このバイクのキャラにあっていると思う。

ポジション/足つき/取り回し

写真のようにそそり立つアップハンドルのお陰で、無印より更にアップライトな殿様ポジションになっている(これもハンドリングに影響してるかも)。これも重厚/快適なこのバイクのキャラにあっていると思う。

250で188kgという装備重量を見ただけでグッタリしそうだが、上述の鬼ハンいや殿ハンの効果もあってか、取り回しは絶望するほど重くはなさそう。何と言っても、あのスーパーストリートバイクMT-09と同じ装備重量なのだから、ものは考え方ようだ^^;?

総合評価

昨年無印のインプレを書いた際は、走りはともかく重厚長大金満中華風味のバイクだと酷評したが、このSを見て乗るとここまで徹底してたら逆に潔いと思ってしまった。美意識やテクノロジーコンシャスとは対極にあるが、この体にも免許にも財布にも優しいバイクでマッタリ旅をしたいという誘惑にかられる。

250に有るまじき重厚長大な車体も乗り心地の良さに少なからず貢献してるだろうし、無駄にデカく見えるミッションケースも、偶力バランサ付きだからかも知れない。かくなる上は見た目や速さと言った邪念を一切捨て、この国籍不明/年代不明/クラス不明のカオスなマシンに身を委ねる時、ライダーとしての悟りの境地に達するのではあるまいか?

追伸:翌年出たフルカウルのGSR250Fにも乗ったが、これはあまりにハンドリングが緩慢だった。アンダーカウルは見た目的にも機能的にも蛇足だと思う。一方ネイキッドは上述のようにややこのバイクのキャラに合わない部分があるので、このSがGSR250シリーズ中最も好ましいモデルだと思う。

GSR250S に関するコメント

ぬせろ

いや~、MT09とはまったく違った意味で、非常に突き抜けたバイクだと思いますよ。
日本含むアジア圏にマッチしたツアラーはBMWでもゴールドウイングでもなく、ましてやVFRでもないという事を証明するバイクです。
価格が安く燃費が良く航続距離が長く、排気量の割には安定感があり高速も走れる。車重は軽くはないが、細道に入るのに躊躇がいらない程度にとどまり、かっこ良くないから誰にでも似合うし汚れても気にならない。そして国産でメンテナンスや修理が低コスト。

ライバルはゼルビスとか、ZZR250とか、ジェベル200あたりでしょうか。現行車にはカテゴリー的に被る車種は存在しないように思えます。
ベストスズキオブザイヤーをあげたい車種ですね。
私が今もしお金はないが時間はある若者に戻れるなら、こんなバイクで放浪すると思います。
スズキは早く中国白バイ仕様のパニアケースをオプションで発売すべきだと思います。

MCタイチ

確かに、ある種突き抜けていて、現行モデルではライバル不在ですね。商品企画としては、250cc以上は通常あり得ないような新興国でのフラッグシップバイクなんでしょうけど(正に中国のCB1300)、日本のに持ってきても意外と実用的だったと。

仰るとおり、メガツアラー的なバイクって、アジアの地形やアジア人の体格では持て余すだけだと思いますね。「500kmノンストップでも疲れない」なんて自慢話もありますが、日本で態々バイクで高速移動して何が楽しいのか解りません。新興国の道路事情では無理ですし。

中国内陸部では広大な幹線道路が出来ていると聞きますが、一度脇道に入れば舗道かダートか良くわからないような悪路だと思うんですよ。そういう場所では足の長いトレール系でふらつくより、GSRのように低重心でソフトな足回りのバイクのほうが、結局楽で安定したペースで走れるような気がします。

ライバルメーカーたスポーティーな中小型車を出してきた昨今、スズキはそこを敢えて外してアジアンテイスト路線に舵を切ったのかも知れません。

コメントする

お名前:

コメント:

MCタイチが以前乗っていた黒い大型バイクは?(スパム対策)⇒

Facebookアカウントでコメント

最近のコメント[RSS]