バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

TOP(menu) RSS Google+

CB250F (honda)

イントロ

殆ど話題になること無く地味に登場した、CBR250Rのネイキッド版。CBR250RやCRF250Lと共通の単気筒エンジンを搭載する。

エンジン/ミッション

同じエンジンでもCBRのそれは詰まったような回り方で、CRFの方が軽やかに回ったが、CB250FはどちらかというとCRFに近かった。

加速時に回転を下げるように引っ張られるような感覚は若干CBRを思い起こすが、まわり方自体は滑らかで軽やか。トップギアに入れると80km/hくらいまでなら穏やかにクルーズ出来る。

ただ、レスポンスが余りにもモワッとしていて、後述のシャープな車体とミスマッチ。今の水冷単気筒としてはモッサリしたエンジンだ。

ハンドリング/乗り心地

跨ると、250単気筒なのにフロントに重量感がある。ツインを通り越して直4に近い塊感。と言っても走りだせば穏やかなハンドリングだが、250らしい軽快感はない。

一番問題なのは乗り心地の悪さ。特にリアサスのストローク感が無く、ギャップでガツガツ突き上げる。これに比べたら後期型のPCXの方が随分マトモな乗り心地だ。

ポジション/足つき/取り回し

250単気筒にしてはあまりスリムな車体ではなく、足つきはこのクラスとしては可もなく不可もなくといったところ。

ポジションはネイキッドの割に、ハンドルが遠目で低めそして幅が狭いというホンダ流。上述のフロントの重量感とこのつんのめり系のポジションは大排気量のストリートファイターっぽいが、マッタリしたエンジンとチグハグなバランス。

総合評価

地味に登場した地味なバイクだが、乗ってもやはり地味だった。以前の冴えないホンダ車を思い起こさせる。

一番の問題は硬い乗り心地で、これは実用上厳しいレベル。マッタリ(モッサリ)癒やし系のエンジンもバイクのキャラと合っていればアリかも知れないが、エンジン重量が重すぎるように思う(海外向け300ccをボアダウンしたとか?)。CRFがオフ車にしては重いのはエンジンのせいかも知れない。

豪華重量級クルーザーGSRの安楽さも無ければ、近日発売予定のR25のスポーツ性もない。これでは激戦区の250クラスは戦えないだろう。

ホンダは原付2種ではPCXやGrom、ミドルクラスではCB650Fなど魅力的なバイクを出してきてるのに、250クラスだけぱっとしないのは何故だろう?

RSSフィードが正しく表示されない、ログインした状態でコメント出来ない等の不具合がありましたが、9/30に解消しました。未だ問題他にが有れば、お手数ですがコンタクトフォームからご連絡ください。

CB250F に関するコメント

コメントする

お名前:

コメント:

MCタイチが以前乗っていた黒い大型バイクは?(スパム対策)⇒

Facebookアカウントでコメント

最近のコメント[RSS]