バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

TOP(menu) RSS Google+

8/24にプログラムの変更を行い、一時的に不具合が発生しました。未だ問題が有れば暫くお待ちいただくか、お手数ですがコンタクトフォームからご連絡ください。

CBR400R (honda)

イントロ

大阪MCショーで見た、名前もルックスもレーシーなこのバイク。一見新型か?と思いきや、従来からある400パラツインのバリエーションの一つ。フルカウルバージョンがマイナーチェンジされただけだった。

変更されたのは外観(カウリング)の他にマフラー、そして400Xと同じフロントのプリロードアジャスターの追加など。関連リンク「プレスリリース」参照。

エンジン/ミッション

400Xと基本的に同じエンジンの筈だが、ややガサツでバタバタした音に聞こえる。3年前に初期型CBR400Rとネイキッド版のCB400Fを乗り比べた時も、やはりCBRの方が回転のスムーズさに欠けているように感じた。フルカウルをつけるとエンジンノイズがこもった感じでライダーの耳に届くからだろうか?

とは言え当然ながら、穏やかで扱いやすいエンジン特性は他のバリエーションと共通。しかしというかだからこそ、レーシーな外観に対しいてキャラクタが地味すぎると思う。大体「CBR」という名称は直4のマシンに付けるものではないのか?

ハンドリング/乗り心地

ハンドリングもレーシーなルックスからすると、異例なほどネイキッド的(前輪分担荷重が少ない感じ)。ただ、クロスオーバータイプの400Xと比べると、寝かしていく時の手応えがネットリしている。

乗り心地も400Xほどではないが悪くはない。突き上げ感もなく、旧型NC700Sよりよっぽど快適。

ポジション/足つき/取り回し

ある意味このバイクで一番印象的なのはポジションで、レーシーなルックスとのギャップが大きすぎる(;´∀`) 現行Ninja250やR25などより明らかにアップライトであるばかりか、ネイキッドとしてはややレーシーなZ250SLに勝るとも劣らないアップライトさ(;^ω^)

足つきもZ250SLに負けてない気がする。とにかく、 バイクはレーシーなルックスなのに跨ったライダーはやたらとアップライトな姿勢で乗っているという80's的なミスマッチ感・・・そういえば旧型Ninja250Rとそっくりだ。

総合評価

名前とルックスだけがレーシーで、中身(エンジン、車体、ポジション)は全てマイルドという 、狼の皮を被った羊。レーシーな外観は必須だが、乗ってしんどいバイクは嫌という需要があるのか知らないが、僕はなんともチグハグな感じがして落ち着かない。

そういえば、ネイキッド版CB400Fが試乗会には出てなかったけどどうした?と思ってホンダのサイトを見たら、何と生産終了になってた(-_-;) こっちの方がよっぽどエンジンキャラクタにマッチしてたのに・・・あまりにも地味で売れなかったとか?

そうかと思えば、発売からもう20年近く経つCB400SFなんかまだ売ってるし、なんかホンダの400に対するスタンスが迷走してる感じがする。まあ、400のマーケット自体が特異なガラパゴス島だから、扱いに苦慮するのはわからなくもないが。

CBR400R に関するコメント

act

CB400Fは生産中止だけど、CB400Fの排気量違いであるCB500Fは、兄弟車と同じく外装のマイナーチェンジして生産中なのです。ご存じかもしれませんが。
マイナーチェンジ後の3兄弟の中で一番CB500Fがかっこいいと思ってます。なんていうか、見た目だけのデュアルパーパスとかスポーティさではなく、フツーのネイキッドですって感じが好き。(XとRのオーナーさん、ごめんなさい)

MCタイチ

500の方はグローバル向けのエントリーモデルですよね。だから多分最も安いCB500Fは売れ筋なんでしょう。
一方、400は日本市場向けに500をボアダウンしたものですが、日本ではCB400SFや昔のCBR400RRのイメージが強くて、Fはとりあえずルックスで人気が無いのだと思います。僕はシンプルなFは走りも含めて良いと思いますけどね。

コメントする

お名前:

コメント:

MCタイチが以前乗っていた黒い大型バイクは?(スパム対策)⇒

Facebookアカウントでコメント

最近のコメント[RSS]