バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

TOP(menu) RSS Google+

VFR800X (honda)

イントロ

これも街中では殆ど見ないバイク(今年のホンダ試乗会はそんなのばっかり(^^ゞ)なので試しに乗ってみた。名前の通りVFR800のクロスオーバーバージョンで、2014年に発売されたらしい。

エンジン/ミッション

エンジンの第一印象はまるでVツイン(^^ゞアイドリングから結構バタバタしたした回り方だが、重量感も同じ排気量のVツインくらいで、V4のイメージからすると大分軽い。昔のVTECのVFR800Fiのように、重々しいけど非常にスムーズで精緻な回り方ではなく、良くも悪くも普通のエンジン。

勿論パワー的に全く不足はないと思うし(試乗が低速過ぎて上のパフォーマンスが想像できない)、極低速でもスナッチーなレスポンスやノッキングの兆候などは感じられなかった。

ただ、この種のバイクとして珍しくMT仕様だったが、クラッチが少々重かった。DCTが選べるのはX/F共にVFR1200だけのようだ。

ハンドリング/乗り心地

ハンドリングはクロスオーバーらしく、リーンが軽めでセルフステアが弱め。寝かしてもそんなに曲がらないが、穏やかで安心感が高いタイプ。車両重量が244kgもあることを考えるとかなり軽やかなハンドリングだろう。230kgのNC750X DCTの方が寧ろ重く感じた。

乗り心地もクロスオーバーらしく柔らかで快適。サスのストローク感も数値なりまたはそれ以上にNC750Xよりあると思う。

ポジション/足つき/取り回し

試乗会場に展示車両がなく、初めて跨ったのが試乗車というぶっつけ本番。なので足が届くかどうか心配したが、何とか自力でスタンドの出し入れをして、たちごけせずに試乗を終えることができた(^^ゞ

足つき性としてはNC750Xのノーマルより一回り悪いくらいで、個人的には実用限界を超えている。だた、Vストローム1000よりは一回りよく、KTM アドベンチャー1050よりは2回り良い位の感じ。ただ後で公式サイトを確認したら、シート高は2通り(815mm、835mm)に調整できるらしく、試乗車が何方になっていたかは判らない(;´Д`)

ポジションは当然ながら上体直立型で楽ちん。ハンドル幅もVstrom1000やAdventureよりは恐らく狭く、全般的にコンパクトなポジションだと思う。

総合評価

最近どのメーカーもリッタークラスのクロスオーバータイプに力を入れているが、その中では恐らく最もコンパクトで、日本人の平均体格+αくらいならまあまあ扱えるサイズだと思う。

価格も一回りコンパクトならなお良かったが、140万円だからこの種の日本車としては標準的。ただライバルより2気筒多い4気筒だから、低速時のノッキング耐性や高速時のスムーズさでは上回るかもしれない。 存在感の希薄さやイマイチアドベンチャーっぽくないルックスが気にならない人なら、悪い選択ではないと思う。

RSSフィードが正しく表示されない、ログインした状態でコメント出来ない等の不具合がありましたが、9/30に解消しました。未だ問題他にが有れば、お手数ですがコンタクトフォームからご連絡ください。

VFR800X に関するコメント

コメントする

お名前:

コメント:

MCタイチが以前乗っていた黒い大型バイクは?(スパム対策)⇒

Facebookアカウントでコメント

最近のコメント[RSS]