バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

TOP(menu) RSS Google+

GSX-S1000F (suzuki)

イントロ

先にレビューしたS1000(ネイキッド)のフルカウル版。殆どの部分はS1000と共通なので、ここでは違う部分だけを記載する。よって、S1000のインプレも参照されたし。

エンジン/ミッション

基本的にS1000と同じエンジンでありパワー特性も同じはずだが、乗るとレスポンスが明らかに違っていた。S1000のアクセルレスポンスはシャープすぎてコーナリング中にギクシャクしがちだったが、このS1000Fはもっと穏やかというか尋常なレスポンスなので問題なし。

これが気のせいではないということを確認するために、公式サイトの商品ページで両者を比較してみたところ・・・全く同じことしか書いていない(;´Д`)なんでやねん?

書いてないけど実はFIや電子スロットルのマッピングを変えているのか?あるいはカウルの有無によって、吸気特性が違っているのか?それとも、トラコンの効き調整がグリップ走行中でもエンジン特性に影響を与えてしまうのか?

ハンドリング/乗り心地

フルカウル仕様だから、ネイキッド版とハンドリングの違いはあってしかるべきだが、こちらは意外と差が小さかった。S1000の方が僅かに倒しこみや旋回がシャープな気がしないでもないが、何方もリッターバイクとしてはかなり軽快で率直なハンドリングだ。特に非SSの直4フルカウルの中では、最も軽快なバイクではなかろうか?

ポジション/足つき/取り回し

ポジションも何故かフルカウル版なのにネイキッド版とかわらない前傾度。MCショーで最初に跨った時はS1000Fの方がハンドルバーの形状がフラットでしかも幅広な気さえした。

そこでまたWebカタログをチェックしたのだが、「レンサル製のファットバーハンドル云々」とこれまた同じことしか書かれていない。フルカウルバイクはセパハン的な絞ったハンドル形状や深い前傾姿勢を無意識に連想するので、そうでなかった場合はネイキッドっぽさを余計に感じてしまうのだろうか?

さてカウル本来の目的、つまり空力的な効果についてだが、最高でも80km/h程度の試乗コースでは、良くも悪くもネイキッドとの差を殆ど感じなかった。つまり上体全体に満遍なく風が当たる感じ。これだけ小さなスクリーンだと、低い速度かつライダーが伏せてない状態では殆ど効果がないということだろう。

総合評価

というわけで、ネイキッド版と較べて差はないだろうと思ったエンジン特性に差があり、差が付くだろうと思ったポジションは殆ど差がないという、完全に予想外しなバイクだった。しかし、だからダメなのかというと全くそんなことはない。

ネイキッド版の過激なレスポンスが気のせいではなく対策方法も無いとなると、僕ならこちらのFを選ぶしか無い。またネイキッドより装備重量が5kgほど増えているが、それによってハンドリングに悪影響があるわけでも無いから、カウルによる高速域での快適性を期待したくなる。

5万円強の価格差も、このクラスのバイクを買う人にとっては誤差の範囲だろう。問題があるとすれば、押し歩きが若干やりにくいかもしれない事と、何ともファニーな顔つきくらいか。

RSSフィードが正しく表示されない、ログインした状態でコメント出来ない等の不具合がありましたが、9/30に解消しました。未だ問題他にが有れば、お手数ですがコンタクトフォームからご連絡ください。

GSX-S1000F に関するコメント

コメントする

お名前:

コメント:

MCタイチが以前乗っていた黒い大型バイクは?(スパム対策)⇒

Facebookアカウントでコメント

最近のコメント[RSS]