バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

TOP(menu) RSS Google+

GSX-R750 (suzuki)

イントロ

R750は何年かおきに乗っているが、以前のモデルと仕様的に何が変わっているのか?あるいは変わっていないのか判らない。逆車でしかも中途半端な排気量という目立たない存在だが、知る人ぞ知るマシンなのか試乗会でもそこそこ人気があった。

エンジン/ミッション

非常にスムーズな昨今のR600と較べて、GSX伝統の乾いて割れたようなサウンドが残っていると毎回書いているが、今回もそれは感じた。そして排気量の割にはそれほどトルク感が無いのも同様。

しかし今回は、自分の普段の足が超スムーズなPCXに変わったにも関わらず、そうした荒々しさを強くは感じなかったので、もしかしたら以前より若干スムーズかつトルクフルに進化しているのかも知れない。元々GSR750よりは軽い分、トルク・ウェイトレシオ的には有利だからね。

ただちょっと気になったのは、試乗開始一周目にファンが回りだしたこと。勿論、前の人が走った直後だから暖気は完了しているのだが、R1000を含めて他のバイクでは気付かなかったことだ。まあフルカウルの大型バイクはどれも、多かれ少なかれ夏場のエンジンからの熱風は覚悟したほうが良いとは思うが。

ハンドリング/乗り心地

今回、一番変わったと感じたのがハンドリング。今までは浅いセルフステアから先のリーンが重いという、古典的なSSのハンドリングだったが、今回はネイキッドのように普通にリーン・旋回することが出来た。これも普段のバイクが超軽快なPCXという事を勘案すると、今までより軽快・率直なハンドリングに変わっている可能性は高い。

ただ、試乗会が開かれた季節が今年は珍しく7月(例年は4-5月)だったので、気温が高い→タイヤの空気圧が高くなる、ダンパーオイルの粘度が低くなる→サスが動きやすくなる、といったことで全般的にハンドリングが軽快になったりするのだろうか?

それに、ここで述べているようなハンドリング特性は、フルアジャスタブルフォークとタイヤ空気圧のセッティングで変えられる程度のものかも知れない。が何れにせよ、設定次第でこのような軽快なハンドリングになるのが今回のR750ということだ。

ポジション/足つき/取り回し

ポジションについては変わっていないようで、数分の試乗で首がだるくなってしまう前傾姿勢は健在だった。因みに、それでも今年モデルのR1000の方がポジションは若干キツいと思った。R750はハンドルグリップの垂れ方が急だが、R1000はトップブリッジ自体がシートに対して低い位置にある感じ。

足つき性については、GSR750やS1000あたりと同じくらいだと思う。それらより軽い分取り回しには有利だが、ハンドル位置が低いから不利。トータルの立ちごけ耐性は同じくらいではなかろうか?

総合評価

地味な存在ながらしぶとく生き残っているこのR750。実は公道適性が高いSSではないかと思う。率直だが適度に粘るハンドリングや過激すぎない低速トルクは、街中でもワインディグでも寧ろ好ましい安定感になりそうだ。高速移動はフェアリング効果で快適だろうし。勿論、キツい前傾ポジションと夏場の熱風はオジサンには厳しいが、手足が長く回復力がある若者なら適応出来るようになるだろう。

まあ逆車なので、同じ費用でどんな国内モデルに乗れるかと考えると、コストパが高いとは言えないだろう。しかし、SS的なマシンじゃなきゃ嫌という人には、ホンダ車以外は殆ど逆車しか選択肢がないからね。その中では割合リーズナブルなバイクなのではなかろうか?

RSSフィードが正しく表示されない、ログインした状態でコメント出来ない等の不具合がありましたが、9/30に解消しました。未だ問題他にが有れば、お手数ですがコンタクトフォームからご連絡ください。

GSX-R750 に関するコメント

コメントする

お名前:

コメント:

MCタイチが以前乗っていた黒い大型バイクは?(スパム対策)⇒

Facebookアカウントでコメント

最近のコメント[RSS]