バイクオブザイヤー2008MCタイチ [←prev] [next→]

ありきたりですが、今年乗ったバイクを振り返って、ランキングをしてみたいと思います。と言っても、モデルイヤーは07も含まれてるかもしれないし、昨年末に乗ったWRなんかも含んでいるので、期間はいい加減ですが。

1位)Ninja250R(カワサキ)
2位)ストリート・トリプル(トライアンフ)
3位)WR250R(ヤマハ)

Ninjaはコンセプトとコストパフォーマンスの勝利ですね。メカ的には凡庸でも、こんなに楽しいバイクが作れる事を示した功績は大きいと思います。

道三はとにかくドーパミン系で、こんなに興奮するバイクはかつてないほどでした。でも、シャシや燃費の点で今一歩。

WRは規制だらけの国内仕様でよく頑張りました。これだけパワフルかつ安定した車体なら、大型バイクは要らないのではないかと。ただし、高いシートと値段がネックですね。

2008-12-30 10:48 返信 修正 削除 つぶやく

バイクオブザイヤー2008(次点)...MCタイチ

惜しくも表彰台に乗れなかったのが次の2台です。
4位)F650GS(BMW)
5位)DトラッカーX(カワサキ)

F650GSはエンジンも車体も良くなっていて、殆ど弱点が無いバイクですが、何故か印象に残らない薄味のバイクでした。

Dトラッカーはサスもデザインも大幅に進化しましたが、エンジンの伸びが無くなったのは惜しい。満を持してのモデルチェンジも、Ninja250と同時に登場してしまうと影が薄くなりますね。

その他、ランキング外になってしまったのは、モンスター696ですね。確かに車体は非常にコンパクトで軽いですが、何故か乗っていて楽ではない。ポジションがきついし、エンジンはガサガサ、ハンドリングは少々頑固。

その他、今年乗ったバイクを回想してみたんですが、あまりないんですね。ヤマハは舞州の試乗会をやめてしまったので、行ったのはカワサキとスズキだけ。

スズキはあまり興味があるモデルが無くて、乗ったのはGSX-R600と750だけでした。これは悪くないのですが、ハンドリングは一世代前のSSと言う感じで今となってはあまり魅力がないかも。

2008-12-30 11:43 返信 修正 削除

Facebookアカウントでコメント