騒音規制と逆輸入車MCタイチ [←prev] [next→]

YSZさんから「バイクの国内法規制を海外の基準に近づけて欲しい」という話が出たので、とりあえず最も厳しいとされる騒音規制についてまとめてみます。

先ず騒音規制には次の3種類があります。
近接排気騒音、定常走行騒音、加速走行騒音
詳しい話はこのあたり⇒http://www.virginharley.com・・・

また、認証を受けるには次の2つの方法があります。
型式認証:ある車種のサンプルが検査に合格すれば、同じ車種なら個々に検査を受けなくてもOK。バイクの「国内仕様」がこれにあたる。
個別審査:型式認証がない場合、個体ごとに検査場などで審査を受ける必要がある。バイクの輸入車・逆輸入車が該当。

それなら、輸入車も型式認証にすれば良さそうに思えますが、実はそれだと合格しないケースがあると(^^; 個別審査の場合も審査基準自体は同じですが、現実には定常と加速時騒音を測定できる検査所が限られている為、近接騒音だけチェックしてあとはお目こぼしになっていたんですね。

しかし、そういうダブルスタンダードはイカンと言う事で、2006年末に全車3種類のテストを受けるべし、という法案が出てきました。しかも、その内容がとても厳しかったのは記憶に新しいと思います。
http://journal.mycom.co.jp・・・

「これじゃあ、純正国産車だってNGじゃん!」と二輪業界から反発があったのでしょう。国交省が新たに案を練り直し、2008の6月からパブリックコメントを募集しています。
http://www.mlit.go.jp・・・

この法案(リンク先PDF)によれば、
〇EUの基準に適合していればOK⇒海外仕様がほぼそのまま乗れるかも。
〇又は加速時騒音が82db以下ならOK⇒以前の73dbに比べると格段に緩くなった!
〇「騒音防止性能を容易に変更できる」ものはNG⇒「表向きは車検対応だけど、インナーマフラーを外すだけで爆音仕様」みたいなのはNG

実際に街で喧しいのは、3番目のような違法車両なので、過去に遡って禁止しても良いくらいです。

僕が見る限り、この法案で問題ないように思います。これで少なくとも騒音に関してはEUと同じ基準のバイクに乗れそうですね。と言う事は逆輸入車を買うなら、暫く待った方が良いと言う事かな?

残るは排ガス規制かあ、どうなるんでしょう?

2009-02-11 21:29 返信 修正 削除 つぶやく

Re:騒音規制と逆輸入車...YSZ

解説わかりやすいです!
いい方向に向かっていますね。
排ガス規制の問題もクリアして、なるべく早く実現して欲しいです。

2009-02-12 12:58 返信 修正 削除

排ガス規制 国際比較...MCタイチ

騒音規制に関しては、思ったよりよい方向に向かっているみたいですね。

次は排ガス規制について調べてみました。国交省のサイト↓
http://www.mlit.go.jp・・・

リンク先PDFに最新の日本の排ガス規制と、欧州のEuro3と比較が載っていますが、旧基準ではEuro3より大分緩かったのに、新基準では逆転してかなり厳しくなっています。

もう一つ、4輪の話ですが、日米欧の比較がありました。
http://www.jsae.or.jp・・・

2ページ目のグラフを見ると、それまで緩かった日本の規制が、2005年くらいを境に一気に欧米を追い抜いて厳しくなっています。最近は各国が競って基準を厳しくしているように見えるので、基準の相乗りみたいな事は難しそうですね。

もっとも、メーカーが新モデルを開発する場合、単に直近の規制をクリアするというよりは、ある程度先を見越して計画を立てるはずです。そうすると、どの国の何時の規制をターゲットにするか悩みそうですね。

いずれにしろ、確実に開発費を抑えられる方法は車種を絞り込むことなので、ユーザーにとっては益々選択肢が少なくなりそうですね。

2009-02-13 00:05 返信 修正 削除

Facebookアカウントでコメント