2010バイクオブザイヤーMCタイチ [←prev] [next→]

MotoNAVIが恒例のMotorcycle of the yearをやってました。
2位・3位にモトグッチやBMW R1200GSが入ってたので「何じゃそりゃ」と思いましたが、1位がGradius400妙に納得しました。変に高級外車贔屓じゃないんだなと。

この企画は、今年は発売された内外バイク30車種(?)くらいに乗って、その中で順位を決めるものです。よって、中盤以下のバイクはランクインしたというより、イマイチだったと言う事。その意味で、VFRやNinja400が振るわなかったのも納得です。

一方僕は、今年の始めに「2010年の乗物」として、次の3車種に注目しました。
①KLX125 ②Gradius400/600 ③BMW F800R
http://www.mc・・・

その中でも確かにGradius400は良かったです。ちなみに、KLX125は期待ほどではなかったし、F800Rには乗ってません(忘れました)(^^;

2010-12-30 19:59 返信 修正 削除 つぶやく

2010バイクオブザイヤー by...MCタイチ

前置きが長くなりましたが、僕のバイクオブザイヤーを発表したいと思います。

①Gradius400:超スムーズで充分パワフルなエンジン。格安な実売価格。
②YZF-R1:野性味溢れる質感と怒涛のトルク。
③電気カブ:手前味噌。自分が作った乗物が走った感動。イージーなハンドリング
④PCX:絶妙のホイールサイズと車体サイズ。今後の原付二種スクータのベンチマーク
⑤EC-03:価格を考えると厳しい評価になったが、普通に乗ればEV独特の走りに感動すると思う。
⑥VT1300CX:個性的な外観に扱いやすいハンドリング。
⑦CB1100:見た目は地味だが、意外とコンパクトでハンドリングも軽快/率直
⑧VFR1200:意外と雑なエンジンフィーリング。つかみ所のない性格。
⑨KLX125:パワーが無さすぎ。高重心な車体、股間に食い込むシート。長所は丁度いいサイズ。
⑩Ninja400:トルクが無いのに回らないエンジン。重い車体。

①と②は僅差です。インパクトの大きさや技術革新という意味では明らかにR1の勝ちですが、現実に所有する事を考えるとグラディウスという事にしました。特にNinja400が出たことで、グラディウスいやスズキの400が如何に良いか再認識しました。

③は勿論、個人的な感情が入ってます(^^; ただ、客観的に見てもEC-03と良い勝負だと思います。信頼性は低いが値段は圧勝w Webカタログを作ったのでご覧下さい↓
http://www.projectev.info・・・
一方、カワサキが最下位を独占してしまいました(^^;まあ細かい順位付けにはあまり意味はありませんが・・・
今年はとにかく西日本での試乗会が結局開かれなかった事が大きいです。ヤマハやスズキのようなキャラバン方式にするならそれでも良いですが、それなら最初からそうすべきです。新型Z1000やW800など乗りたいバイクは色々あったんですが・・・

逆に、例年はあまり乗れないホンダ車に今年は沢山乗れました。バイクの印象も全体的に良かったです。もっとも、スポーツ系はやはりイマイチで、スクーターやレトロ系の評価が高いのはホンダらしいというか・・・

2010-12-30 20:03 返信 修正 削除

Re:2010バイクオブザイヤー by...まさひど

僕もこんなのやりたかったんですけど、あまりにも試乗サンプルが少なくて。
ホンダのアメリカン勢は意外とよかったですよね。
VT1300CXもVT750も意外とアメリカンらしからぬ軽快さで好印象でした。

実力ではR1がありあまるポテンシャルを持っていますが、
エンジンパワーのフィーリングでいうと
スピードトリプルは秘めたるパワーを90%ぐらい引き出して発揮させてくれるようなエンジン。
60km/hでも満足してしまうような余裕のパワーが魅力的です。

2011-01-01 21:23 返信 修正 削除

Re:2010バイクオブザイヤー by...MCタイチ

僕はVT750に乗ってませんが、あれも良さそうですね。スポーティーじゃないバイクを作らせると、ホンダは上手い(^^;

日常領域で満足できるとなると、スピードトリプルよりストリートトリプルではないでしょうか?650ccでもかなり刺激的でした。

FZ8はFZ1のような重さが無く、かなり軽快に仕上がってるとのことなので、乗ってがっかりするようなことはないと思いますよ。

でも同じセグメントなら僕はGSR750に期待してます。スズキなら軽量/ハイパワー路線で突っ走ってくれるはず。もっとも逆車は取り扱い店が非常に限られるのが難点ですね。

2011-01-01 22:43 返信 修正 削除

Facebookアカウントでコメント