バイクオブザイヤー2011MCタイチ [←prev] [next→]

毎年恒例の俺的バイクオブザイヤーの季節がやってきました。今年はあまり乗ってないなあ、と思ったけど、ちゃんと列挙したらそこそこ乗ってました。

例年通り、タイトルに少々偽りありで、今年発売されたモデルとは限しませんし、ましてや今年のベスト10とかでもありません。今年僕が試乗したモデルの中で順位を付けただけです。

2011-12-30 18:32 返信 修正 削除 つぶやく

バイクオブザイヤー2011 結果...MCタイチ

それでは結果発表です。

①KTM 990 Duke:昨年のR1に匹敵する力と感動のエンジン、シャシも含めると公道ではこちらが上。

②KTM 690 Duke:僅差の2位。250級の車体に700のパワー。これも、超速いのに乗りやすい。

③ヤマハ スーパーテネレ:スーパーリッチトルクに、ギャップ知らずのフラットライド。KTMと180度違うのは車体のデカさ感。街乗りしないで済むならこれ以上快適なバイクはない。

④KTM 990 SM T:ツアラーとしてはコンパクトでパワーも十分なんだけど、KTMとしては地味なキャラ。

⑤スズキ ST250:癒し系のキャラながら、実用パワーは現行250の中では恐らく最強。リアサスも長くてよいが、ミッションタッチやパーツの質感に難ありか。

⑥カワサキW800:トルクたっぷり、車体まったり。良くも悪くもクラシカル。もう少し軽快なら・・・

⑦ヤマハFazer8:トルクはあるしハンドリングは自然な良作なんだけど、今となっては平凡。あと、少々重ったるい感じ。

⑧ホンダ CBR250R:下がさほどトルクフルでも無ければ、上が回るわけでもない普通の単気筒。見た目が派手なだけで中身は平凡。

⑨KTM 125Duke:絶対的にパワー不足。この立派な車体が勿体無い。ステップ高すぎ。

⑩Ducati ムルチストラーダ1200:トルクも車体も無駄にデカイ(足つき最悪)。エンジンも車体もテネレのようなまろやかさはない。ただデカイモタード。

2011-12-30 19:35 返信 修正 削除

バイクオブザイヤー2011 総括...MCタイチ

今年は兎に角KTMイヤーでした。イベント的には地元のカートコースを借りきった試乗会があったというのが大きいですが、この他に2度公道で試乗しました。これほど楽しく、実質的に速いマシンにはこれまで乗ったことがありません。なので、一位と二位はダントツです。

③テネレも、市街地では難有りですが、印象的なマシンでした。④~⑦は「悪くない」という意味でとても僅差であり、この中での順位付けにさほど意味はありません。⑧⑨も品質的には悪くないというか、価格を考えるとむしろ良いのですが、絶対的なパワー不足という意味でこの順位になっています。

詳しいインプレはいつものこちら⇛ http://www.mc・・・

2011-12-30 19:50 返信 修正 削除

バイクオブザイヤー2011 番外編...MCタイチ

今年は「クルマ未来博」にお誘い頂き、数々のEVに触れることが出来ましたが、試乗というには余りにもちょっと走らせただけなので、この中には含めていません。今度公道でちゃんと試乗したいです。

蛇足ですが、今年は敢えてワースト1を決定しました。しかし、EVでも2輪でもありません。ダイハツ イースです!
エクステリアもインテリアも、エンジンもハンドリングも、これほどしょぼいマシンは、近年記憶に無いです。最近は、見せかけの燃費と、見せかけの低価格だけで売れてしまうのか?という問題提起も込めてここに表彰致します。

2011-12-30 20:07 返信 修正 削除

Facebookアカウントでコメント