違いが判るヘルメット選びMCタイチ [←prev] [next→]

最近、バイク用品店でヘルメットを試着して判ったことを書きます。

①ヤマハのジェットは従来のゼニスまでは僕にとって普通の形状で、アライヤショーエイよりワンサイズ大きい。しかし、最新のエグザスは入り口が狭く顔の左右(?)がキツイ感じ。どうも上下に長いらしい。http://www.ysgear.co.jp・・・

②OGKのアヴァンド2は珍しく後頭部と額が押されてる感じ。特に額は孫悟空になった気分。前後に短く左右に広いみたい?軽さと内装(Coolmax) 良い感じ。尚、OGKの筺体はこのモデルから他社並みの3種類になったようだが、それまでは全サイズ共通か2種類しかないようだ。つまり、大きめの筺体を内装の厚みで調整しているので小顔な人は損!http://www.ogkhelmet.com・・・

③アライはフルフェイスやMZ系の頬がきついが、Ram系は頬部分の前後長が短い(他社並み)の為、それほど頬がきつくない。頭部や顔の形状は言われているほど狭くない。

④ショーエイはアライより0.5サイズ大きいと思っていたが、頬の部分を除いて殆ど変わらないかも。長年使って慣れてはいるが、コメカミ辺りで支えてる気もする。

最早ブランドごとに形が違うというより、商品ラインナップ毎に形状が違う感じ。結局、全部被ってみるしかないようです。

2012-07-25 00:54 返信 修正 削除 つぶやく

Re:違いが判るヘルメット選び...MCタイチ

消去法で候補を絞っていくと・・・

1)SHOEIのジェットはフィット感は真っ当で、エアロダイナミクス的に定評がある。しかし、高いし値引きも少ない。7年も使って飽きたので今回はパス。

2)AraiはSZならXLにすればフィット感は問題ないが、MZ系はひよこ唇の刑が耐え難い。SHOEIより若干値引き幅が大きいとは言え高価。その割にSHOEIほどエアロ的な洗練度はイマイチ。

3)OGKは価格の割に高品質で、重量バランスや内装の材質が良い。しかし、前後に扁平な内部形状は如何ともし難い。

4)YamahaのZenisは価格もフィット感も悪くないが、J-Force2の前にかぶっていたので今更感。

という訳で、ジェットヘルは全滅となってしまいました。そこで登場するのが、前から気になってたYamahaのGIBSON XIII。http://www.ysgear.co.jp・・・ (ヤマハのサイトは商品に直リンク出来ない)。

オフロード系のフルフェイス(シールド付き)なんですが、被ってみたらフィット感も問題なし(若干頬がキツイ程度)。実は日差しが前から当たると眩しいので、バイザーは助かります。見た目も顎がシャープに尖ってるので、オンロードのフルフェイスみたいにモッサリしてないし、視界もジェット並みに広いのです。

ただ欠点は、フルフェイスなので脱着時にメガネを外す必要があることですね。それに多分、停止すると息でシールドが曇る事ですかね。あとはバイザー周りがごちゃごちゃ飛び出てるので、空気抵抗や風切り音が大きいと思います。まあ、今のように高速に乗らない生活ならさほど問題無いと思います。ルックス的にもDRZに乗り続けることが前提ですね。多分そうなる気がする(^^ゞ

そうそう、ジェットは真冬だと顎が冷たいので首に巻物をしてるんですが、フルフェイスなら顎の下まで覆っているのでその必要がなくなるかも。そういう意味では、今のヘルメットがボロボロになってなければ、冬になってから買ってると思います。でも今はホントに暑苦しい^^;

2012-07-26 17:43 返信 修正 削除

僕のヘルメット遍歴...MCタイチ

セローに乗ってた時は、何とAGVのオフロードフルフェイスを被ってました。ド派手なグラフィックでシールド無しの本格派(?)。値段は忘れたけど、アライやショーエイの同タイプよりは安かったです。
ツーリングではゴーグルをしてたので、メットの脱着がかなり面倒でした。スピードを出した時の空気抵抗はかなりのもので、前からだけでなく横からも押されたりして大変でした。もっともバイク自体も高速でふらつくので、どっちにしろ高速道路は苦痛以外の何者でもなかったです。

セローの晩期からヤマハのゼニスに替えて随分快適性が増しました。勿論脱着は当然楽になりますし、シールドの有難みは良く解りました。これのお陰で、顔への風当たりや騒音が格段に低減されて、速度感が随分低くなりました。

SV400Sに変えてもゼニスでしたが、何とハイサイド→鎖骨骨折という大転倒を起こしてしまい、当然メットも割れてしまいました。これである意味安全性が証明されたので(^^ゞ 次も同じゼニス(内装は洗い替えとして流用)を購入。Z750に変えてからも暫く使ってました。

そして次が今のショーエイJ-Force2です。初めて高速を走ってびっくりしたのが、空気抵抗の少なさです。Z750はパワーがあるのにネイキッドだから風当たりが強いわけですが、J-Force2に変えることで、高速での巡航速度が15km/h位伸びました。高いヘルメットはここが違うのかと思いました。

勿論、ジェットだから普段の使い勝手も良いので、ほぼ無問題のヘルメットです。ただ唯一の弱点は内装ですね。先ず、使い始めてさほど経たない時に、内装を固定しているボタンのメット側が取れてしまいました。アロンアルファで暫く誤魔化していましたが、やっぱり取れちゃいます。それに全般的に内装の固定が甘いような気もします。
そして内装の材質もこのクラスにしては薄っぺらい感じ。チークパットの下の部分はボロボロと剥がれるし。値段が半分以下のゼニスの内装に劣るとも勝りません。

2012-07-26 18:42 返信 修正 削除

Facebookアカウントでコメント