裸の王様?MCタイチ [←prev] [next→]

ちょっと前、古屋国家公安委員長が速度違反の取締の見直し発言で話題になりました。その古屋氏がベストカーの取材を受け、取締の方法を見直すだけで、法律そのものに手を付けるつもりはないと言っています。

言ってみれば、「もっとお目こぼしをしろ」という話であって、そうすると取り締まる現場からは「じゃあ、何キロ超過したら取り締まっても良いの?」と切り返されるのは必定。問題は速度制限の値であって、そこに手を付けずに運用だけで何とかしようとするから矛盾が生じるのだと思います。
http://response.jp・・・

そもそも、法律や政令で決まっているのは最高速度という概念と、一般道は60km/h以下、原付は30km/h以下といった一般論だけです。それ以下で、何処を何キロ制限にるすかは所轄の警察が決められます。こうした「ゾーニング」の権限を何とかしないと、80キロ以上で流れているR43の制限が40キロなんて無茶なことは是正されません。

それに、政治家なら集めた反則金が何処に流れているかも問題にすべきです。長年に渡り構築・維持されてきた官僚機構ですから、もっとシッカリ準備をして本気で戦う気で臨まないと直ぐに潰されて終わりでしょう。

2013-06-27 12:31 返信 修正 削除 つぶやく

Facebookアカウントでコメント