5ストロークエンジン?MCタイチ [←prev] [next→]

MotorFun別冊を見ていたら、5ストロークエンジンというのが出ていました。どうやらこういうことらしいです。

一見直列3気筒に見えますが、普通なのは左右の2気筒で、それらの排ガスが交互に真ん中の特殊な1気筒に流れ込みます。このスペシャルシリンダには点火プラグはなく、吸入した高温・高圧の排ガスがシリンダを押し下げて仕事をするというわけです。

つまりこれは、拡張工程を2段階に分けることで拡張比をアップしているんですね。2弾ロケット型アトキンソンサイクルと呼びたい^^。これならミラーサイクルなんかより格段に大きな拡張比が得られるはずです。

しかし同時にミラーサイクルと同じ、図体の割にパワーが小さい(パワー密度が小さい)という弱点を持つことになります。しかも、その度合いはミラーサイクルよりかなり大きい。何せ爆発しない1気筒を持っているのですから。

2013-10-18 21:55 返信 修正 削除 つぶやく

Re:5ストロークエンジン?...MCタイチ

パワー密度が小さいとなると常套手段は過給ですが、この場合排ガス温度がかなり低いため、ターボチャージャー(TC) は不適。そもそもこの機構は、TCの代わりに排熱を利用しているわけですから、当然です。
ならばスーパーチャージャー(SC) ですが、せっかく得たエクストラパワーをSCの駆動に食われてしまうのが惜しい気がします。

過給がダメなら、真ん中のシリンダも爆発させてやればどうでしょう?未燃焼ガスだけでは燃えないと思うので、新たに少しだけ燃料を吹いてやると・・・ん?これってEGRと同じ事か。拡大版EGRだから、熱効率がより高まるのでしょうか?あるいは機械損失の割りには大差ない?

2013-10-18 22:22 返信 修正 削除

Facebookアカウントでコメント