バイクオブザイヤー2013MCタイチ [←prev] [next→]

ツイッターで「MotoNAVIの1位がCBR250Rってなんでやねん」という昨年のツイートが何故か今頃になってRT急上昇ですが、今年のはまだ見ていません^^;

さて、僕のバイクオブザイヤー2013ですが、バイクインプレを見返すと今年は乗った台数が少ないですね。数を稼いでるのは自転車とクルマくらいで、バイクについてはホンダ以外は各社数台という寂しさ。http://www.mc・・・

実際思い返して、印象に残ったバイクもあまりないので、ショパンコンクールみたいに1位該当者なしにしようかと思ったけど、結局順位が一個ずれるだけな気も^^;そもそもこういう順位付けって基本無意味だと思いますが、1年を振り返るという意味で・・・・それでは、結果発表です。

第1位:Grom
昨今の125のMTでは最早十分な動力性能は得られないと思っていたけど、実はそんなことはなかった。まるで大排気量車の如く静かでリッチなトルク、そしてEVが霞んでしまう恐るべき実用燃費。生産台数的に言っても現在世界最強のエンジンではあるまいか。

第2位:200Duke
期待以上でも以下でもないが、流石にスポーティー。スペック的にも体感上も肥大化する一方の日系250バイクに対して、唯一小型バイクらしい軽快さを持つバイク。

第3位:GSX-R600
久々のスーパースポーツクラスだったが、驚きの乗りやすさと完成度の高さ。値段が値段だけど、技術の進歩をハッキリ体感できる1台。

年初に期待のバイクとして挙げたのはDukeの200と390だったと思いますが、結局200に何とか試乗会で乗れただけでした。本命は390でしたが、現物を見たのは東京MCショーの一度きり。

人気がありすぎてバックオーダーを抱えていただけでなく、聞くところに寄ればエンジンに重大不具合が見つかり(結局リコール)11月に生産を中断してしまったとか。390Dukeに限らず、KTMの品質管理って大丈夫なのか?

インド生産だからというより、元々手作りに近かったKTMの大量生産初挑戦で色々大変なのかも。小さい会社が海外生産やると、殆ど現地工場への丸投げになってしまうからなあ。DucatiやBMWの品質が低くても我関せずだが、KTMは内容が良いだけに品質問題でコケてほしくないです。

2013-12-29 20:49 返信 修正 削除 つぶやく

Facebookアカウントでコメント