DRZのバッテリー終了MCタイチ [←prev] [next→]

DRZのバッテリー終了

この所エンジンスターターの回り方が如何にも力ない感じだったのですが、今日は家を出て5分のところで何と走行中にエンストしてしまいました。

押しがけで再スタートできたものの、このまま出かけて途中でまた停止しても困るので、そのまま家に戻りました。バッテリーのボルテージを調べたら、走った直後だからかちゃんと12V位ありましたが、しばらく置くとまたスターターが虫の息→心肺停止。

まあ、普通にバッテリー終了宣言でしょう。これで、あと1ヶ月位粘ってその間にあわよくば新車に乗り換え・・・と言った邪念を吹き飛ばしてくれました。もう観念して、バッテリーを交換し税金を払い、タイヤも交換し車検を通して、当面の間DRZに乗り続けろというバイク神のお告げかも知れません。

とは言え、僕がバッテリーを正規の値段(バイク屋や用品店やホムセンとかだと多分1万円くらいする)で買うはずもなく、ここは電動カブプロジェクトの時から着目していたオリエント工業、じゃなくてオリエンタルの出番です。

DRZ用のサイズで2268円(税込み、送料別)で御座った。http://oriental.rk.shopserve.jp・・・
右上の写真の通り、DRZは意外と車体の中心から離れた所にバッテリーを搭載しているので、またアリババあたりで中華LIBを購入して慣性モーメントの低減を図りたいところですが、もう時間的余裕がないので普通の鉛バッテリーで行きたいと思います。

2014-05-17 18:07 返信 修正 削除 つぶやく

DRZのバッテリー交換...MCタイチ

DRZのバッテリー交換

オリエンタルなバッテリーが届いたので、早速装着してみました。

実はネットを検索してると、バッテリーではなくオルタネーターやセルモータ自体の不良で始動しない(しにくい)という症状もあるようなのでちょっと心配でしたが、ちゃんとセルが回りました。なんか、エンジンが始動してからも音が柔らかというかバリバリ言わなくなったような。

ところで、到着したバッテリーを持った時、なんかオリジナルより軽い感じがしたので、重量を計測してみました。そうしたら、オリジナルが2.66kgなのに対し、新しいのは2.30kgと出ました!

思いがけず軽量化出来たのは良いのですが、コストダウンの為に電極を減らしたとか、電解液が少ないとか^^;?まあ、寿命が来るまで何とも言えませんが、純正品の1/5〜1/4位の値段なので、23,000km/4≒5000km台まで走れたら元は取れた事になります。

因みに、台湾ユアサのバッテリーが純正と変わらぬ品質との評判ですが、3000円ちょいで買えますね。http://item.rakuten.co.jp・・・ これでも良かったんですが、何時までDRZに乗るか判らないので、などと薄情な事を考えてたり^^;

2014-05-21 10:07 返信 修正 削除

Facebookアカウントでコメント