ヤマハ Tricity 現るMCタイチ [←prev] [next→]

ヤマハ Tricity 現る

何故大島優子がイメージキャラ?という疑問はさておき、ヤマハがプロモーションに力を入れてる事は明らかな新型トライク「トリシティー」。試乗は未だしてませんが、取り敢えず予備知識をまとめておきます。http://www.yamaha・・・

先ず、前2輪のリーン機構はピアジオMP3(写真)と同じ、水平シーソーアームタイプです(特許的な調整はついてるのかな?)。車体中心を支点に2本のシーソーアームを設置し、その両端からテレスコピックフォークが下に伸びています。

MP3と見比べて判る違いは、トリシティには各ホイールに2本のフォークが使われていることです。前後方向の剛性を確保したかったのでしょうが、コストや重量的には太いフォーク1本の方が良かったのではないでしょうか?

何れにせよ、この方式のトライクの特徴は、トレッド幅を小さくできることでしょう。ハンドル幅の方が広いので、普通の2輪車と全幅が変わりません。それに、駐車の際は直立するので、サイドスタンドで斜めになる2輪車より、(車体サイズが同じなら)専有面積がむしろ小さいのではないでしょうか。

前2輪の本質的なメリットは、前輪のグリップに余裕が出来る事であり、フロントがグリップを失ってスリップダウンするリスクは格段に減るでしょう。また、左右のバランスの許容度という点で、特に低速での安定性は2輪に比べて明らかに高いと思います。

152kgという車両重量は中型クラスのMP3と比べると大分軽いですが、同じ125のPCXが130kgなので、それより20kgも重いことになります。これはフロント部分の重さに他ならず、多分安定した(逆に言うと重い)ハンドリングになるのではないでしょうか?

2014-07-03 20:31 返信 修正 削除 つぶやく

AD Treとの比較...MCタイチ

AD Treとの比較

同じく前2輪の傾くトライクで、別の機構を持つものに、昨年の東京モーターサイクルショーで紹介したAdivaのAD Treがあります。http://www.mc・・・

この記事にあるように、この方式は4輪のダブルウィッシュボーンサスと同じアームを持っていますが、左右のロアアームがスプリング&ダンパーユニットを介して柔軟に連結されています。これにより半独立サスであると同時に、片方の車輪が上がるともう片方は下がる、というリーン可能なリンク機構になります。仕組みの解説はこちらの方が判りやすいかと http://www.mc・・・

この方式の特徴は、長いフォークを下に伸ばす必要がないので、車体剛性的にも重量的にも有利だということです。反面、トレッドをあまり短く出来ないので、ADtreはMP3よりやや幅広になっています。

2014-07-03 21:43 返信 修正 削除

トライクの法律上の区分...MCタイチ

よく話題になるのは、日本でトライクはどういう車両の区分になり、どんな免許で乗れるのかということです。http://ja.wikipedia.org・・・
詳しくは上のWikiに書いてありますが、簡単にまとめると:

①車体の全部又は一部が傾く機構になっている。
かつ
②トレッドが460mm未満。

である車両は2輪車と見なされ、排気量に応じた免許や登録上の手続きが必要になります。これは俗に「MP3法案」と呼ばれ、初代(先代)のMP3を狙い撃ちにしたものです。日本で発売当初は普通(4輪)免許で乗れたのに、途中から2輪免許が必要になったので、一気に売れ行きが落ちて、中古車価格も暴落したようです。

現行MP3やTricityもこれに該当すると思います(Tricityのスペックシートにはトレッドが書いてありませんが、大島優子が「2輪免許取ります」と言ってるので^^)。

一方、AD Treに関しては、トレッドが460mmを超えている為、MP3法案には該当せず普通免許で乗れるはずです。ところが!確認のため少し調べたらこんなややこしい事になっていたようです。https://www.facebook.com・・・

つまり、初期ロットのADtreは460mmを超えていたので、法律通り4輪免許が必要(ADIVAジャパンは違うことを考えていたが、オーナーが神奈川県警に確認)。ところが、その後のロットではトレッドを狭めて460mm未満にしたので、2輪車扱いだそうです。

2014-07-03 22:11 返信 修正 削除

Re:トライクの法律上の区分...MCタイチ

それ以外の傾かないトライクは全て「側車付オートバイ」となり、4輪免許で運転できヘルメット着用義務もありません。

もっとも、物理的な話をすれば、こうしたトライクは2輪のように傾かないのに、4輪のようなシートバックもシートベルトもありません。よって、コーナリング中に外に放り出されないように、ハングオフだけで重心を内側に移動する特殊な乗り方が要求されます。

それに、トライクのトレッドは4輪よりはかなり狭く、その割に重心位置はライダーを含めると高めです。その上、前後どちらかは1輪しかないので、「実効トレッド」は約半分になってしまいます。よって、コーナの外側に向かって転倒しやすいのです。http://trendy.nikkeibp.co.jp・・・

判りやすく示すとこんな感じ⇩

また、ヘルメットが不要なのは、2輪と違って自立するからというのが警察の見解のようですが、クラッシュしたらライダーが放り出されるという点では2輪と同じ。よって、ヘルメットの要否は、自立するかしないかではなく、4輪のようにクラッシュテストに合格した車体に乗員が固定されているか否かで決めるべきだと思います。

2014-07-03 23:41 返信 修正 削除

トリシティーの自立...MCタイチ

上でトライクは直立して駐車出来ると書きましたが、トリシティーに関しては「自立しない」そうです。http://car.watch.impress.co.jp・・・ そうすると、結構駐輪スペース取ってしまいそうですね。

ハンドリングはそんなに重々しく無いようです。

2014-07-05 02:28 返信 修正 削除

Facebookアカウントでコメント