ホンダF1神話MCタイチ [←prev] [next→]

NHKのホンダF1特集の再放送を見たけど、何をテーマにどういう視聴者を対象にした番組かよく判らなかった。http://tv.yahoo.co.jp・・・

一応PUの特集だけど、思い出話やお決まりのホンダスピリット云々。エンジニアリング的な興味をそそられないのは勿論、普通のF1ファンにとっても既知の内容ばかりだと思う。

内容的に意味があったとすれば、ホンダのPUがコンパクトさに拘った為に、熱的に非常に厳しいものであるということ。しかしそれは皆判ってたはずなのに、何故新参のホンダがそんなリスキーなコンセプトを採用したのかが問題。

番組を見てると、ホンダのエンジニアはレースビギナーみたいな人のばかりで、あまり危機感が感じられない。若手エンジニアの養成目的でやって勝てるほど、今日のF1は甘くないだろう。何せライバルはバリバリのスペシャリスト集団なんだから。

実はF1第1期から「ホンダのエンジニアはやっと仕事を覚えたと思ったら、別の人に替わってしまう」と他国のチーム関係者に言われていたという。栄光の第2期で強かったのは、ぶっちゃけ欧州の大手メーカーが参戦してない丁度狭間だったから。プラス、日本のバブル経済期で、金も人もガンガン投入したから入れ替わりが激しくても何とかなったんだと思う。

それなのに、ホンダが参戦すれば必ず勝てるようになるという神話みたいなものを、周りも当事者も信じてしまってるように見える。第3期で何故あんなにボロボロだったのかという分析がないと、また同じような結果になるだろう。

繰り返すが、エンジニアに良い経験をさせるためにモータースポーツをちょっとやらせたら、また市販車開発に戻すというのが、ホンダに限らず日本のカーメーカーのスタンス。こんなやり方ではレースのスペシャリストが育つはずもないし、産業としてのレーシングコンストラクタも育たない。

平たく言えば、日本のカーメーカーにとってレースは余裕のある時の道楽、まあ宣伝にもなるしみたいな位置づけだろう。そういう取り組み方なら、F1なんて単なる金食い虫になるだけ。それよりは、ラリーとかローカルな草レースのサポートをした方が良いんじゃないの?

2015-07-26 01:12 返信 修正 削除 つぶやく

Facebookアカウントでコメント