Z750車検切れMCタイチ [←prev] [next→]

Z750車検切れ

5月に入ったので、「今月は車検だな」と思っていたら、よく見ると実は先月(4月)で車検は切れていたのです!

私としたことが何たる失態。しかし、これまでは、車検が近づくと何処かからお知らせが来た筈ですが、今回は何もありませんでした。

とにかく、もしそのまま走って捕まったらえらいことです。通常の反則金程度ではすみません。

こういう場合は、仮ナンバーを役所で取得して検査場に行くわけですが、それに必要な自賠責保険も仲良く切れています。

そこで先ず自賠責に加入すべく、近所の赤男爵に電話して「自賠責に入りたい」と言ってから、チャリで行きました。そうしたら結構待たされた後、「赤男爵で買ったバイクじゃないと加入できない」との事!何じゃそりゃ、最初からそういえよと。

仕方なく、保険会社の支店が集中しているという、阪神尼崎までチャリで小旅行です。最初に見つけたの相生損保に入ってみると、予想通りというか一般の客は普段来ないような雰囲気です。「自賠責に加入したいんですが」というと、多少キョトンとされましたが、車検切れの話をすると納得出来たようで、あまり慣れない手際で手続きをしてくれました。

ちなみに、今年の法改正で保険料が大幅に値下げされました。

前回:\20,150(24ヶ月)⇒今回:\13,740(25ヶ月)。これは得した気分です。

お次は北に戻って、市役所で仮ナンバーをもらいに行きます。事前に電話で確認しましたが、車両課税科とか言うところで即日発行してくれます。料金は\750です。

おお、これが噂の仮ナンバーかあ。なんか汚れてふにゃふにゃなところが哀愁を感じさせます。それに一応合法的なんだから、赤の斜線は無いだろうって気もしますが、まあこれもアンダーグランドなテイストってことで、とりあえず記念撮影です。

2008-05-07 19:17 返信 修正 削除 つぶやく

バイクユーザー車検(必要書類など)...MCタイチ

バイクユーザー車検(必要書類など)

と言うわけで、本日神戸の陸運局に車検を受けに行ってきました。

一応、ユーザー車検のやり方を解説しておきます。基本的には、継続で車検切れになっていない場合のものです。

先ず車検の予約をします。電話の自動応答でも予約できますが、ネット予約も出来るようになっていました。

http://www.kensayoyaku.mlit.go.jp・・・

検査場は自分の住所に関わらず、好きなところで受けられます。ただし、住所変更などで、新たにナンバープレートを発行してもらう場合は、管轄の陸運局じゃないとダメだったような・・・

当日もって行く書類+モノは次の通り。

①現在の車検証

②現在の自賠責保険証明書

③自動車税の納付書(領収書)・・・市町村から4月頃に郵送してくる税金の納付用紙。ちなみに尼崎市では\4000/年です。

④印鑑・・・忘れたら、100円ショップで売ってるような認印を\350で買える。でも印鑑の意味が無いような。

次に陸運局で下記の書類を買って(60円)、記入します。

⑤検査申請書(写真左下)・・・OCRシートになっている、役所の手続き用って感じ。

⑥自動車検査表(写真右下)・・・検査官がチェックして検査結果を記入する用紙。

⑦自動車重量税納付書(写真左上)・・・5000円を払うとその場で収入印紙を貼ってくれる。

⑧点検整備記録簿(写真右上)・・・自分でチェックする為の点検用紙。バイクに付いていた整備点検表などでも良いはずだが、買った書類に入っていたので利用。自分で何かしら点検した形跡があれば良いみたい。

⑨新しい自賠責証明書・・・今回の僕のようなケースを除いて、検査場で自賠責に加入するのが普通でしょう。

書類が揃ったら、検査受付(別の建物なのがお役所チック)で提出する。戻ってきた書類を持って検査ラインに向かう。

2008-05-08 18:23 返信 修正 削除

車検ラインでの検査...MCタイチ

車検ラインでの検査

検査自体は先ず、ライダーウインカーとブレーキランプを点滅させ、検査員が前後でチェック。ホーンも鳴らしてチェックするが、普段あまり使わないものなので、本番で音が出ずにあせる事がある(多分接触不良だから何回か押せば鳴る)。

一旦ライダーは下りて、検査員がブレーキやハンドルやチェーンあたりを軽く叩いて、ガタなんかのチェック。まともに走るバイクなら、多分ここでは引っかからないでしょう。

次はダイナモ(?)に乗ってスピードメータのチェック。スピード検出している方のタイヤをローターで回転させ、40km/hになったら足元のスイッチを押して合図する。

お次はライトの光軸検査。所定の位置でバイクを停めてハイビームにすると、前に受光BOXのようなのが出てきてチェックする。派手に転倒した経験があると狂いやすいので注意。

最後は排ガスチェック。アイドリング状態でマフラーに長い棒を突っ込まれて計測。

僕の場合はたまたま空いてる時間帯だった事もあり、何事も無くあっさりパス。

合格印の押された検査表を持って、再び検査受付窓口で提出する。しばらくすると、新しい車検証とナンバープレートに貼るシールをもらえるので、これで終了!

今回は多少ラッキーがあったものの、書類作成からトータル40分くらいで終了でした。終わったあとはいつも「これで見切った、次は楽勝」と思うのですが、2年経ったら殆ど忘れていますね(^^;

※写真は検査ラインですが、中に近づいて撮影しようとすると「写真は許可制になってるんですよ」と係員に注意されました。なんでやろ?

2008-05-08 18:46 返信 修正 削除

ユーザー車検の費用...MCタイチ

さて、気になるお値段ですが、本日使ったお金は・・・

①重量税:\5,000

②検査登録費用:\1,700

③用紙代:\60

これに、昨日加入した

④自賠責保険料:\13,740

を足すと・・・合計\20,500ぽっきり!

法定費用はこれだけってことです。もし業者に頼むと、なんだかんだとプラス3万くらい取られませんか?

ちなみに、昔自分が品川で車検を受けた時のレポートを見ると、検査代:\1,400、用紙代:\30円でした。大差ないですが。

http://www.mc・・・

もし、自動車税も車検時に払うような仕組みになっているとしたら、2年でプラス\8,000となります。税金だけで合計\13,000と考えると高いですよね。「自動車税と重量税って何じゃそりゃ」っていつも思います。

2008-05-08 19:01 返信 修正 削除

Facebookアカウントでコメント