Tour

葛西臨海ツアー
江戸サイBBQ
お台場ツアー
若洲ツアー
異型自転車集団
2003年明けツアー

幕張-お台場

大島ツアー
箱根ツアー
江戸サイBBQ
富士スバルライン

Machine

クロスバイク改造
輸入自転車ショー
2002東京サイクルショー
NewNRS登場
ISBS2003

Race

ひな祭りabcカップ@幕張
MTBレース@野田
 

Bicycle TOP


■自転車ショー2003

このところ、ショーラッシュで忙しいです。何もモーターショーと一緒にしなくても。
と言いつつ、今年はケントさんにタダ件をもらったし、結構楽しめたので金・日の2回も行ってしまいました。
(実は写真はみんな金曜に撮ったものです)

と言うのも、例年は欲しいものが無い野外特売市ですが、今年は意外に掘り出し物が多くて、思わずコードレスのサイクルメータを買ってしまったのです。
日曜に来るとさすがに良い品はなくなっていましたが、金曜日にもっとしっかり見ておけば、何かもっと見つかったかもと思いました。

Cshow 001_thumb.jpg

エントランスにはステージとBMXコースと、各社目玉モデルがちょっとだけ展示。

Cshow 002_thumb.jpg

早速試乗会場へ。相変わらず変り種自転車ばかりで、真剣に試乗したいモデルなし。

Cshow 003_thumb.jpg

ヤマハブースには、なんと電気モトクロッサーが。他に電動の「パッソル」とか「パス」とか、これって自転車なの?

Cshow 004_thumb.jpg

メリダのMTB。右のフルサスはスペシャのEPICもどきのリアサス(?)

Cshow 005_thumb.jpg

ルイガノ・ロードレーサー。クランクは銀色に輝くニューDURA−ACE!

Cshow 006_thumb.jpg

これでもかって程カーボン・カーボンした、GIANTのスペシャルモデル

Cshow 007_thumb.jpg

同じく巨人のフラットバーロード
シックでシャープなデザイン。

Cshow 008_thumb.jpg

NRSの04型はリアサスアームがこじんまりして軽量化?ただしNRS3だけ従来どおりの形。

Cshow 009_thumb.jpg

アルテグラ装着で13万円はさすが巨人。04のロードはフレーム一新。リアベントステーでしなやか?

Cshow 012_thumb.jpg

こちらはリジット。ただしカーボンリアステー。MTBのフレームもどんどん変ってます。

Cshow 011_thumb.jpg

イベントには必ず見かける、おなじみスペシャ3人娘。思わずあくびの彼女はお疲れモード?

Cshow 010_thumb.jpg

これはスペシャのDHバイク。
クモの足のような、複雑なリアアームが特徴。

Cshow 013_thumb.jpg

EPICじゃないFSR。従来よりすっきりしたデザインになったみたい。

Cshow 014_thumb.jpg

ずらっと並んだスペシャ・サドル軍。
こんなにある中で僕のBGコンフォートは1番重い。

Cshow 015_thumb.jpg

JAMISのフルサスも悪くないかも。
おなじみ壇琢磨選手がシルクハットを被って談笑でてました。

Cshow 016_thumb.jpg

天下のシマノ。ここまで来ると単なる自転車部品と言うより工芸品。

Cshow 017_thumb.jpg

竹谷選手が使用したEPIC。
さすがに汚れてます(当たり前か)

Cshow 018_thumb.jpg

こちらはピカピカの巨人のNRS1。
フルサスなのにカーボンフレーム。

上のシマノはローラー台で試乗出来るようになってるんで、ニューXTDURA-ACEに「試乗」しました。
XTはXTRですでに採用されているブレーキレバーを捻るタイプシフターなのですが、ちょっとストロークが大きいと思いました。変速動作自体は良いのですが、従来タイプで良いような気もします。しかし、このようにユニークなものに次々と挑戦するシマノの姿勢には「感動した!」。
DURA−ACEについては、僕はロード乗りじゃないので良く判りませんでしたが、サクサクと気持ちよくシフト出来ました。少なくとも、試乗会場で乗ったカンパのレコード(従来モデルかも)のグニャグニャしたシフトフィールと比べると雲泥の差でした。

それとGIANTの2004モデルは、例年に無くフレームが一新されてるようです。(今までのGIANTってフレーム構造は何年も変えない事が多かったので)。特にロードは全てベントしたリア三角になり、前三角のパイプの端が微妙に膨らむ加工。さらに、上級モデルのTCRからは新開発(?)超軽量アルミを使い、かなり軽量化されているみたいです。

もし僕がロード買うなら、GIANT以外のブランドが良いなと思っていたのですが、これを見るとかなり惹かれますね。
スペシャのAllezもカーボンフォークだし、乗り心地も良かったですが、コストパフォーマンスは巨人にまだ及びませんね。

あと、写真は無いですが、RockShoxのブースでは、ほぼ全ラインUPのフォークを手で持つことが出来て重さを体感できます。それに、親切なスタッフに全モデルの構造の違いを教えてもらいました。忘れないように記憶を基に書いておくと。

  右側フォーク 左側フォーク インナーチューブ材質
PILOT XC コイルスプリング&エア(圧調整可) オイルダンパー(ダンピング調整無し) スチール
(めっき)
PILOT SL ↑(リバウンドダンピング調整可)

DUKE XC

圧側オイル&スプリング室
+伸び側エア室(エア圧調整可)

オイルダンパー(ダンピング調整無し) イーストンOSアルミ
DUKE XC U-TURN

圧側スプリング室(トラベル無段階調整)+伸び側エア室

↑(ダンピング調整無し)
DUKE SL U-TURN ↑(リバウンドダンピング調整可)
DUKE RACE 圧側オイル室+伸び側オイル室 リバウンドダンピング調整〜ロックアウト
SID RACE 1次エア(圧調整可?)+2次エア オイル・リバウンドダンピング調整可 イーストン
アルミ
SID TEAM 圧ダンパー+伸びダンパー?
リバウンドダンピング調整〜ロックアウト
SID W/CUP

圧ダンパー+伸びダンパー?
リバウンドダンピング調整〜ロックアウト
(リモートコントロール)

PSYLO XC 圧側スプリング室(トラベル無段階調整)+伸び側エア室 スプリング&オイルダンパー? イーストンOSアルミ

PSYLO SL

スプリング&圧ダンパー+伸びダンパー?
PSYLO RACE

スプリング&圧ダンパー+伸びダンパー?
(リモートコントロール)

うーん、やっぱり怪しくなって来た(下に行くほど)。カタログ見ても判りませんからね。12月に日本語サイトがオープンするらしいので、これに期待しましょう。
MANITOUの方は持つことも出来ず、説明も聞けなかったので殆ど判りません。

しかし、全般的に今年の自転車ショーは、なんか地味だった昨年と比べると、若干活気が出てたように感じました。
先日のモーターショーといい、日本も景気回復の兆しありですか?

Home | Music | Motorcycle | Bicycle | Business| Computer |Visitor's voice | BBS | Link