輸入スポーツバイクショー2004

スペシャブース今年もやってきました、ISBS(International Sports Bike Show)@池袋。

最近モーターバイクの方に重点が行っていて、自転車の方はさっぱりご無沙汰で特に欲しいものも無いのですが、無料で試乗できるとあれば外す訳にはいきません。

という訳で、早速試乗レポートです。

Specialized ROUBAIX(ルーベと読む)

Specialized ROUBAIXに試乗したので感動が大きかったのかも知れないが、軽いし乗り心地が良好。
フォークとリアステーとシートステーにカーボン(ゲル入り)を採用しており、全部アルミの下位グレードに比べて小さな段差の衝撃も大分緩和している。
また、TREKなどのオールカーボンのバイクと比べると、多少重いせいかしっとりした操縦性のような気がした。

Specialized ALLEZ A1 SPORT

ALLEZ A1 SPORTお手軽価格の下位グレード。でも、ROUBAIXのしなやかさと比べると、こちらは小さな段差で固めの衝撃を感じる。

一旦快適な乗り心地を知ってしまうと、もう普通のアルミバイクには乗れなくなってしまうのか?(ToT)

TREK Madone5.2(?)

TREK Madone5.2(?) オールカーボンでさすがに軽いし、その割に振動吸収も良い。まあ、値段もびっくりですが。
ヘッドチューブが短くてかなり前傾がきついポジション。かなりレーシーなバイクなのかも。

後でケントさんに聞いたらアームストロングのコンセプトモデルらしい。

TREK Pilot

Trek Pilotこちらは打って変って、長いヘッドチューブでらくらくポジション。(ケントさんに言わせるとロードバイクじゃないらしい)
オールカーボンで乗り心地も良く、その割にそんなに値段も高くない。

最近アメリカではこの手のコンフォートロードが人気だそうですが、僕もこれなら乗れそう。

TREK 5000D

TREK 5000Dこれは、上の2台の中間の性格なのか。普通のロード。

それにしてもTREKってオールカーボンのラインナップが豊富で、20万円代後半から用意していますね。

KLEIN RAVE X

KLEIN RAVE Xシートステー(って言うのかな?)の付け根、シートポストとの接合部分にラバーが噛ませてあって、これが伸縮することによりサスペンションの役割を果たす。15mmくらいのストロークだと思うが、これが予想以上に柔らかく、手で押すだけで結構沈む。

結果として、オールカーボンのフレームと相まって、ロードとしてはかなり柔らかい乗り心地。厳しく見れば、若干グニャグニャしているともいえる。でもこう言うシンプルなサスペンション機構って、どっちか言うとMTBで採用して欲しい。

Cannondale R5000

Cannondale R5000こちらはオールアルミながら、案外快適な乗り心地。さすがは独自のアルミチュービング技術の成果なのか。

カラーリングはCannondaleにしては地味め。2005モデルは全体的にそうかも。

Cannondale 6-13(Six-thirteen)

Cannondale 6-13何と炭素(原子番号6)とアルミ(原子番号13)をつなぎ合わせたフレーム(らしい)。それもリア三角だけカーボンとかじゃなくて、チューブの中央部分がカーボンで両端がアルミ。つまり、薄いフレームの途中で異なる素材をつなぎ合わせているのだ!

凄い技術だ。でも意味はあるの?と言う感じもするが、持ってみてびっくり。滅茶苦茶軽い!それこそ羽根のよう。
一旦走り始めると、その軽さは良く判らなくなるが、それでもこの軽量さの割に乗り心地が悪くなってない所は凄い。

STUMPJUMPER M4

STUMPJUMPER M4一応MTBも試乗しとかないとと言うことで、スタンダードなHTから。
昨年はHTにしては非常にしなやかな印象だったが、今回はロードと比べてしまったせいで、ごついブロックタイヤと重さが目立ってしまった。
また、FOXのフォークの動きがちょっと渋い感じがした。

STUMPJUMPER FSR

STUMPJUMPER FSRXCと言うよりフリーライド系に近いモデルだと思うが、見かけのわりに重いとかサスペンションが動きすぎる感じは無い。

これなら、ホビーレーサーがこれでXCレースに出場しても全然OKだと思う。

GT i-d XC3.0

この形のフレームに乗るのは初めてだが、XCと銘打っている割にはリアサスが動きすぎる感じ。スイングアームとリンク類のメカニズムが昔のモトクロッサーに近いような気がする。ギャップ走破性は良さそうだが、自転車としてはペダリングロスは大きめだと思う。

Specialized Sirrus A1 pro Disc(?)

Specialized Sirrus A1 pro Disc(?)クロスバイクながら、ゲル入りフォーク&リアステーとディスクブレーキが付いて20万円ならお買い得?
当たりが硬い乗り心地ではないものの、ロードと比べたらがっちりとしたフレームの印象。その分少々の段差でも気にせずに走れて街乗り最適かも。また、重そうな装備の割には、持っても乗ってもわりと軽快な感じ。

先に試乗レポートを全部載せてしまいましたが、途中2時ごろに待ち合わせていたケントさんが登場しました。(僕を見つけて声をかけてくれました。)

ケントさんはもうすっかりロードスペシャリストという感じで、僕と違って商品知識も豊富でした。事前に試乗したいモデルが色々あったようですが、どれもこれも人気があって、なかなか試乗の順番がまわって来ないとお嘆きでした。

ケントさん@キャノンデールブース手始めにR5000に目をつけたケントさん。

店員にサドルを調整してもらいながら、「実はR2000に乗ってるんですよー」みたいな会話をしているのかな。

ケントさん出発で、颯爽と試乗開始!

途中でケントさんと同じ幕張の自転車屋でMTBを買われたエミリンさんが登場!僕とは初対面です。狭いコースで沢山の自転車が走っている状況になれていないせいか、最初はビクビク走行のようでした。

それぞれが好きな自転車に試乗するので、お互いあまり話さないのですが、ケントさんの試乗するのは各社のトップモデルみたいなめちゃ高価なものばかり!キャノンデールの6-13なんて、ケントさんに言われなければ僕はスルーしていた事でしょう(もちろん炭素とアルミが途中でつながっているなんて思いもよりませんでした)。おかげで最新のフレーム技術に関心する(ビビる)僕でした。

ビデオクリップ 有薗選手デモ走行(&ケントさん)

キャノンデールのイベントで、あのバイシクルトライアルの有薗選手がデモ走行を披露しました。
実は本番前に会場の外の狭い通路で、一人スタンディングで出番を待っていたのですが、誰も声をかける人はいませんでした。(折角なので僕が声をかければ良かったかな?)
しかし、そこから颯爽とステージに駆け上がると、すばらしいパフォーマンスで観客を魅了していました。

ダニエルで階段を上る
(5.3MB)

人間まな板
(8.5MB)

人間まな板2
(3.1MB)

人間ジャンプ
(1.2MB)
人間ジャンプ2
(1.4MB)

ジャックナイフ-落下
(4.3MB)

ケントさん@試乗
(3.5MB)
 

まとめ

今回は事前に商品知識が無いまま試乗しまくったのですが、高いロードと安いロードの違いが今までに無くわかって来ました。これは僕が違いが判る男になったと言うより、各メーカーがカーボンのしなやかな特性を活かしたフレーム作りをし始めたからだと思います。以前はロードのカーボンフレーム(又はフォーク単体)と言えば、しなやかさよりも高剛性を追求しているみたいで、アルミとあまり変わらないかアルミの方がしなやかとみたいなイメージでした。でも、今回乗った中ではカーボンのフレーム(又はパーツ)を使った高価なモデルの方が、アルミのみの低価格モデル(と言っても10万くらいするのですが)よりも、ショック吸収性が良くて疲れにくいと感じました。

MTBはと言うと、何故か今回は殆ど興味が沸かず、実際に乗っても重さばかりが目立ってあまり気持ちよく無かったのです(ブロックタイヤの影響がかなりあるとは思いますが)。僕ばかりか、ケントさんも仰っていたのですが、市場全体に最近MTBの人気が無いようなのです。
MTBのメカは行き着くところまで来たから、実際に性能を発揮できる野山が少ないから、等の理由も考えられますが、前述したようにロードバイクがフレンドリーな乗り味になって「これなら私でも乗れるかも」と初心者でも思えるようになった事が大きいような気がします。