Tour

葛西臨海ツアー
江戸サイBBQ
お台場ツアー
若洲ツアー
異型自転車集団
2003年明けツアー

幕張-お台場

大島ツアー
箱根ツアー
江戸サイBBQ
富士スバルライン

Machine

クロスバイク改造
輸入自転車ショー
2002東京自転車ショー
NewNRS登場
ISBS2003

Race

ひな祭りabcカップ@幕張
MTBレース@野田
 

Bicycle TOP

★若洲ツアー(2002/11)★

若洲海浜公園ツアーは前回雨で流れてしまったので、11月最初の日曜にリベンジです。
ラッキーにも今回は抜けるような晴天。

いつものように葛西臨海公園に集合、時間通り来てみると、荒川方面の方も一里塚〜江戸川下り組の皆さんもすでに到着していました。
一里塚組は、ママレモンさんが急遽キャンセルと言うアクシデントにもかかわらず、5−6人集まってくれました。
そして今回初参加のギンヤさんも登場。

毎度のように雑談してから出発。
今回は公園内を通って、荒川河口沿いを通って河口橋へ登ります。


橋の頂点のちょっと広い場所に着くと、黄色い服の人がいて
”今日は夢の島で共産党大会(?)をやっていて、入れませんよ”
と教えてくれました。
その人が誰なのかわかりませんでしたが、同じ黄色の服の人が他にもいたので、イベントの整理係の人だろうと思っていました。

そして橋を下ったら警察のバスが停まっていて警戒態勢(右翼対策?)。
そして 若洲CRへ突入。気持ちの良い道です。
だいぶ走って、若洲ヨットマリーナに近づくころ、さっきの黄色い服の人がまだ我々の先頭を走っているのに気付きました。
おや、ここまで案内してくれたのか?たまたま一緒?この人はいったい・・・。


ヨットマリーナの広場についた時、”お名前は・・?”と聞いてみると、
”荒川のタカジーです”とのこと。おお、掲示板で聞いた事があります。

聞くと、何と私たちの今日の計画をネットで見て、夢の島には入れないことを伝えるために、荒川橋の頂上で1時間近く待ってくれていたそうです。
おまけに、私たちのためにコーヒーまで用意していただいて、大変申し訳ないです。

で、マリーナ近くの芝生で休憩。天気も良くてとてもさわやかです。
予報に反して気温も結構暖かくて、僕の服装は完全に厚すぎです。

噴水広場

荒川河口橋

荒川河口橋

ヨットマリーナ


みんなで記念撮影。
でも、 カメラのタイマーがセット出来ていないと思って何度もトライ。
でも、実はちゃんとシャッターをきっていました。⇒

 

知らぬ間に写っていたので、
それぞれ横を向いている人がいます⇒


やっと僕が入って撮影。
でも、タイミングが遅れてトシユキさんの前にかぶさってしまう⇒

なんか変な写真ばかりですみません。

その後、サイクリングロードを周回へ出発。

しばらく走って、ここが若洲公園最南端 ⇒
アクアラインや富津岬までかすかに見えます。


サイクリングロードは西側に移り、人が多くなってきます。
激混みのキャンプ場脇を抜けて、レンタサイクル、中央広場の横を抜けます。
ゴルフの打ちっぱなしが見えると、もう先ほどのヨットマリーナです。

そろそろ昼食の時間なので、若洲GLのレストランを見に行ったのですが、ゴルファーで結構混んでます。そこに明らかに異質な自転車軍団が乱入するのもどうかと思い自粛。
代わりに、葛西臨海公園まで戻ってそこのレストランで食事をすることにしました。


行きと同様にヘリポートの横を抜け、サイクリングロードを北へ。

僕は撮影のために最後尾で狙います、しかしメモリーがいっぱいだ!ともたついてる間に、集団はずいぶん先に行ってしまいました。
結構なペースで追いかけてるつもりが一向に距離が縮まらない!

結局追いつけたのは荒川河口橋の中央で皆さんが待ってくれたからです。⇒


最南端

西側CR

荒川河口橋

後は荒川を越え、葛西臨海公園へ。
人ごみを掻き分け、夏の臨海ツアーで来た思い出のレストハウスへ。
みなさん売店で食事とBなどを買って、以前と同じ休憩室で休憩。

話し込んでると早くも日が傾き初め気温が下がってきたので、ここで解散することに。
荒川方面組のみなさんと別れ、江戸川組の皆さんとお台場ツアーと同じ経路で、進みます。
そして、いつものように僕だけ途中で脱落、お別れです。

みなさん今日は楽しんでもらえたようで、うれしいです。またお会いしましょう。

 

Quick Time
MOVIES

臨海公園
(2.2MB)

荒川河口1
(2.3MB)

荒川河口2
(2.4MB)

河口橋下
(2.5MB)
  若洲CR
(1.5MB)
アタックさん
(0.9MB)
ヘリポート付近
(帰り)

(0.3MB)
 

↑たくさん撮ったわりには失敗が多くて・・・。もっと良い撮り方は無いものか。