Bikes with no assist

MCタイチ 自転車サイト

輪行バックとヘルメット 作成: 修正:

初期に買った自転車用品の紹介です。

輪行バッグ

TIOGA 輪行バッグとりあえず幕張コースに行くために買ってしまったこの一品。TIOGA BAR004(約¥7,000)です。自走だと行って変えるだけで精一杯なので(;'∀')

購入経緯

輪行バックには①両輪外すタイプと②前輪だけ外すタイプとありますが、どちらにするか迷いました。

①は②に比べてタイヤの半径分短くなるし、フレームを縦に置くので車内で場所を取りませんが、当然後輪を外してエンド金具を装着する手間がかかります。あとブランド的にはオストリッチが有名ですが結構高めなのに対し、TIOGAはリーズナブルな事もありこの商品に決めました。

使用レビュー

TIOGA 輪行バッグ 内部MTBはどれもほぼ同じサイズだからか、大きさはピッタシです。前輪は手前のポケットに入れます。フォークの先端にはエンド工具はありませんが、当たる部分はバックの素材を重ねることで多少補強されています。

さて、実際に幕張まで京葉線で輪行した感想ですが、駅前のベンチなどを後ろにして装着すると初心者でも問題ないです。付属のストラップで肩にかけるとずり落ちやすいですが、 本体にストラップが縦横に張り巡らされているので、持ち方は色々可能です。ペダルは外さなくてもあまり邪魔にはならず、駅の改札も何とか通れます。

TIOGA 輪行バッグ 折り畳みサイズ

電車内での置き方ですが、最前列か最後列の乗務員室の壁にもたれさせるのが一番安定してるし邪魔にならないでしょう。しかも客が殆ど乗ってこないので、気兼ねせずに自分はシートに座っていられます。

それ以外では、ドア際でシートの橋のポールにバックを縦にして(リアタイヤが下)もたれさせることは可能でした。もっとも心配なので常に倒れないようにバックをつかんでいましたが。

一応バイクのダウンチューブに装着できるようになっていますが、リアショックがあるNRSではスペースがありません。でもまあタイプ②で布地も結構しっかりしてる割にはコンパクトな方じゃないでしょうか。重量は約1.6kgでした。

ヘルメット

個人的には、自転車用ヘルメットは大げさなルックスの割りに、安全性が疑問(オートバイの半キャップ以下)だったのですが、幕張コース他、専用コースは一応装着要なので仕方なく探す事にしました。

それで、以下のような条件を設定したものの、何処の店もなかなか無いです。

  1. デザイン:丸いデザインは丸顔を強調してしまうので、角ばっている方が良い。色は出来るだけ目立たないように黒っぽいもの。
  2. フィット感:サイズはLかXLで、しかも前後に長い外人タイプの形状は合わないです。また頭の何処か一部があたるのも痛いのでNGです。
  3. 価格:まあ1万円以下ですね。

ネット通販ではMangoと言うリーズナブルなブランドがあったのですが、リアル店にはなかなか置いておらず、探し回ってやっと池袋で発見!それがこのMango Escape(約¥7,000)です。

MangoヘルメットMangoヘルメット

早速被ってみるとサイズはジャストフィット。形も角ばっていて顔とのマッチングもグッドですね。値段も通販と大差なかったので、その場で購入しました。ダイアル式の大きさ調整やあご紐のバッドなど、各部の作りの良さは、同じ価格帯では類を見ないと思います。

Facebookアカウントでコメント