バイクTOP MCタイチTOP BBS

mctaichi Motorcycle
drz

バイクTOP(その他のメニュー)

Z750(04)

ハンドルバー&グリップ交換

○公開:2009-11-14 ○修正:2009-11-14

オリジナルのハンドルはフラットすぎてポジションが変だと言ってきましたが、ようやくハンドルバーを交換しました。

とは言え、作業初っ端からバーエンド(おもり)のボルトがうんともすんとも動かない。バイク屋に相談したら、それは接着剤で固定されていて普通じゃ絶対外れませんとの事。そこで、遥々出向いてインパクトレンチで外してもらったのでした。

ハンドル交換

次はハンドル選びですが、手前に絞った形状が良いのですが、それだけだとタンクと干渉するので若干UPするものを探します。幾つかの用品店に行って自分のバイクと比較しましたが、絞り具合は各ブランド微妙に違います。

その中で一番絞っているUPハンドルを選びました(写真上)。実は元々OFF車のようなブリッジ(?)が付いていたのですが、見た目と車載カメラの装着の都合上外しました。旧(下)ハンドルと形状はかなり異なりますが、全幅(700mm)は同じです。

ちなみに、外して初めて判ったのは、オリジナルの鉄製ハンドルをこれが恐ろしく重いこと。新しいアルミハンドルの3倍くらい重そうです。なんせ肉厚がほぼ同じですから。

それと、このくらいのUPならケーブル類を取り替える必要は無かったです。

グリップ交換

グリップも折角だから新調します。実は古いグリップを取り外すして付け替えるのが大変だからと言う理由もあります。だた、アクセル側はオリジナルの芯を使う必要があるので、旧グリップを外してつけ換える必要があります。反対側は新しいグリップをねじ込んで行けば何とか入りました。接着剤は使っていませんが、ずれたりしません。

ここでいよいよ車体に装着しようとしたのですが、幾らやってもスイッチBOXが上手く付かない。そう、重大な事を忘れていました。位置決めポッチを収める穴をハンドルに開けなければいけないのです。

仕方なく旧ハンドルを再び装着して、ライコランド東雲に戻って穴を開けてもらいました。工賃は500円/一箇所ですが、これだけをやってくれる店は結構珍しいと思います。

穴位置はオリジナルハンドルの穴と比較して慎重に決めたつもりでしたが、車体に取り付けてみると、先端に隙間が空いたりレバーの角度がおかしかったり、どうもぴったりの位置になっていない。よってその後、家でヤスリで穴を拡張して微調整しました。

バーエンド

最後にバーエンドですが、とりあえず何もなしで乗ってみると、エンジンの振動がびしびし手に伝わります。ハンドル重量があれだけ違う上に、オリジナ ルのバーエンドもかなり重いので当然でしょう。しかし、市販のバーエンドの大半は錘と言うより単なる蓋で、錘の役目を果たすものは殆どありません。あって も3千円くらいするし、色は合わないし。

なので結局、オリジナルのバーエンドを再利用する事にしました。ただし、新ハンドルは単なる筒で、オリジナルのようにナットが埋め込んである訳ではないので、どうやって装着するかが問題です。

そこで、ホームセンターで部品を物色し、試行錯誤の結果採用したのは、コンクリート等に打ち込むアンカーボルト(ナット)です。

仕組みは右図の通り。アンカーボルトをねじ込むとコーン状のナットが挿入され、スリットの入った筒を拡張します。その周りをラバーシートで包んでハンドルバーの内径にフィットさせます。

このラバーの調整は結構難しく、厚めに巻かないと脱落するがそうするとねじ込みにくい。何度か脱落を経験した後、結局適当なラバーチューブを見つけてそれに落ち着きました。

乗った感じは、振動は格段に抑えられました。やっぱりバーエンド(おもり)って飾りで付いているわけじゃないんですね。

そんなこんなで、ハンドル交換は意外にもかなり大変でしたが、苦労のかいはありました。以前はハンドルをかなり手前に倒していて(そうしないと腕が突っ張るような角度になる)、つんのめるようなポジションでしたが、今は随分まともになりました。

Tweet

Facebookアカウントでコメント