バイクTOP MCタイチTOP BBS

mctaichi Motorcycle
drz

バイクTOP(その他のメニュー)

Z750(04)

エンジンオイル

○公開:2009-11-02 ○修正:2009-11-02

これまでZ750に入れたエンジンオイルのインプレです。

カワサキR4(10W-40)…1100km(初回交換)

新車から最初の800キロくらいまではオイルは驚くほど綺麗だったので、その後ついつい伸びてしまい、1100キロくらいで初回のオイル交換をしました。それでも、キラキラしたものはそれほど出てきませんでした。

最初に入れたのがカワサキ純正のSJグレード(10W-40)です。

意外とと言ったら失礼ですが、エンジンがスムーズに回るというかノイズが少ないです。新車時に入っていたのもこれなんでしょうか?

ただ値段が、買った当時は確か¥1600/L位でリーズナブルだったのですが、現在は¥2300/L位で売られています。おかしいな・・・

これで北海道を含めて約3週間で4500kmも走りましたが、期間が短いせいか殆ど汚れていませんでした。

モチュール300V(10W-40)…5600km

本当は5100イースターでも良かったのですが、適当な粘度が売り切れていたのと、300Vが多少割引されていたので奮発して300V(10W-40)にしました。

軽い回り方でレスポンスが良くなりました。燃費も若干良くなったかも知れません。多少ガサガサしたエンジン音になりますが、モチュールらしくフリクションが少ない(粘度が低い)感じでしょうか。

廉価版(?)の5100と比べて、正直違いがよく判りませんでした。量り売りだからオイルが劣化していたのでしょうか?

ちなみにオイルの量はフィルタ交換をしなければ3Lで足りました。スペックではあと100cc多いのですが、その程度の違いならレベル窓で見ても殆ど判りません。

カストロールR4(10W-50)…9800km

今回はオイルフィルタを交換するので、再び4L缶で安いのを探していたら、何とこれは¥4000くらいで売られていました。まあでも、カストロールの中ではレース用を除いてトップグレードだし一度試してみようかなと。

汚い写真ですが、ボトルに入っているのが新品のR4です。ごらんのようにフォークオイルのようなワインレッド。

このオイルはワイドレンジで且つ、2つの粘度(5W-40と10W-50)から選べます。今回は時期が春先だし夏に向けて10W-50の方にしました。

交換して最初にエンジンを回した印象はとにかく硬いかった。アイドリングが下がり、ゴロゴロとノイズも大きめ。その後の灼熱地獄の夏場の都心ではまあまあですが、特に熱に強い感じでもありません。

やがて秋~冬になると、ゴロゴロ・ガリガリ言うばかりで気温の低下とともにアイドリング回転がどんどん低下し、そのうちエンジンストールしそうになります。かなり回してやったらその直後はなんとか普通に走れるレベルという感じです。

という訳で、このオイルは硬すぎて使い物になりません。かといって夏場にそれほど強い訳でもない、20W-40といった感じです。 ちなみに、バイク用品屋の話ではオイルの硬さはワイドレンジであっても、上の数字(この場合50)で決まってしまうとのことでした。 また、同じ粘度表示であってもベースオイルが違うのでブランドによって硬さも違ってくるとの事です。じゃあ、この数字は一体何?って感じですが。

モチュール5100(10W-40)…13000km&その後数回

カストロールR4があまりにもひどかったので、これに変えたらエンジンが素晴らしくスムーズに回るように感じました。

モチュールはどんなグレードでもサラ サラと抵抗の少ない感じですので、特に冬場はあってます。値段的にもリーズナブルなので、迷ったらこのオイルにしようと思います。

モチュール7100(10W-40)…23000km

以前はライナップされていなかった、モチュールの5100と300Vの中間グレード。ここから100%化学合成になります。

それまでの5100が結構汚れていたせいもあるけど、走り出した瞬間に判るスムーズさ。ミッションもスムースでノイズも少ないです。

5100からグレードアップしたいが、300Vだと高すぎると感じていましたが、7100はベストコストパフォーマンス。これはお勧めです。

Tweet

Facebookアカウントでコメント