バイクTOP MCタイチTOP BBS

mctaichi Motorcycle
drz

バイクTOP(その他のメニュー)

SV400S(99)

フォークオイル交換

○公開:2009-11-14 ○修正:2009-11-14

先ずは新しいオイルを買っておこうと言う事で、選んだのがYAMAHA Suspension oil (G10)。選択のポイントはずばり価格!、殆どの用品屋にはカヤバのオイルが置いてありますが、2000円/600ccと高いのに対し、ヤマハのオイル1300円/1000ccで半値以下。

実はあとでネットで知ったことですが 、カヤバのオイルは他のブランドに比べて圧倒的に硬く、G10でも他社のG15相当らしいです。(対してヤマハのオイルは最もやわらかいらしい) 値段の安さで選んだのが結果的に正解だったようです。

次にフォーク取り外しのために、自動車用の油圧ジャッキ(DIYショップで1900円)を購入します。このタイプのジャッキはバイク屋でもよく使っていて、使い勝手が良さそうです。

交換作業

そこまで準備したら意を決して交換開始。少しジャッキアップして先ずホイールの取り外し、次に上下ブリッジのボルトを緩め(カウルを取り外さなくてもなんとかOK) フォークユニットの取り外します。

ところで、フォークユニットを持つと意外と重い。手で伸縮させると動き始めに結構フリクションがあります

そしていよいよ、古いオイルのお出まし。写真のとおりどす黒い液体がが出てきました。対して新品のオイルはラズベリージュースというかきれいな赤色です。このときの走行距離は約7500kmですが予想以上の汚れ方で交換しといて正解です。

一般にエンジンオイルと違って、フォークオイルを交換する必要性はあまり言われませんが、これを見ると最初の3000km位でも交換した方が良さそうです。

し ばらくフォークを逆さにして古いオイルを出した後、新しいオイルを適量入れて数回ストロークさせて洗浄し再び捨てました。そして計量カップで測りながら左 右均等に少しづつ新しいオイルを注入していきまが、オイル缶(1L)を全部あけてもフォークの中の液面は全然下の方。あとで判ったのですがオイル量が片側 で500ccのところを、両側で500ccと勘違いしていたのです。

オイルの買い足し

急遽、自転車で近所の南海部品へ向かうが、そこにはヤマハのオイルはありません。カヤバのオイルと混ぜても良いか?と店員に尋ねると、頭をひねりつつもやめたほうが良いと思うとのこと。それでカヤバのオイルはやめて、別の店でヤマハのオイルを探すことにしました。とは言えもともと買った店は自転車で行けるところではないので近所のバイク屋を探すことに。ある店はスズキのオイルがあって、店員は多分ヤマハと混ぜても大丈夫と、南海部品と違う意見。どっちが本当なんだ?怪しいのでやめ。

数 キロ走って4軒目にしてやっとヤマハのオイルを発見。でもあって良かったです。店員いわく”フォークオイルを自分で換えるのは結構本格的な人だけですね、 中にはフォークを外して持って来てオイルとシール類を交換してくれと言う人もいますが”とのこと。こう言う時の店の対応を見ると普段どのようにサービスし ているかがわかるような気がします。

ずいぶん脱線しましたが、やっと買ってきたオイルを規定量付近まで充填。レベル計測に使ったのは50ccのスポイドですが、これで注入すると言うより、形状的にフォークに差し込んで止まる位置でスポイドの先端がどれほどオイルに浸かるかを見ます。
規定液面は99mmですが、すこしサスをやわらかめにして前輪過重を上げたいので、少し多い105mmくらいを目標にします。(誤差は数mmあると思いますが)

一旦測っても、何回かストロークさせてオイルを循環させるとまたレベルが違ってくるので、何回か調整を繰り返します。
大体落ち着いたら、スプリングとスペーサーを投入しキャップを閉めます。手で押したストローク感はオイル交換前と比べて違いがあるのかないのか微妙なところです。

再び作業

そしてフォークを車体にインストール開始。フロントアクスル等と格闘の末ようやくもとの状態に。結局作業が終了するまで通算10時間近くかかりました。寒い屋外にずっといたため、風邪を引いてしまい試乗が出来たのはその2日後になります。

それで注目のインプレですが、フォークの動きが断然良くなり、ギャップも上手く吸収して姿勢があまり乱れません。それでいてむやみにノーズダイブしないのです。以前はスペーサーを抜き差ししたためオイルレベルが減っていたようで、腰砕け気味でしたが、液面の調整も丁度良かったようです。オイル内に異物(金属粉)が無くなったせいか、ヤマハオイルの特性なのか、サスの動きは新品の時よりも良いかも知れません。

問題はというと、何故か早くギャップを超えたときにカタカタとフロントから異音がします。ただいま原因調査中。

今回の作業は、もっと技術のある人ならさらっとやってしまうんでしょうが、僕にとっては風邪は引くし、筋肉痛になるわで大変な重労働でした。でもオイルは交換して大正解。というか、もっと早く交換しとけば良かったと思う次第です。

Tweet

Facebookアカウントでコメント