バイクTOP MCタイチTOP BBS

mctaichi Motorcycle
drz

バイクTOP(その他のメニュー)

ツーリング(西日本)

Z750ミーティング@鈴鹿

○公開:2009-10-28 ○修正:2009-11-20

昨年の第一回Z750ミーティング以来、Hpの更新を随分ご無沙汰していましたが、ようやく今年初のレポートです。その名も、第二回Z750ミーティング@鈴鹿。

メンバーも同じく、香川、兵庫、岐阜に住む3人。今回の場所は間を取った、というより松坂牛を食べたいと言うのが発端だったような気がします。そして、どうせなら鈴鹿でカワサキの試乗会をやっているので、その日にあわせようと言うことになりました。

当日はまずフェリーに乗って神戸に上陸したまさひどさんと、僕の地元尼崎で待ち合わせです。

そこから、阪神高速に乗って松原から近畿道-西名阪と駆け抜ける!筈でしたが、見知らぬ場所から慣れない阪神高速に乗ったら、岸和田方面に向かう線だった!

やむなく途中で高速を降りて、また同じ道を引き返す羽目になってしまいました。ごめんなさい!まさひどさん。700円も無駄にしてしまいました。結局環状線の北端の見慣れた景色の中を通って、ようやく松原まで来て一安心。

西名阪・名阪国道

 

名阪国道を快調に走ります。でも、覆面様が居るので速度は控えめです。

このあたりのルートは子供の頃からクルマでは良く通っているのですが、実はバイクで走るのは始めてです。最後に走ったのは大学生だったかな?懐かし くもクルマが多くて走りにくいイメージがあったのですが、今回は結構快調でした。ただ、標高が思いのほか高く天気も悪かったので、非常ーに寒かったです。 冬の服装にしといて良かったです。

そうこうしている間に、YSZさんとの待ち合わせの地:伊賀上野のドライブインに到着。というより通りすぎてしまいました(前触れがあまり無いので)。その先のICで降りて(今度は無料ですけど)田んぼの中を通って、ドライブインに引き返します。

そこで先に来ていたYSZさんとすぐに出会えました。遠くまで来ると感動の再開と言う感じです。時刻は丁度12時、色々迷った割には予定通りでし た。

昼食は名物味噌田楽(豆腐に味噌を付けて焼いたもの)を食べに行きます。YSZさんがプリントアウトした地図を見ながら、上野の街中の目的の店に案内してくれました。

味噌田楽「かわや」味噌田楽かわやの内部

これが味噌田楽だ!何かのボードゲームみたいなルックスです。一つ一つが小さいので上品に食べていると、案外量が多かった。

店の内部は忍者屋敷みたいだと思ったら、本当に忍者がいた(店員じゃなくて、多分どこかでアトラクションをやっている親子)。

青山高原

食事の後はYSZさんおすすめのワインディング:青山高原に向けて出発です。

街中を少々迷ったあと、先ほどの伊賀上野に戻ってさらに南下します。高 原の入り口でYSZさんが停まるので、どうしてかな?と思ったら、僕が車載カメラをセットするために待ってくれたのでした。おっと、何気にみんなやる気ですな!

ワインディングに突入!待望の2台が写った車載カメラ。まさひどさん、気合が入っております。

途中のレストハウスらしき所で一旦停まって、あとでここでお茶をすることにしました。そして、山頂の風車の森に向けて再出発しました。

青山風車1青山コーナー青山風車2

ここはガイドブックなどで見覚えがあるコーナー。気持ち良さそうに見えるけど、結構路面が荒れてるし、風も強くて走りにくい。 

山頂でバイクを停めて一休み。しかし、風が激しく吹いております。

山頂の駐車場付近は広々として見晴らしの良いところです。しかし、強風で落ち着きません。 ひゅんひゅんと羽が風を切る音が聞こえます。

突風にあおられ思わず声を上げる僕。「いつもより多め」かどうか判りませんが、沢山の風車が激しく回っております。

ここは、予想以上に沢山の風車がビュんビュん回っている所でした。休憩室の中の解説によると、4つくらいのジェネレータに分かれているようで、それぞれが500kwから1000kwくらい発電していました。

風車の丘を後にした僕達は、先ほどのレストハウスに戻ってお茶しよう、と思ったらなんか様子がおかしい。なんと中は廃材の他は何もなし、営業中止で ありました。

Z750*3@青山高原

しかも、そばの自動販売機は一つが故障中で、一つはイタズラ(盗難と言うべきか)でドアを開けられ壊されていました。うーん、なんかガラ悪い ぞ青山高原!

廃業のレストハウスの横で3台の記念撮影。真ん中のGIVIのスクリーンがまさひどさんのマシン。 

レストハウスの後、下りのワインディング。荒れ気味の上に、下りのコーナーは殆ど凸凹舗装。バイクにこけろと言わんばかりの配慮。

峠を堪能した訳ではないが、これ以上走ってもあまり楽しくなさそうなので、そのまま本日の焼肉の地である久居市街を目指します。

Z750*3@スタバ

スタバ前のショット。ちなみにYSZさんのリアサスはプリロードを再弱にしていて、僕の体重だと底付き感あり。

目的地付近に到着したのは、未だ夕食にはあまりにも早い時間だったので、スターバックスでお茶をして時間をつぶします。山頂で何も飲めなかった僕の念願でもあるのですが。

松坂牛焼肉

バイクやクルマについて色々と話していると、案外早く時間が過ぎてしまいました。そろそろ焼肉タイムなので出発。信号を幾つか通過した判りにくい交差点を曲がると目的の店はありました。ガランとした駐車場に、何の飾り気も無い白壁のいかにも安っぽい感じの建物でした。

中に入ってもそんな感じですが、僕らは座敷の方に座りました。この店はホルモン焼きが売りのようですが、僕とYSZさんはホルモンが食べられないの で、カルビやロースそして鳥も少々注文します。タレは醤油と味噌味があるので、両方頼んでみました。まさひどさんは「ホルモンはほるもん(捨てるもの)や ないでぇ」とは言ってませんがホルモンも少し注文。

店の人が七輪に炭を入れて持ってきてくれます。肉の味はなかなかGooood。僕は肉に目が無いので何を食べてもご機嫌ですが、やっぱり旨かったと 思います。ただし、味噌ダレは味が濃すぎて(例の味噌カツに近い)良くないので、すかさずタレの付いてない肉に別途醤油ダレをつけていただきます。このタ レには、さすがの中部地方のYSZさんも、ちょっとくどいと感じたようです。

ご飯も沢山頼んで肉も追加して、タダでさえ立派なお腹がはちきれそうになるまで食べました。もちろん3人ともノンアルコールで、飲み物はひたすらお茶を注文。値段は3人で9000円位でした。

さて、日もとっぷりと暮れたし、宿に向かいます。場所は青山高原の方にまた引き返すことになります。一応温泉なのですが、あまり有名ではありません。夜だし結構迷いましたが、ようやく予約した宿を見つけました。そこは、ホームページで見たとおり、いかにも安食堂にくっ付いている民宿でした。しか し、中に入ってびっくり、奥行きがかなりあって部屋数も部屋も広さもなかなかの民宿でした。

僕達が泊まった部屋は3人が布団を敷くとほぼ埋まる、大体10畳弱の和室ですが、なかなか小奇麗で良かったです。ただ、風呂は家族風呂のようなのが1個だけで、宿泊可能人数に比べてあまりにも小さいと思いました。もっともその日の宿泊客は僕ら以外には数人しか居なかったので問題なかったですが。

Tweet

Facebookアカウントでコメント