バイクTOP MCタイチTOP BBS

mctaichi Motorcycle
drz

バイクTOP(その他のメニュー)

イベント

BMW試乗会@東雲

○公開:2009-10-31 ○修正:2009-11-20

ご近所のマヨさんのお誘いで、BMWの試乗会に行って来ました。

マヨさんとは同じSV400Sに乗っていた事がきっかけで知り合ったのですが(詳しい経緯は下へ)、このたびニューマシンBMW・F650GSを購入されたので、そのお披露目をやろうと言う事になりました。

ところがその日、東雲のライコランド(お台場のチョい手前のバイク用品店)でBMWの試乗会があるとマヨさんから聞いて、急遽F650GSのお披露目がBMW全モデルの試乗会になってしまったのです。

その朝、10:30の待ち合わせ時間丁度に僕が到着すると、もう試乗会は始まっていました。

すると「タイチさーん」と呼ぶ声がするので見ると、何とマヨさんがR1200GSに跨り、まさに試乗スタートの直前でした。話を聞けば、自分も試乗した かったので早めに来たとの事でした。うむ?新車購入1ヶ月にして早くも別のBMWに乗りたくなってしまわれたのか(^^

とりあえずマヨさんを見送り、僕は試乗受付をします。僕のお目当てもR1200GSだったりします。この試乗会は車種毎に申し込みをする必要が無く、しかも完全無料と言うのが嬉しいです。

結構時間が経ち、ようやく試乗車の集団が戻って来ました。マヨさんのインプレは「案外普通に乗れるバイクだ。」との事でした。会話もそこそこに、僕はデジカメをマヨさんに託し、バイクを受け継ぎ試乗に出ます。

R1200GS試乗インプレ

先ずハンドルが高くて近くて広い、完全な殿様ポジション。足つき性はリッターSS並みに悪いですが、車体が低重心なのと、このポジションのおかげで、それ ほど恐怖感がないです。

比較で言うとZ750よりちょっと厳しいかなと言う程度。それと、ニーグリップをすると、タンクではなくシート生地に内股が当たる ので、柔らかい上にグリップ感が良好でした。

アイドリングの振動は結構あって、音もそれなりにバコバコいいます。何より新鮮なのは(?)例のシャフトドライブの特性で、レーシングすると車体が傾く事です。もっとも、マヨさんに言わせれば「モトグッチよりは断然マシ」と言う事でしたが。

さすがにエンジンは1200もあるので、ちょっと開けるとドッと前に出ます。レスポンスが穏やかなのでそれほど速い感じはありませんが、おそらく終止低回 転で走ったせいでしょう。ギアのタッチはグニョっとしていて、慣れないうちはNや1速に上手く入らない時がありました。

R1200GS:ライダーと比べてかなりデカイ。
マヨさん+R1200GS:このアングルだと割と小さく見えるのだが・・・

ハンドリングはこの巨体にして驚くほど軽快です。ただ、ある程度荷重を掛けアクセルを開けるようなコーナーでは、少し頑固な挙動を感じました。これは先ほどのシャフトドライブが影響しているような気がします。

このバイクはカテゴリーが微妙なので、どういう基準で見るかによって評価が変ります。例えばビックオフローダーとして見ると、とても扱いやすくて街中でも普通に乗れるバイクです。しかし、ロードツアラーとして見ると、エンジンがちょっとガサツだったり、コーナリングで多少癖があるという評価になります。

特にこのモデルになってからは、雑誌では洗練されているみたいな事が多く書かれていたので、過大な期待を持ってしまい、多少ギャップがありました。

僕+R1200GS:「このおっさん大丈夫か?」みたいな店員の視線が気になる

同じコースを2周の結構長い試乗を終えて帰って来ると、マヨさんが僕のデジカメを構えて待っていてくれました。

またも会話もそこそこに、今度はマヨさんがK1200RS(4気筒のやつ)に試乗しました。僕も単に待っていてもしょうがないので、F650GS(マヨさん号と同モデル)が空いていたので、急遽乗り込み試乗スタート。

F650GS試乗インプレ!

F650 マヨさんのF650GS:家にはサイドのパニアケースもあるらしい。

これは以前にビックサイトの特設コースで試乗して以来です。跨ると、軽量コンパクトな車体とSVより低いと思われるシート高のおかげで、絶大なる安心感です。

しかし走り出した瞬間、先の1200GSのイメージが残っているので、全然加速しません。回転の上昇も下降も非常にマッタリとしており、シフトダウンなん かで回転を合わせるのに苦労しました。しかし、4000rpmほど回転を上げると俄然力強くなり、レスポンスも良くなって軽い車体を充分加速します。ビッ クシングルの特性でワーバンドが狭いと言う事でしょうか。

もっとも、以前F650CS(スカーバー)で感じた「2000rpm以下でエンストしそうになる」事はありませんでした。フライホイールがGSの方が重いのかな?それと振動が案外少なかったです。R1200GSよりスムーズなくらいでした。

ハンドリングはあえて言えば、コーナーでフロントタイヤが大回りをする感じが少しありますが、気になる程ではありません。スカバーと違ってGSは、OFFロードバイクのようにリーンアウト気味に乗ると良いと言うのを聞いたことがあります。

同じグループでスタートしたはずのマヨさんがなかなか戻らないので(途中の信号でグループが分裂するのはよくあること)、カメラを構えて待っていたら、 BMWが何台か駐車場に入ってきます。でも試乗車じゃない、普通の客です。ひょっとして、BMWの試乗会にはBMWのユーザーが良く集まるのかな?

そうこうしてたら、K1200RSのマヨさんがご帰還。「振動のないシルキーな(刺激が少ない)エンジン」との事でした。

(5.9MB)

湾岸線を行く試乗隊。
判りにくいけど2台目のバイクが僕です。

(2.1MB)

僕が試乗から帰って来たところ。

(3.0MB)

マヨさんがK1200RSで帰還したところ。

(上の写真を含めて、知らない間にマヨさんが僕を沢山撮ってくれました。普段、自分の写真は撮れないので嬉しいですね。)

このあたりで、マヨさんが帰宅しないといけない時間になり、最後に本日の主役になるはずだったマヨさん号を見せてもらいました。
グラフィックが少し変わっていたのと、黄色いカラーは僕が知っていたのとは少し違う明るめのものでした。

少しこのバイクについて語り合ったあと、マヨさんと別れて、僕は再び試乗会場へ。ツインのロードスポーツ R1100Sに乗りたかったのですが、間に一人待っていたので、ライコランドの中で少し時間をつぶしました。再び戻ると、何と前より人が増えていました (昼過ぎなので当然かも知れませんが)。この後はさらに人が増えそうなので、諦めて帰る事にしました。

帰りに自分のZ750に乗ったら、えらく個性的で刺激的なバイクだったので、ここでインプレ(?)を加えておきます。

先ず、ハンドルがかなり近くて低い、異様にコンパクトなポジション。なのにシートだけは妙に高くて、腰高・つんのめり感あり。
車体はかなりコンパクトなのに、真ん中に重量感があって、鉄球がゴロンと転がるようにバンクする。

エンジンはスムーズ&トルクフル。マルチなのに2000rpm前後でシングルのF650GSより断然パワフルでレスポンスも非常にシャープ。普段は慣れてしまって判らないけど、Z750ってやっぱりリトルダイナマイトですね。

マヨさんとの出会い

事の始まりは、マヨさんが僕のHPを見てアンケートを出してくれた事です。SV400Sに乗っていて最近大型2輪免許を取り、ニューバイクを探しているとの事でした。

その後、 メールでやり取りしているうちに、その免許を取ったのが何と僕と同じ葛西橋自動車教習所!だった事が判明。それなら家も近いのでは?と思って聞いてみると、なんと滅茶苦茶ご近所でした(丁目だけが違う!)。

これも何かの縁と言う事で、近所のファミレスで会うことにしました。会って話をすると、昔はマヨさんもセローに乗っておられたそうで、これまた僕の以前のバイクと同じです。何と気が合うことでしょう。学生の頃は北海道にもキャンプツーリングに行かれたそうです。

話は尽きないのですが、その日はたまたまビックサイトでBMWの展示会をやっていたので、誘って行くことにしました。自分があれこれとバイクを選ぶのが好きなら、人のバイク選びのおせっかいをするのも好きだったりします。

ここで折角なので、試乗がてら「ビックサイトまでお互いのバイクをチェンジしませんか?」とオファーしました(会って初日の人に我ながら大胆ですが)。さすがにマヨさんは最初は尻込みされましたが、結局好奇心の方が勝ったのか、僕のZ750に乗ってみる事になりました。僕はマヨさんのSV(赤のダブルディスク)に跨り、懐かしい感触を味 わいます。

しかし、SVで走り出すとエンジンパワーが無い・・・。かつて所有していた時よりも高回転を使ってしまいます(それでも振動は滑らかなので助かります)。 回転の上昇も下降も予想以上に遅くて、こんなにもっさりしたエンジンだったかな?と言う感じ。

サスはドスンドスンと乗り心地が悪いです(この感じは覚えて います)。そして、最後はハンドリング・・・うっ、曲がらない!頑固です(その割にセルフステアが強い)。

SVってこんなに乗りにくいバイクだったかな?まあ、タイヤをGPRに替えてエアクリーナを交換したら、もう少し軽快になるとは思いますが。それでも何だか複雑な心境です。(と言うか酷評してすみませんマヨさん)

一方、マヨさんはZ750の乗りやすさに感動されていました。そりゃそう感じるでしょうね。マヨさんはゆったり乗れるバイクが欲しくて、当初直4はあまり考えていなかったらしいのですが、この試乗で俄然有力候補になったようです。

ビックサイトのBMWの展示会場は殆どは車なのですが、奥の一角にバイクがおいてありました。取り回しとか値段の手ごろさから言って、F650GS/CSが適当だと思ったのですが、マヨさんもこの2台に最も注目していたようです。「六本木のディーラーに試乗車があるはずなので、そこで一度試乗されては?」とお勧めしておきました。

しかしその時は、Z750の印象がかなり良かったらしく、その後のメールでも「カウルつきのZ750Sが最有力候補だ」と書いておられました。うーん僕の思惑通りだ、しめしめ(意味不明)。

ところが、数ヶ月経ったある日、マヨさんから「F650GSに試乗してとてもよかったので、買うことに決めました。」とメールが来たのです。うーむやられた!(意味不明)。それにしても決断がはやーいですね(もっとも、僕のように3年も検討する人はいないと思いますが)。 という訳で、新車お披露目会をやろうと言う事になったのです。

Tweet

Facebookアカウントでコメント