バイクTOP MCタイチTOP BBS

mctaichi Motorcycle
drz

バイクTOP(その他のメニュー)

ツーリング(東日本)

北海道縦断(全9巻)

○公開:2009-11-18 ○修正:2009-11-20

< 戻る 1|2|3|4|5|6|7|8 次へ >

プロローグ

北海道へは大分昔に車で2度、バイクでは3年前に道南だけ通過した事(東北ツーリング)はありますが、バイクで本格的に回るのは実は初めてなのです。

と言うのも、北海道はあまりにも広大で道は直線的なので、ワインディングロードを走りたい僕としては基本的にバイク向きの場所ではないと思っていたのです。ところが、今年の夏は何故か「北海道が俺を呼んでいる」ような気がしたのです。

折角北海道に行くのなら、今まで未体験の道北に行こうと言うことで、行程計画としては・・・・

東京からフェリーで苫小牧に上陸。道央を経て宗谷に到達。再び南下して大雪~道東。道東から帯広を経て札幌(ココも初めて)。小樽からフェリーで兵庫の実家に帰省する事にしました。(左のINDEXの通り)

宿はキャンプも考えたのですが、装備を買うのに4-5日のホテル代くらいお金がかかるし、荷物が巨大になるのが何より嫌で、結局普通の宿を予約しました。

それと今回、出発の1ヶ月ほど前に何と地元でネズミ捕りにかかってしまい、北海道で捕まると免停間違いなし。なので、何としても3ヶ月(?)無違反でやり過 ごすために、ネットで取り締まり情報を訊いたり、取締りマップを買ったり、おまけにレーダー探知機まで買おうとしたりと、これまでに無く神経質になってい ました。

出発

以前は東京の有明から北海道にフェリーが出ていた気がするのですが、今は貨物専用船のみという事で、仕方なく茨城の大洗からの便となります。

常磐道に乗ったらそのまま高速道路だけで大洗港についてしまうのですが、折角だから霞ヶ浦を少しかすめて見ることにしました。このあたりはフラットな田園風 景で、なんとなく北海道を連想してしまいます(実際の北海道は違うのですが)。霞ヶ浦に近づくにつれ空に黒い雨雲が広がり、今にも降りだしそうになってき ました。

hokkai 001_thumb.jpg霞ヶ浦大橋:上空にはどす黒い雲がかかっていて今にも雨が降りそう。

鹿島灘まで抜けたら、後はR51北上するだけです。雨雲に追われるような形で何とか雨に降られずに済みました。丁度良い時間に大洗港に到着(出向2時間前)。

フェ リーの傍にはすでに10数台のバイクが停まって乗船を待っていました。外観は錆びや汚れがあって、結構使い込んだ船のようです。乗船手続きをした後、バイ クの乗船は一番先なので、あまり待たずに乗船できました。いつもながら、フェリーの車両甲板というのは滑りやすい金属板で、所々に大きな突起があってとて も緊張します。

バイクは一番奥のエリアに通され、次に車を詰め込むようです。僕の横に駐車したエストレアの女性はフェリーが初めてなのか「ヘルメットは置いて行ってもいいのですか?」と尋ねられたので、「多分誰も盗まないと思います。」等と答えました。

hokkai 004_thumb.jpgいよいよ乗船!:いつもながら、試合に臨む選手のような緊張感です。
hokkai 005_thumb.jpgフェリーのデッキから大洗港を望む。すぐ回りは住宅地で、普通の港とは趣きが違うような。

乗船して部屋(2等寝台)に入ると周りは全員バイカーのようでした。おそらく船会社が集団のカテゴリー毎に部屋を分けているようです。他の部屋では修学旅行かなにかの小学生がいたり、何と2等のグループ個室では陸上自衛隊が20~30人ほど居ました。民間の船を使って移動したりするんですね。

風呂は出航30分前というのに、すでに混雑が始まっていたので、少し仮眠を取ったあと閉店直前の12時ごろに入りました。中は結構広くて、これなら以前乗ったフェリーのように、戦争状態にならずに済みます。

< 戻る 1|2|3|4|5|6|7|8 次へ >

Tweet

Facebookアカウントでコメント