Motorcycle by Taichi

バイクTOP MCタイチTOP BBS

北海道縦断(全9巻)

○公開:2009-11-18 ○修正:2009-11-20

< 戻る 1|2|3|4|5|6|7|8 次へ >

富良野~美瑛

夜中に降り続いていた雨も、朝にはほぼ止んでいたものの、空は暗くやはり天気予報どおり本日は雨の予感。

それに昨晩は、部屋のエアコンが臭くて暑い中エアコンOFFだったのと、隣のねーちゃん2人組みが夜中まで煩いせいであまり眠れず、憂鬱な朝であります。

ラベンダーで有名なファーム富田も知らない間に通り過ぎてしまいましたが、探しに戻る来も起こらずそのまま美瑛の手前の深山峠へ。このあたりまで来ると地形が丘陵地的になり美瑛らしくなります。

トリックアートトリックアート美術館:ダビデも建物の壁に描かれるとなんとも奇妙だ。
トラクター農場に展示(?)されていた古いフォードのトラクター:なんだかとてもエレガントなので思わず撮影しました。

天気がよければこのあたりから十勝岳が見えるはずなんですが、深い雲で面影もありません。

カンノファーム

そこからしばらく行くと、国道沿いにラベンダーファームが見えたので立ち寄る事にしました。カンノファームでした。ファーム富田は見損ないましたが、ここもなかなかの花の迫力でした。

カンノファーム1カンノファーム:色違いの花がグラデーションに植えられている。
カンノファーム2頂上の小屋付近から国道方面への眺め:結構雨が降っております。
カールファームの労働者①カール(仮名):不自由な手で作業する姿が痛々しい。
スーザン労働者②スーザン(仮名):疲れきって座り込む姿が過酷な労働を物語る。
ビンセント労働者③ビンセント(仮名):スキンヘッドでガ体も良い。おそらく彼がこの農場で一番元気と思われる。
深山峠何処か途中の道

狭いコーナーお次はいよいよ美瑛の丘に。

美瑛の丘

(8.9MB):確か四季の交流館の近く。

最初は国道(鉄道)の東から攻略します。少々道が判りにくいですが、北海道に期待していたなだらかな丘陵地が広がります。

千代田の丘見晴台千代田の丘見晴台の駐車場。
千代田の丘見晴台2F見晴台の2階から
千代田の丘見晴台1F見晴台の1階から
美瑛の何処か何処か別の場所:トイレPがあった。

結構時間を使ってしまったので、今度はJRの西側に向かいます。美瑛市街はこじんまりとした高原の町らしい景色。

美瑛駅を越えてJRの反対側に出たつもりが、どうも様子がおかしいです。お得意の迷子&放浪で、気が付いた時には十勝岳方面にかなり走っていました。引き返すものの雨がかなり強くなってきました。

ようやくJRまで戻ってきて、今度は間違いなく美瑛の丘へ。

北西の丘展望公園北西の丘展望公園でしたっけ?例のピラミッド。

北西の丘展望公園屋上ピラミッドからの眺め。

ここからの景色はすばらしく良いというほどではない。

本当は旭川で昼食をとる予定が、この時点ですでに12時をまわってしまい、おなかが空いたので売店でジャガバターを食べます。おいしいジャガイモですが、料理としては単なる蒸したジャガイモでした。

眠いので昼寝をしかけけましたが、あまりゆっくりしている暇は無いので先へ急ぎます。 天気も大分良くなってきたし。

(8.2MB)

パッチワークの丘付近。途中の「ヒュー」と言う音は、多分僕が景色の気持ちよさのために発した奇声。

適当に走っていると、有名なセブンスターの木が現れます。観光バスも駐車場に入ってきます。確かに、このあたりはとても広々した美しい景色で、もっとここで時間をつかうべきでした。

セブンスターの木ご存知セブンスターの木

美しいのは木そのものではなく、木を含む景色全体。

Z750の木セブンスターのすぐ隣の木々。

「Z750の木」と命名したい

畑反対側に広がる、広々とした景色。 Z750の木通過後Z750の木の通過後しばらくの景色。

(8.7MB)

セブンスターの木の前からスタートして、Z750の木通過まで。

旭川~中川

美瑛の丘を過ぎると、この日の観光は実質終わり。でも距離は未だ7割くらい残っています。

とりあえず旭川まで走ると、天気はすっかり良くなっていて非常に暑いです。何でどうでも良い所で晴れるのか?
ここで昼食の予定だったのですが、先ほど間食をしたため先を急ぎます。

R40を北上し、比布そして士別へ。この間特に見るべきところも無い単調な田舎道で異様に長く感じます。士別のスパーでパンを買ってこれで昼食完了。というかこの時点4時を過ぎていて、空も暗く細かい雨もちらほらで、あせってきました。

隣 の名寄までも結構遠くて、そこから先は雨も本格的になって、美深に着いたときにはへとへとです。ほぼ惰性だけで何とか音威子府までたどり着いたので一息つ きます。ところが、あと一息のはずの中川までの川沿いの道がまた長い。いつもながら、北海道の地図で見る印象と実際の距離感とのギャップには参ります。 もっとも疲れているせいもあるんですけどね。

ようやく川が直線的になり地形も開けてきた所がゴールの中川のポンピラ温泉です。

ポンピラ アクア リズイング

本日の宿、ポンピラ アクア リズイング

立派な大浴場と部屋、ゴージャスな2食付で1泊¥8000ぽっきり!
文句無く今回の旅行中のベスト宿に決定いたしました。

< 戻る 1|2|3|4|5|6|7|8 次へ >

Facebookアカウントでコメント