Motorcycle by Taichi

バイクTOP MCタイチTOP BBS

北海道縦断(全9巻)

○公開:2009-11-18 ○修正:2009-11-20

< 戻る 1|2|3|4|5|6|7|8 次へ >

天塩川~士幌

4日目は天塩川から大雪山を越えて士幌までのルート。長い道のりのように思えますが、計算上はこれまでよりも短いはずです。

名寄を経て士別あたりでホームセンターでCRC556を購入。と言うのもチェーンがカシャカシャ音を立て始めたので、持参したグリースを塗ろうかと思ったのですが、かなり汚れていたのでCRCで洗い流しつつ潤滑させる事にしたのです。

それから比布まで走っても案外距離感はなく(往路の時のように疲れてないせいもあると思いますが)、大雪国道に差し掛かるあたりでお昼を少し過ぎたくらいでした。

実は、このあたりでFUELの警告がつきかけていたのですが、ぱっと見GSも無いし、もう少し走れば何処かにあるだろうと思って、そのまま先に進みました。しかし、それが大きな過ちであることをこの後思い知るのです!

層雲峡

昼食をとるのに良さそうな所を探しながら走っていたら、結局層雲峡温泉まで来てしまいました。標高がそこそこ高いはずなのに、気温はまだまだ暑いので、札幌ラーメンの店で冷麺を食べます。

その後付近を散策。温泉街と言っても、本州の寂れた感じとは趣が異なり、どっちか言うと清里のようなリゾート系のイメージです。

層雲峡温泉街:温泉街としては、意外と小奇麗な店が立ち並ぶ。

層雲峡ロープウェイの駅:ペンションかビジターセンターに見えるが実は違うのだ。

銀河・流星の滝:向こうに旭日岳(?)がかすかに見えるはずだけど、判るかな?

大函駐車場付近、旧国道は車両通行止め。

その後、近くに滝の見えるスポットがあるらしいので、バイクで移動。駐車場から歩いて上ると展望台があるようなので、ちょっと距離が有りそうだったけど、一応登りはじめました。

ところがこれがまた凄い傾斜で、最初からばてばて。おまけにバイク用の上着(メッシュだけど風来ないと涼しくない)を着ていたので汗だくです。しかし、結構高齢の夫婦も上っているので、途中でリタイヤするのもかっこ悪いので、何とか頂上まで登りました。そこは、展望台というには狭くて、簡素な場所でしたが、 確かに滝は間近に見えて迫力があります。

しばらくぐったりと滝を眺めた後、下り始めます。とにかく天気が良くて日差しが非常にキツ イです。駐車場に下りたらトイレで頭を洗い、Tシャツを絞り(ぼたぼたと汗が落ちる!)新しいTシャツに着替えました。この日は思わぬところで運動をして しまいました。まあ、バイクで疲れるより健康的ではありますが。

再びバイクに乗り、次に行ったのは大函。しかし、ここは名前ほど凄い景色ではなく、例の六角形の岩の柱なら、途中の道で見たもののほうが迫力がありました。

大雪国道-三国峠越え

大雪国道は全般的に良いのですが、三国峠から先は特にすばらしい道と景色です。峠と言っても勾配は緩やかで、コーナーのRは非常に大きいのでハイペースで走れます。しかし、僕はそのころガソリン残量が相当ヤバイ状態になっていたので、ビクビクと省燃費走行でした。

そんなこんなで、何とか三国峠に到着。しかし、ガイドブックで良く見る原生林の中の赤い鉄橋の景色はありません。おかしいな、と思いつつ少し先に行くと、道 の途中にありました、あの景色が。実のところガソリンの事が心配でそれどころじゃないのですが、折角ここまで来たのだからと、マシンを停止して撮影しま す。見ると近くでおねーちゃんライダーが同じく撮影しています。路肩が狭くて結構危ないところなんですけどね。

ここが三国峠のP:原生林がひたすら広がる景色

あの有名な景色:色調が絵みたいですが、実物なんですね。

あわただしく撮影を終え、マシンを再始動・・・ところがエンジンがかからない!!いよいよ命運尽きたか?(後で考えると、ここではまだガソリンは多少残っていたが、標高とアイドリングが低すぎたせいでかからなかったのだ思われます)

仕方がないので、ギアをNに入れて慣性走行開始。最初は結構勾配があるので、55km/hくらいはでました。そのうち緩やかになると徐々に止まってしまいます。

そこでエンジン再始動を試みる。おぉ、かかった!極力回転を上げずにスタートし、すぐにギアをトップまで上げます。また勾配がきつくなってスピードが出始めたら、クラッチを切ってエンジン停止、再び慣性モード走行。そしてまた、平坦になって失速し始めたらエンジンスタート・・・これの繰り返しでした。横を 追い越していく車やバイクはさぞ不振な目で僕を見ていたことでしょう。

(4.4MB)慣性航行中。意外とスピード感ある?録画すると風きり音が煩いけど、乗ってる本人にはとっても静か。

そうこうしながら、何とか糠平湖に到着。ここは立ち寄る予定だったけど、下手にエンジンを停止してしばらく置くと、再始動出来る保証は無いのでパス。もう少しでGSがあるはずだという希望的観測もむなしく、周りはひたすら原生林。

ようやく牧草地に入るも民家は疎らでやはりGS無し。もう平地なので当然慣性走法はできず、40-50km/h@6速で超省燃費モード。あとはガソリン残量との戦いです。

祈りが通じてか、かなりの距離を走り士幌町の中心部に到着。まず目に入った灯油を売ってる店に寄って「ガソリン売ってますか?」と聞くと、「ガソリンは無いね。でも、スタンドがその先にあるよ。」と教えてくれました。そしてその方向に少し走ると・・・ありました、念願のGSが!

「思いっきり飲むが良い」とバイクにガソリンを与えてもらっている横で、僕自身も缶ジュースを買ってドリンクタイム。うーん、五臓六腑に染み渡ります。

満タンで給油量は16.4L。つまり残っていたのは1.6L。いつガス欠してもおかしくない本当にぎりぎりでした。前回給油地点からの走行距離は375キロ!当然これまでの航続距離の最高記録です。おそらく今後も破られることは無いでしょう。

例によってGSの兄ちゃんが僕のバイクを珍しがるので色々話をしました。三国峠でガソリンが殆ど無かったので、惰性で下って来た話とか、インジェクションなので(大そう珍しがっていた)、ガソリンを全部使い切れないみたいな事とか。

ナイタイ高原牧場

(8.6MB)大きな180ターンでの車載。すれ違うバイカーがピースサインをしているのがわかるかな?

日も多少傾きかけたのですが、ほっとして元気が出てきたので、ナイタイ高原牧場に寄る事にしました。

実はここ、学生時代に友達と車で来た事があるのです。ただその時とは違い、今回は車や人が皆無に近く、景色とても雄大に見えました。なだらかにうねる地形と道。そして所々にポツンとある木と牛がアクセントとなって絶妙の景色です。

ナイタイ高原牧場中盤

管理棟というか、レストランのあたり。

15年前もここに来て、焼肉を食べた。旨かったけど量が少なくて取り合いになった。

小さめの馬達

世話係のような人が近くに全く見当たらない。好きな所で勝手に草を食べる。

カッコいい馬の群れ

これもやはり、いい意味で放置状態。のびのびして見えます。

なんか興奮してるのか、君? 帰り道、自分の影が写ります。

再び士幌市街に戻って、少し東にある今日の宿を目指します。ところが、道順は単純なはずなのに、何を間違ったか畑のど真ん中に来てしまい、そのうち道がダー トに!こう言うときはGPSが頼りなんですが、なんと「select your country」とか出てきて、自分の位置を全く補足出来ていないじゃないですが。仕方ないので夕日と山勘を頼りにしばらくさまよっていたら、幸い大きな 道に出てすぐに宿は判りました。

今日の宿

しほろ温泉プラザ緑風

これも公共の宿。HPの写真より実物の方が立派。

翌朝、自室から見たパークゴルフ場。

今回の北海道旅行の中でもっとも高価な宿(2食付で1万円ほど)。しかし、部屋も温泉も食事もゴージャスで値段なりの事はあります。

和室の中に布団を敷くスタイルなのは良いのですが、エアコンの噴出し口のすぐ下だったので、なんと寝てる間に風邪をひいてしまったです(布団を移動すりゃよかった・・・)。おかげで翌日は大変な事に・・

< 戻る 1|2|3|4|5|6|7|8 次へ >

Facebookアカウントでコメント