Motorcycle by Taichi

バイクTOP MCタイチTOP BBS

北海道縦断(全9巻)

○公開:2009-11-18 ○修正:2009-11-20

< 戻る 1|2|3|4|5|6|7|8 次へ >

帯広の朝

夏に行った旅行のレポートを真冬に書いていると言うのも変ですが、いよいよ北海道の旅も最終日です。道東あたりでは楽な日のはずが、思わぬ理由で苦行になりましたが、この日の行程は名実ともに楽なものでした。(逆に言うと見所も少ない)

朝の帯広の顔はビジネスの街と言う感じです。街の中心からほんの少し離れると、広い道路の両脇に広いGSが並んでいたりします。さらに少し行くと牧草地や丘陵地になります。(実際の距離はそれなりにあるかもしれませんが、イメージとしてはそんな感じ)

北海道最強のコンビニ「セイコーマート」

本土では見ないが、道内のシェアでは他の追随を許さないコンビニチェーン。稚内でも都市のメガバンクの預金を下ろせるのだ。それに、都心でも良く見るジュースが何故か安かったりする。

この日も朝から天気がイマイチで、途中でレインコートを着たのですが、日勝国道に入った頃には完全に雨&濃霧になってしまいました。前の車にかなり近づかないと、自分が何処を走っているのか判らないほど視界が悪かったです。当然、日勝峠に着いても停車する意味は見当たらずスルーしました。

日高

ところが峠を過ぎてしばらく行くと、雨はカラット止んでいて、日高町あたりでは晴れてしまいました。しかし、ここでまたしてもガソリン危機のため半慣性走行。一体いつになったら集落が現れるんだ?と思いながら、ようやくたどり着いた場所は何か見覚えがあります。初日に来た「道の駅・樹海ロード日高」でした。給油をして、丁度僕のお腹も減ったところなので、近くの定食屋のようなところで昼食にします。

ここから北に向かえば富良野、旅の始まりでした。一週間も経っていないのに遥か昔のようです。そして今、旅の終わりはここから西へ向かいます。このR274は交通量が結構ある上に、道の雰囲気も本州的に狭苦しくあまり楽しくありません。

名前を忘れた、夕張付近のキャンプ場大小の形が個性的なバンガローがある。都市郊外のキャンプ場。ここで最後の北海道ソフトクリームを食べるのでした。

札幌

夕方少し前、本日最後というか唯一の観光スポット、札幌に到着しました。実は札幌自体は来るのが初めてなのです。

街に入ったと思ったら、すぐに札幌中心部に到達しそうになったので少し引き返し、羊が丘公園を目指します。

迷ってうろついていると、住宅地があって北海道らしい気密性の高そうな家が並びます。整然とした感じは、首都圏で言えば千葉ニュータウンのような雰囲気なのですが、あんな僻地ではありません。また、普通の地方都市にありがちな、住宅地なのか商業地なのか農地なのか良く判らん、ゴチャゴチャした エリアが無いのが良いです。

ようやく羊が丘公園を見つけたのですが、なんと料金(\500くらいかな)を取るようです。ゲートの前で少し悩みましたが、記念に一度くらい行くべきかと思って入りました。しばらく走ると、牧草地の真ん中に駐車場とレストハウスのような所があって、その一角にあのクラーク像がありました。

クラーク像:正面からではありきたりなので、変ったアングルで「夕日に向かって走れ!」

少し引くとこう言う感じ。この範囲以外は見る所が無い。

「恋の街札幌」記念碑:石原裕次郎と作曲者の首がさらされる。クラークに頭を撫でられる裕次郎からは何か白い物が滴り落ちる。

市街地方面を見たところ。何も無いタダの牧草地。その先に札幌ドームが見える。

有名な観光地なので、修学旅行などの観光客は多いのですが、ただ記念撮影をして終わりの場所と言う感じです。少し車で走れば大自然があるというのに、わざわざお金を払ってまで行く価値は見出せませんでした。

お次はいよいよ、札幌市街へ突入します。地理は良く判らないのでテレビ塔の見える所で駐車して、街にに繰り出します。

旧北海道庁: 東京駅の駅舎のデザインを連想させる。ひょっとして、同じ建築家だったかな?

このアングルの方が後ろの四角いビルが見えなくて良い。この若そうなビジネスマンはここで何をしているのかな?

大通り公園の「サントリー ・モルツ」の陣。オフィス街の夏祭りと言った雰囲気。それが逆に北国の短い夏の終わりを思わせて何となく物悲しい。

道を隔てて「アサヒ・スーパードライ」の陣。 ライバル会社同士がにらみ合う、名づけて「北のビール戦争夏の陣」
石川啄木像: これも物悲しく佇む。一人でこんな妙なものを写している自分も物悲しい。 有名なテレビ塔 近くへ寄れば寄るほどショボく見える。
有名な時計台: 「日本三大ガッカリ観光地」の一つと聞いていたので、ある意味期待して行ってみたのだが・・・ うーん、それほどショボくは無いと思う。それがある意味「ガッカリ」なのか。
札幌駅:何処で夕食をとろうかと街をうろついていたら、駅舎のゴージャスなビルが見えたので入ってみた。 回転すし@札幌駅ビル:北海道最後の晩餐は寿司に決定。都心の安売り店と比べてそれほど安くは無いが、ネタは大きめで旨い。

北海道最後の夜を満喫したら、最後に目指すは小樽です。このルートは取り締まりを良くやっていると聞いて居たのに、周りの車はガンガン走ります。

そうこうしているうちに小樽に到着。港の近くに大きなショッピングモールにようなものが出来ていました。それで以前と同じく、お土産でも買おうかと思っていたら、店がみんな閉まっている!考えてみれば、前回よりも時間が随分遅かったのです。

しかも、お土産どころかフェリー代を払うための現金が無い!コンビニあたりでATMを探さなくては(確か以前も同じ状況だった→東北レポへ)。

しかし、あの最強シンコーマートは無く、ローソンがあったけど都市銀を扱うATMが無い。次のコンビニにも無かったので、店員に聞いてみると、少し先にセブンイレブンがあるので、そこのATMでおろせるだろうと、親切に教えてくれました。

言われた方向に行ってみると、確かにありました。ほっと一安心。3年前はこの店は無かったと思います。僕は進歩しないけど街は確実に進歩するんですね。

その後、どたばたしたけど、フェリーターミナルに良い時間に到着し、乗船手続きをしました。
売店で実家へのお土産を選んでいたら、バイクの乗船がもう始まっていました。駐車場に降りると残るバイカーは僕一人、慌てて乗船するのでした。

旅の終わりは何時も突然です。ゴージャスなフェリーで小樽港を後にしたのでした。「さようなら、北海道。また会う日まで!」

< 戻る 1|2|3|4|5|6|7|8 次へ >

Facebookアカウントでコメント