バイクTOP MCタイチTOP BBS

mctaichi Motorcycle
drz

バイクTOP(その他のメニュー)

ツーリング(東日本)

伊豆・箱根 with Mayoさん

○公開:2009-10-30 ○修正:2009-11-20

ご近所のマヨサンとの初めてのツアー箱根に行ってきました。マヨサンは堅気の職業なので基本的に祝日しか空いてないので、激混み覚悟でGWの箱根へ突入です。

今回は日帰りと言う事もあって、最速ゴージャスルートすなわち首都高&東名を走ります。僕は普段首都高はあまり乗らないのですが、やはりレインボーブリッ ジの一番上を走るのは気持ちよいです。車載カメラをセットしてなかった(ちょっと勇気がいる)ので写真が無いのが残念ですが。

いつも思うのは首都高を走ると普段の東京の風景とは違って見える事=より巨大なコンクリートジャングルと言う感じです。まだ7時過ぎなので首都高も渋滞は無く、東名まで快調です。

東名はいつものように東京料金所では列が出来ていたものの、後はいたって快調。すぐに最初の休憩地海老名SAに到着すると、沢山のバイクが停まっていました。ここで、軽く朝食というかおやつ食べた後、すぐ先の厚木ICで降ります。

そこから先がいつもの小田原厚木道路と違って、下道R129で海まで南下します。このR129は意外と流れがスムーズで走り やすい道でした。

実はマヨさんの実家は平塚だそうで、この辺は勝手知ったる地元道です。かつてバイトをしていたと言うコンビニでまたもやおやつを買って、 近くの浜辺公園で休憩。天気が良いのでとっても暖かいと言うか僕の服装では熱いです。

西湘バイパス

海岸で止まったりしながら、次はお目当ての西湘バイパスに突入。

hakone 002_thumb.jpg マヨさん
+BMWF650GS
+純正パニアケース
の雄姿を見よ!
hakone 003_thumb.jpg 西湘PA:ココは昔からバイクの溜まり場だったそうな。
movie logo @西湘バイパス(以下同様)
movie logo 僕が抜きます
movie logo 他のバイクに抜かれます
movie logo 西湘PAの出口のシケイン

途中の西湘PAでまた休憩。マヨさんによれば、ココはかつてバイクのたまる広場だったそうで、みんな何がしかのパフォーマンスか攻めすぎて転倒していたそうです。その名残なのか、沢山のバイクがいて車との比率では異様にバイクが多いです。

小田原周辺

西湘バイパスの終点、早川ICまで来たらまたもや初めてのルート、海岸線の下道を南下します。渋滞を避けて山の手のR135を走りますが、これは海岸線からの入り口も出口も非常に判りにくくて通りにくい。マヨサンの案内が無ければ見落としているでしょう。ただ、断崖の上を走るので海への眺めがとても美しいです。

hakone 006_thumb.jpg 眺めの良いレストラン
hakone 005_thumb.jpg 美しい伊豆東岸の眺め

途中の小じゃれたレストランでマヨさんがバイク停止。海の見渡せるすばらしいロケーションです。しかし、折角提案なのに悪いのですが、さっきから休んで(食べて)ばかりなので、ココはスルーする事にさせていただきました。一応写真だけ撮って先に進みます。

海岸線をすり抜けます
山の手のミニワインディング

途中の小じゃれたレストランでマヨさんがバイク停止。海の見渡せるすばらしいロケーションです。しかし、折角提案なのに悪いのですが、さっきから休んで(食べて)ばかりなので、ココはスルーする事にさせていただきました。一応写真だけ撮って先に進みます。

ココから先はバイクをチェンジして、椿ラインまでの市街地を走ります。基本的に乗りやすいF650なのですが、ポジションやエンジン特性があまりにもZ750と違うので、急に変ると戸惑います。あと渋滞路のすり抜けでは、軽快なハンドリングが災いして少しふらつきます。

椿ライン

再びバイクチェンジして元に戻し、椿ラインに突入。F650にある程度慣れてくると、今度はZ750が弾丸のようなバイクに感じました。

実は僕は椿ラインははじめてなんですが、マヨサンによれば「タイトコーナーばかりで路面は荒れている。峠小僧250以下クラスの道」との事なのであまり期待はしてませんでしたが、これがなかなかどうして楽しい道でした。

hakone 018_thumb.jpg 帰りに左のムービーでバイクが停まっているスペースから撮ったもの。
movie logo 中腹で車につっかえます
movie logo 頂上付近は開けてきます

舗装が新しくなっているようで路面は大体スムーズだし、コーナーもZ750ではタイト過ぎないです。それに上の方は景色も美しくて、無料なのにターンパイクなんかより断然面白いです。もっとも、この日は車が前にいたので思うように走れませんでしたが。

大観山

hakone 008_thumb.jpg レストハウスの陸橋から・・・
hakone 010_thumb.jpg 富士山がこんなにクリアに見えることは珍しい。

椿ラインが終わると、お馴染み大観山PAに到着。さっき西湘バイパスで見たバイクたちが停まっています。

展望台からは富士山が例の看板並みにクリアーに見えて、ベリービューティフォー!修学旅行的なポジションからお互いに自分を入れて記念撮影します。

movie logo 富士山を正面に見ながら芦ノ湖に下る。

次は伊豆スカイラインに向かうため一旦芦ノ湖付近に下りなければいけないのですが、程なく凄い渋滞になってきました。あまりにも混んでいるので、途中で箱根新道に入ってしまいましたが、実はココから西の区間は有料ではありませんでした。しかも空いていて快適な道で、すぐにGSのある交差点に到着。みんなこれを知らないのかな?

R20(伊豆スカイラインの手前) 

R20は反対車線はずっと渋滞しているけどこちらは快調。センターラインから飛び出してくるやつがいそうで、ちょっと怖いけどR1に乗る女性(男の連れ付き)を追いかけます。

movie logo R1の女性を追いかけます。
movie logo う!差が縮まりません 。

しかしそれもつかの間、湯河原峠を過ぎたあたりから渋滞に捕まってしまいました(→)。すり抜けられる路肩が無い(溝蓋が無い!)ので、超ノロノロ走行となります。一応十国峠を目指したのですが、マヨサンが耐えられなくなり、引き返す事にしました。

movie logo そこのバイクたち、はみ出すな!
movie logo この辺に来ると空いている

湯河原峠のレストハウスで昼食にしました。どうもマヨさんは非常にお腹が空いていたようです。ところがレストランのメニューはうどんのみでした。で、マヨサンはそのうどん。お腹が空いていない僕は自販機のカップめんという情け無い昼食でした。

hakone 014_thumb.jpg これがGWの伊豆の姿だ
hakone 015_thumb.jpg 湯河原峠レストハウスの駐車場

湘南平展望台

昼食終了時点でまだ昼過ぎなんですが、今日は東京の混雑前に帰る事にしたので、ここで帰路に付きます。ルートは往路と同じ椿ライン~西湘バイパスにしましたが、山の上の混雑が嘘のように空いていてスムーズに走れました。

西湘バイパスの終わり間際で降りて、マヨさんお勧めの湘南平展望台へ案内してもらいました。東は江ノ島、西は伊豆半島まで見渡せて非常に気持ち良い眺望でした。

hakone 020_thumb.jpg 湘南平展望台から湘南方面を見る
hakone 022_thumb.jpg 伊豆(南西)方面

ここは山が海に迫っていると言う意味では、神戸に似ていなくは無いです。そういえば平塚の町並みも、松並木や白石が混じった舗装などが芦屋あたりに似ていると思いました。ただ、地形的にはこちらの方が断然広々していて余裕があります。それに何と言っても伊豆に近いし住むには絶好の場所かもしれません。

その後は裏道で平塚を突っ切り、東名~首都高は殆ど渋滞が無く一気に東京まで戻れました。これまでの最速タイムでしょう。家についてもまだ夕方でしたが、 こう言う余裕のあるツアーも良いですね。ただ、体はかなり疲れていましたが、渋滞による疲れとは違うので充実感があります。

Tweet

Facebookアカウントでコメント