バイクTOP MCタイチTOP BBS

mctaichi Motorcycle
drz

バイクTOP(その他のメニュー)

ツーリング(東日本)

三浦半島日帰り

○公開:2009-11-16 ○修正:2009-11-20

6月中旬、梅雨だと言うのにあまりにも良い天気が続くので、何処か近場を旅してみたくなり、未開の地三浦半島へ行く事に。6時ごろ、早くも日差しがまぶしく暑い時間に出発し、湾岸線を下道で横浜を目指します。

横浜赤レンガ倉庫

港みらい1 レンガ倉庫ここを最初に見たのは去年大島からフェリーで帰る途中に寄港した時です。地上で見るのは今回が初めて。当然会館時間前なので中には入れず、誰も居ない公園をウロチョロします。

港の見える丘公園

港の見える展望台 港の見える公園 横浜港から少し山の手に行ったところに、この公園があるはずでしたが、なかなか場所が判りませんでした。このあたりの地形は市街地から急激に丘があって、上と下では別世界で隔絶された感じがします。

何とか上り口が見つかったものの、公園は入り口が良く判らないと言うか、駐車スペースも殆ど無い所にあります。

園内には由緒ありげな洋館とバラ園があり、朝7時頃なのに犬の散歩などに来ている多分地元の人が結構居ます。それで「港の見える」という展望スペースに行ったのですが、これはそれほど見晴らしが良い場所ではありませんでした。

バラ園 洋館 帰りに、外人墓地など丘の上の住宅地の中を少し走りましたが、いわゆる山の手と言った感じのハイソなエリアでした。神戸で言うとまさに北野町あたりの感じです。

八景島~海の公園

八景島miura 019_thumb.png 横浜から南下して、八景島シーパラダイスとはどんな所か見に行ったのですが、未だ会場前で入れませんでした。

そこから少し先の海の公園はありがちな海浜公園で特徴は無く、葛西や稲毛の方がもう少し変化があって良いです。

横須賀

横須賀ネイビー横須賀の街 入り組んだ海岸線の道を走り、地方の漁村と言った風景からいきなり町になる、それが横須賀。

港には米海軍の船がチョロッっと見えただけで、ここが世界に名だたるあの第7艦隊の母港かと思うほどしょぼい感じ。でもこれは横須賀駅あたりから見たからであって、奥の方(沖の方)に広大な米軍施設があるようです。

三笠公園

東郷平八郎三笠横 何があるか知らず看板を見て何気に立ち寄ったら、そこはあの日清・日露戦争で有名な戦艦三笠が置いてある所でした。

第一印象は明治時代の船としては意外とモダンな外観で、今の船と比べてそれほど変わらないナと思いました。全体的に長さの割にスリムかつ低重心で、その割には幾つも大砲が詰まってる感じです。

まあ、当時最新鋭の英国製戦艦ではありますが、同じ時期の飛行機や車がどんなのかを考えると、艦船って古くから技術的に確立されていたのかなとも思います。

三笠前 三笠斜め 今回は時間の都合でやめましたが、¥500払えば船内の展示スペースに入れるので、今度機会があればみて見たいような。

観音崎公園

miura 030_thumb.png横須賀以南は海岸線も割りとストレートになり、三浦半島の突端、観音崎公園に到着。

小高い丘の中のそれほど長くない道を汗だくになりながら上って行くと灯台に到着。拝観料を払って頂上から見た景色が下の写真。

地図上で見るとおり、確かに房総半島の山が近くに見えます。狭い通路の割に船の往来が多くて、混雑した感じです。

miura 036_thumb.pngmiura 032_thumb.pngmiura 034_thumb.png

観音崎公園から先は、山中と海岸沿いのちょっとしたワインディングになっていて、少しだけ走りを楽しめます。

途中の浜辺

miura 039_thumb.png miura 040_thumb.png さらに海岸線を南下、もう海水浴が出来そうな暑さで、実際途中の浜辺では海水浴風の装備の人がいました。

そんなこんなで城が崎まで行き、島に至る¥150の橋(名前を忘れた)を渡ったのですが、公園の駐車料金を払いたくないために、何処にも寄らずに戻ってしまいました。そこからは来た道を引き返します。

風車のある公園 

行きがけにチラッと見て良さそうだったので帰りに寄りました。白い風車、緑の芝生、青い空と海。美しいのですが、朝からあまりの天気の良さに、デリケートな私のお肌はもう限界です。

miura 041_thumb.pngmiura 043_thumb.pngmiura 045_thumb.png

miura 044_thumb.pngこのあたりの三浦半島南端は丘陵地のような独特の地形で畑が沢山あります。なのに、海岸では突然漁港のようなものがあったりします。

帰り道は、もう大分ばてて来たので、楽して横浜横須賀道路を使いました。¥1000くらいかかりますが、横浜まであっという間。往路の下道の1/5の時間と体力という感じです。

本来距離的にはたいした事は無いのですが、その割によく言えば内容が濃い、悪く言えば下道がゴチャゴチャしたルートだっと言うことですね。

Tweet

Facebookアカウントでコメント