バイクTOP MCタイチTOP BBS

mctaichi Motorcycle
drz

バイクTOP(その他のメニュー)

ツーリング(東日本)

奥多摩~秩父

○公開:2009-11-16 ○修正:2009-11-20

GW連休の後半の人ごみを避けるため、直前の金曜日に日帰りツーリングのつもりで奥多摩方面に出発しました。

奥多摩周遊道路

府民の森:駐車場には走り屋や家族連れが集まる
府民の森レストハウス:レストランや資料館のようなものがある。新緑も美しい。
府民の森から少し奥多摩湖寄り:美しい新緑と道の形に思わず撮影。
少しアングルを変えて

関東の走り屋の聖地みたいなところで、パイカーや白バイが多いと言われているので心配しましたが、意外と空いていました。以前に来たときの印象通り、コー ナーの形状とか見通しとか景色は確かに良いのですが、よく見ると路面は減速用の凸凹舗装になっているコーナーが多くて、それほど無理はできないようになっ ています。

大菩薩ライン(R411)

ここも以前真夏に来て印象がよかったのですが、やはりコーナーの適度なRや路面状態(凸凹舗装は無い)や車の少なさはよいです。それに今回は新緑の季節でより美しく、夏はあまりよく判らなかったのですが結構標高が高いみたいで植生とか気温が違います。

奥多摩湖からR411(大菩薩ライン)に入ったつもりが、何故かダートに入ってしまう。
R411沿いの多分丹波村あたりで谷間渡しの鯉のぼりを発見。
柳沢峠:かすかに富士山の頭が見えます。

ここまで来て大分日も暮れてきたので、急遽宿泊することにしました。とは言え山中で急に泊まれる宿もなさそうなので、電話帳で調べて甲府のビジネスホテルを予約。何だかいつものパターンですが、僕にとってはこれが一番リーズナブルで便利ですな。

雁坂道(R140)

翌日は甲府バイパスを再び東方向に戻り、R140で秩父を目指します。天気が良い午前中と言うこともあって、山並みの景色はとても美しいです。路面も良く快調に進み広瀬ダム奥の道の駅「みとみ」に到着。

雁坂道・広瀬ダム付近
道の駅「みとみ」の駐車場から南の広瀬ダム湖を望む。ただしここからは富士山は見えない。

しばらく休んだらいよいよ雁坂トンネルです。有料(¥560程)ですが、たいして綺麗でもない2車線の普通のトンネルです。しかし、さすがに長くて後半からは結構な下り坂になります。対向車線を見るとかなりの渋滞です、酸素が心配でしたがこちら側は空いているので無事脱出できました。

大滝付近のループ橋:頂上付近から下を見る
ループ橋を自転車で上る人発見。すでに憔悴しきった様子。まだまだ坂は続くのにこれから何処まで行くのだろう?

そこから先は秩父の切り立った山と谷の風景。新しめの道とトンネルをしばらく行くと、ループ橋が現れ撮影のため停車します。

R43~城峰山

R140をさらに進み標高を下げ秩父市街手前で左に入りR47へ。のどかな田舎道を北上し、城峰山を目指します。 だんだん急坂のタイトコーナーになってきて、ついにダートになってしまいました、いつもながらツーリングマップルのお勧めコースはマニアックなところばかりです。

頂上付近に神社がありその日はお祭りみたいで隣接のキャンプ場にもたくさんテントがありました。展望台もあるのですが結構歩くようだったのでやめて下山しました。

R299

ひとまず秩父市街まで下りて給油をした後、R299に入り山越えして関越道を目指します。当初は並行する奥武蔵グリーンラインを使う予定でしたが、迷った挙句入り道が判らなかったので断念しました。

R299の前半は対向車線が大渋滞なのを人事のように横目で見ながら適度なコーナーを流していたら、程なくこちら側も渋滞列に入り殆ど動かなくなってしまいました。路側帯も殆ど無い道路でのろのろ運転が延々続き焦燥しきってしまいました。各地でGWの大渋滞が報告されていましたが、最後に来て見事にはまってしまいました。

Tweet

Facebookアカウントでコメント