バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

RSS

CBR650R (Honda)

イントロ

本当はネイキッド版のCB650Rに試乗したかったが生憎試乗車が無かったので、フルカウル版のCBR650R(名前が紛らわしい!)に乗ってみた。

ポジション/足つき/取り回し

跨ると意外とコンパクトなポジションで前傾も思ったほどきつくない(店内にあったネイキッド版とあまり変わらない)。シートの前端がかなり絞ってありその下のボディーもパラレルツイン並みにスリムなので、足つき性もこのクラスとしては良好。

しかしその印象はメーター付近を見て頭を垂れてるからであり、走りだすと前を見るために頭を無理に持ち上げるので、そこで初めて前傾なポジションだったと気づく何時ものパタンだった。まあ僕の場合、腕が短めなのと、超安楽・超コンパクトなPCXのポジションに慣れてしまってるせいでもあるが、このバイクの適正体格という意味でも、少なくとも日本人男性の平均以上(特に腕の長さ)は必要だと思う。

一方、足つき性の印象が悪化する事はないが、ハンドルが遠くて低いので取り回しは悪い。跨って足で地面を蹴ってバックするような事もやってみたが、ちょっとした事でバランを崩し転倒してしまいそうでヒヤヒヤした。ずっしりとしたエンジンの重みも含め、やはりツインの650ネイキッド(MT-07やZ650等)と比べると一回り取り回しは悪い。

エンジン/ミッション

直4らしくレスポンスは穏やかだが、直4らしいフリクション感も割とある。短い直線で少し開けると、非力なわけでは無いが左程パワフルでもなく、加速が楽しいエンジンではない。これなら近年のカワサキやスズキの直4(リッタークラス)の方がスムーズだし、以前のCB650Fの方がもっとパワフルで弾けるように回ったように思う。あとミッションはホンダにしては節度感が無いタッチで、スコスコとは入らない。

ハンドリング/乗り心地

ホンダらしくセルフステアが穏やかで、微少バンク角でスパッと切れてあとは寝ないというSS的なハンドリングとは一線を画す。ただエンジン回りのずっしりとした重量感はあるので、切り返しなどクイックな動きをしようとするとかなり鈍重に感じる。半面、徐行速度だとバタッと倒れてしまう感じがあり、街中のチマチマした所を走るのはヒヤヒヤする。

ミドルネイキッドのように軽快でも無ければ、ツアラーのように安定しているわけでもない。勿論アドベンチャー系のような圧倒的な乗り心地の良さもない。何をやっても平均点又はそれ以下という悲しさ。

総合評価

個人的に普段PCXの市街地での安楽さに慣れ切ってる上に、近年この種のバイクに乗る機会が減ってしまったせいもあると思うが、残念ながら速さや楽しさより扱い辛さが印象に残るバイクだった。ホンダは業界No.1としての義務感で600の直4を作り続けているように見えるが、皮肉にもこのクラスではツインエンジンが合理的だと証明してしまった感がある。

軽快さや扱い易さは勿論の事、実質的なパワーやスムーズさでもツインが上回っているというのに、敢えて3割くらい高額な直4を求める消費者を想像できない。見た目の立派さや緩慢な特性や重厚な排気音を求めるユーザーなら、普通リッター直4に行ってしまうでしょ。

まあ、以前のCB650FのようにGSR750に勝るとも劣らないパワーと伸びやかさがあれば、鬼値引き前提での選択はあり得たが、今回のCBR650Rは足つき性以外は寧ろ退化してるので救いが無い。ホンダ特有の初期ロットの生産品質の悪さなのか?

CBR650R に関するコメント

コメントする

お名前:

コメント:

※スパム対策:MCタイチが現在乗っているバイクは?"PC"

※Facebookアカウントでのコメントは中止しました。

最近のコメント[RSS]

▲Page Top