バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

RSS

スイフト スポーツ (suzuki)

イントロ

発売から大分経った2019年にようやく試乗できた。今からインプレを書いても読む人は居ないと思ったが、意外とそうでもないようなので遅まきながら書いてみた。

居住性/ラゲッジ

ノーマルのスイフトもシートが大きめでしっかりして中々快適だが、スイフト・スポーツのシートは更にがっちりしておりメタボなボディーをしっかりサポートしてくれる。近年の非ワゴン系としては立ち気味のAピラーやスポーティーカーとしてはアップライトなポジションも心地よい。

ただインテリアはベーシックカーとしては十分ながら、フィットやマツダ2など200万円クラスのライバルと比べるとやや安っぽい。赤の挿し色も「スポーティーで御座い」みたいな陳腐さを感じる。またステアリングホイールの下半分の内側がツルツルで硬い素材になってる意味が良くわからない。

パワートレイン

かなり久しぶりのMT車だったが、クラッチの繋がりがスムーズなのかエンジン特性が良いのか、ギクシャクせずに発進出来た。例によって低速・短距離の試乗コースだが、短い直線でちょっと踏むと怒涛の加速を見せる。少なくとも60Km/hくらいまでの速度域では、ターボ感は皆無で低回転からリニアにガツガツ引っ張る感じ。エンジン音もドライで悪くないが、やや硬質であまり軽やかに回るタイプではないかも。決して荒々しい訳ではないが、非常にトルキーでジェントルだった先代スイスポのエンジンと比べると、若干硬派かも知れない。

尚、信号待ちから1速発進で普通にクラッチを繋いだつもりがホイールスピンさせてしまった。2速発進を試すと普通に出来てしまうが、油断して殆どアクセルと開けずにクラッチを繋ぐとエンストしてしまった。低速トルクは十分だが粘りはあまりないというか、アイドリング+αの極低速トルクはそんなにないかも。6AT仕様も乗ってみたい。

ハンドリング/乗り心地

先ず乗り心地がノーマルのスイフトと比べて上質。RS系のようにビシバシ硬くないし、それ以外の標準サスのグレードよりどっしり落ち着いた感じ。唯一Hybrid SL(ストロングハイブリッド)の乗り心地はなかなか良かったが、スポーツは当然もっと引き締まっている。

ハンドリングは交差点くらいしか曲がっておらず、この車を評価するには余りにもしょぼいコース。SUVとか軽ワゴンならロールがデカいとかステアリングインフォメーションが希薄とかが判ることはあるが、スイスポで走ったらただ安定してるとしか言いようがない。

電子制御

「スズキ セーフティ サポート」が強制的に付いて来ないスイフトは、このスポーツと最廉価グレードXG(レスオプション)だけ。なので「そんな軟弱な装備は要らねえ」という硬派なドライバーは、軟弱な同クラスのクルマと同じような価格で、このハイパフォーマンスカーを手に入れる事が出来る。

総合評価

この世代のスイスポはスイフトの最上位グレードというよりはスイフトの兄貴分的車種という感じ。最初は「なんでスイフトのくせに3ナンバーなんだよ」と思ったけど、スイスポを見てしまうとノーマルのスイフトが寸詰まりというか特に顔はショボく見える。機能面でも使うバーツのアップグレードだけでなく、全幅の拡大によるトレッドの拡大やボディー剛性向上や多分サスジオメトリの変更などが走りに上質さに貢献してそう。

個人的に惜しいのが、上述のインテリアの質感よりもプレミアムガソリン仕様という事。それだけで燃費(燃料消費率ではなく文字通り燃料費という意味)の点でライバル車に大きく差を付けられてしまう。それさえなければ、普通のファミリーカーとして使っても何ら欠点はなく、ヤリスやフィットやMazda2と比較してただパフォーマンスだけが傑出した車になれたのにと思う。

とは言え、ヤリスは動力性能が強力でシャシもなかなか上質だが「スポーティー」かというと微妙だし、GRヤリスなんて値段が100万円以上跳ね上がる。その意味でスイスポは文字通りコストパフォーマンスの高さで今のところ世界中に並ぶものなしではなかろうか?今から15年もすれば「昔はあのスイスポが200万円以下で買えたのに」等とノスタルジーに浸っているかも知れない。

<前【Fit Luxe (ガソリン)】  【ADV 150】次>

スイフト スポーツ に関するコメント

あらら・・・

これ3ナンバーなんですか・・ハイオク指定といい随分と立派な車になってしまいましたね。ガソリン代はどうやっても避けて通れないだけに、足車としても期待されるこのカテゴリーの車には痛い欠点ですね。

MCタイチ

あらら…さん(名前じゃないかも知れませんが)

素のスイフトも意外と幅広で5ナンバー枠ギリギリなので、スイスポはフェンダーが膨らんだ分オーバーしちゃったようです。
ただ、3ナンバーも5ナンバーも税金等は変わらないので維持費は同じです(変わるのは排気量)。なので最近の3ナンバーのコンパクトカーは多いです。新型フィットのクロスターもそうですね。

一方ハイオク指定はランニングコストをもろに押し上げますね。輸出を考えるとハイパフォーマンスカーでレギュラー(海外のレギュラーは日本よりオクタン価が低い)はあり得ないんでしょうけど、日本のガソリンは高いですからね。まあRStとかの乗り心地がもっと上質ならそっちを買えば良いんですけど。

あらら・・・

なるほど輸出の問題がありましたか。それは盲点でした。バイク同様、日本で売る事だけを考えればいい時代は終わったんですね…

GTK

タイチさんこんばんは。
リクエストにお答えいただきありがとうございます。

私はRS系の試乗経験はないのですが、スイスポより乗り味が硬いのですね。意外でした。
私なりの補足としてはミッションのギヤ比を先代からまんま引き継いだ点ですね。
エンジンの性格は低中速より(最大トルク2,500~3,500回転)なので、特に6速はハイギヤード化しても良かったのではと思います。
あとはステアリングについては切っていく分にはいいんですが、戻し時に先代より不自然な戻り方をします。自分の意図するより多めに戻ってしまうというか・・・シャフトの剛性の問題なんですかね?

燃費については私の運転の場合、先代比で10%程度は改善していますね。
もちろんレギュラーであるに越したことはありませんが、この情勢で相対的に供給過多なのか、燃料代が安いのは助かりますよね。

MCタイチ

GTKさん、こんばんは。
レビューを書くと言ってから結構時間が経ってしまいました(;^_^A

RS系と言っても僕が乗ったのはRStだけですが、ストローク感が無くて振動が車体を通して直接体に伝わるというか。走行1万kmの個体に3名乗車でも結構硬かったです。

スイスポはギア比が先代と同じなんですね。私の短い試乗コースでは6速どころか5速に入れたかどうかも怪しいので何とも言えませんが、6速があまりハイギヤードじゃないとすれば、それは最高速を重視した結果じゃないかと。しかしこの車の使用環境や用途としては、最高速付近のパフォーマンスより6速はオーバードライブ的に設定すべきだと僕も思います。

ステアリングについてはやはり試乗では何も気づきませんでしたが、ネットで調べたら手を離すと左に寄っていくとか、直進時にパワステの介入が強すぎて反応が敏感すぎるという意見がありますね。https://www.itmedia.co.jp・・・

燃費は先代スイスポより10%ほど改善とありますが、具体的に何km/Lほど行きますか?

GTK

燃費については私が地方在住で流れの良い幹線道路の使用割合が多いという前提ですが、先代14km/L前後→現行15km/L台後半という感じです。カタログ値16.4km/Lと比べても遜色ないですね。常識的な速度域でトルクのある回転を使えることと先代比-70kgの軽量化が効いているのかもしれません。

素イフトを含めたマイナーチェンジが噂されていますがどの様なリファインがなされるのか楽しみです。個人的には運転支援系の強化(ACCの全車速化等)あたりかと思っていますが。

MCタイチ

その燃費であれば、ハイブリッドでない素のパフォーマンスカーとしては良い方かも知れませんね。

スイフト全体でマイチェンの噂があるんですね。先代のマイチェンはデュアルジェットとかいうFIを新採用してエンジンの効率はレスポンスが良くなったようですが、今回のは時節柄サポカー関連かも知れませんね。個人的には足回りやステアリンク系の改良があると良いのですが。

GTK

本日スイフトの一部改良が発表されましたが、その内容は運転支援系の改良にとどまり、残念ながら走行性能に関するものはありませんでした・・・。
それと地味にRStがラインナップから落とされていました(^^;

MCタイチ

確かにマイチェンの目玉はサポカー関連ですが、シャシやエンジン制御で公表されない改良があるかも知れませんよ。それに個人的には、従来のスイスポはカラーバリエーションが貧弱だったのでオレンジや赤が追加されたのは歓迎ですね。
ただ仰る通り、RStが廃止されたのは痛いですね。十分以上に速いのに、レギュラー仕様で実用燃費も良さそうだし、おまけに1Lを切るので税金も安いんですよね。スイスポがあるからRStは中途半端だという人もいますが、中途半端なのはマイルドハイブリッドの方だと思いますけどね。

コメントする

お名前:

コメント:

※スパム対策:MCタイチが現在乗っているバイクは?"PC"

※Facebookアカウントでのコメントは中止しました。

最近のコメント[RSS]

▲Page Top