クロスバイク比較 2020::MCタイチ.com

Bikes with no assist

MCタイチ 自転車サイト

クロスバイク比較 2020 作成: 修正:

2020年の夏になってから、何故かロード系の自転車が気になり始めたので、取敢えずクロスバイクの情報を集めてみた。

先ずはクロスバイクの代名詞みたいなGiantのEscape Rだが、これはぱっと見(やや野暮ったいフレーム形状など)5年ほど前と殆ど変わらないようだ。例外的にドロップハンドル付きという変わり種が登場していたが、これは多分この価格帯のロードバイクがGIANTのラインアップから消滅してしまったから代用品だと思う。

ESCAPE RX

次に、Escape Rのちょっと上位モデルであるRXも以前と同様にカッコいい扁平断面フレームで存続していた。変わった部分はカーボンフォークがちょっと新しくなり、それに伴いコラム周りの形状もスッキリしたようだ。なお、ディスクブレーキ付きのRX DISCというモデルが8万円であるのだが、これとフレームやフォークが同じでコンポもほぼ同じグレードで、ブレーキだけがVブレーキのRX2が1000円しか安くない。だったら皆DISCを買うだろ!と思いきやRX2の方はシートポストがコンポジットだった。

CROSTAR

Escapeに加えて、2020年からCrostar(ホンダFit?)なるクロスバイクが追加されていた。これはフレームがEscape RともRXとも違い、やや角ばってシャープな形状。グレードは1つだけで、価格帯的にEscapeR3とほぼ同じ。フロントスプロケを2枚にしたりタイヤを若干細くしたりしてクラス最軽量を謳っている。

それで思い出したけど、以前はEscape Airというのがあって軽さを訴求してた。実際に軽かったし乗り心地も良かったけど、80㎏クラスのライダーが乗ると強度的に問題があったらしい。Crostarはフレームがそんなに華奢な感じではないので多分大丈夫だろう。

GRAVIER

更に今年はGRAVIER(グラビア?)なるモデルも新規追加されていた。これの特徴は27.5x45mmという極太タイヤ。当然そんなに太いと従来のEscapeなどのフレームには入らないので新設計。グレードはディスクブレーキ仕様とVブレーキ仕様の2種類。写真はディスク仕様の方だが、カラーリングが渋くてお洒落。

試乗インプレ

BikeA(ST)B(SA)C(TT)D(HT)E(HA)F(WB)G(CS)H(BD)I(S)J(R)
Escape R 465(S) 465 74.0 545 145 72.0 1010.4 425 70.0 565 383
Escape RX 465(S) 465 74.0 555 145 72.0 1020.7 425 70.0 574 408
Crostar 465(S) 465 74.0 545 145 72.0 1010.4 425 70.0 565 383
Gravier 465(S) 465 74.0 545 145 72.0 1021.1 430 70.0 573 381
Rail 700 440 440 74 550 150 71 450 65
Limit 2 440 440 74 550 140 72 435 65 525.8 384.1
Gran speed 440 440 73.5 545 140 70 438 65 552 381
Contend 465(S) 465 74.0 530 138 71.8 986.0 412 75.0 541 375