Motorcycle by Taichi

バイクTOP MCタイチTOP BBS

北海道縦断(全9巻)

○公開:2009-11-18 ○修正:2009-11-20

< 戻る 1|2|3|4|5|6|7|8 次へ >

多和平

病み上がりの朝。ちょっとボーっとしていますが気分は悪くないです。でも、もう無理はやめようと思います。

天気は曇り勝ちですが、とりあえず雨は降っていないので一安心。今日の目玉は屈斜路湖だけですが、折角ここまで来たので、先に多和平に行く事にしました。

宿 の人に昨晩のお礼を行って出発。パイロット国道を通るのですが、ここはまた広々として気持ちよい道です。他の人も僕と同じように感じるのか、すれ違ったオ フロードライダーがピースサインの代わりに両手放しでガッツポーズ。僕も同じように返しておきました。スピードも自然に上がってしまうのか、すぐに多和平に到着。

展望台に上がると、例の360度の展望が広がります。残念ながら天気がイマイチなので、地平線のあたりはぼやけていますが。と言っても写真で見るほど完全な平地ではなく、非常に緩やかな凹凸があるのは北海道らしいと言えるでしょう。

多和平展望台:どの方向を向いてもこんな感じ。

多和平キャンプサイト:写真で見るよりこじんまりした感じで、テントは2個くらいしか張ってない。

(4.4MB)

多和平展望台から360度の景色。あまりにも似た景色なので、何処まで回ったか良く判らず。

帰り道は、目印が無いのでどっちの方向に走っているのか見失いかけましたが、何とか無事に弟子屈方面に引き返します。

屈斜路湖

弟子屈周辺は非常に取り締まりが多いと聞いていたし、実際回りの車の流れも異様に遅いので、超警戒モードでノロノロ走行。ガソリンも残り少なくなっていたのですが、まだFUEL警告は出て無かったので、もう少し先で入れようと思っていました。ところが、川湯温泉への分岐のところで農協のGSっぽい建物があるのに、何故か給油装置だけが無いのです。

仕方がないので先に進むものの、どんどん山深くなって心細くなったので、近くの土産物屋で近くにGSが無いか聞いてみました。店内で木彫りのなにかを作っていたその人は「ここから15分くらいの所にあるよ。」と教えてくれたのですが、どうもそれって今通ってきた弟子屈の事のようです。例の分岐の所の店については「あれは無くなったよ。採算合わないみたいね。」と。

一方、美幌峠まではあと10キロくらいだそうで、往復20キロ。それに弟子屈までの15キロを足して35キロ。使えるガソリンはあと2Lくらいだとすると・・・非常ーに微妙です。いつのも僕ならトライしたかも知れませんが、一昨日えらい目にあっていたので、ここは安全策を取る事にしました。

ノロノロ運転で弟子屈に引き返し、再び美幌峠を目指します。30キロ・30分以上無駄にした後、再びみやげ物屋の前を通過。その先は建物は無く、山深い峠道になります。基本的に急斜面とスイッチバックが中心で、そんなに走って楽しいという訳ではありませんが、最後の180度(実際には200度以上あるかな)の中速ターンは迫力がありました。

案外あっさりと美幌峠のレストハウスに到着したのは良いのですが、いきなり激しい雨が降って来ました。丁度、昼食の時間だったので、窓際の席でラーメンを食べながら外を見ていると、雷の激しい音と共に稲光が見えました。それも、何回か。

一時は一体どうなる事かと思われましたが、「激しい雨は長くは続かない」という僕の法則通り、しばらくすると雨すっと止み、屈斜路湖の方角は雲もすっきり無くなり晴れ間が見えてきたので、外に出て山頂の展望台に登りました。

美幌峠から屈斜路湖の御馴染みのアングル

今上ってきた180度ターンの道

反対側の景色

昔来たときは、柵の向こうの断崖で写真を撮った記憶があるのだが・・・

嵐の後の駐車場

見えてるのは今から向かう西の空。うーん、どす黒い。

帯広への長い道

展望台から下りて駐車場に戻ると、バイクは殆ど乾いていましたが、今から向かう西の空はどす黒い雲で覆われています。と言っても、幾ら待っても晴れそうにないし、またそんな時間も無いので、峠道を引き返します。

弟子屈まで三度戻るのもなんなので、津別峠を通るルートで行く事にしました(あとで考えるとこの選択はイマイチでしたが)。

屈斜路湖畔まで下りてすぐ、さっき道を聞いた土産物屋の角を右折すると津別峠ルートなのですが、いきなり道が細くなり砂や枝が道に散乱しています。気温もどんどん低くなり、視界も霧で悪いです。それでも、すぐに峠の展望台に到着。

津別峠展望台

霧にたたずむ何故か中世の城のような建物。

展望台から

本当はここから屈斜路湖が見えるはずなのだが・・・

そこから先は津別町を目指しますが、ここからが大変。霧雨の中、何も無い田舎道をひたすら走ります。周りはどんどん暗くなり、非常に心細いです。

やっとの思いで津別町にたどり着いたのですが、そこでいきなり大雨が降ってきました。急遽、そばのラーメン屋に駆け込んで、暖かい飲み物でも飲もうかと思いきや、ラーメン以外にメニューは無し。それでも店の人は親切に「外の自動販売機で飲み物買って、ここで休んで行ってください。」と言って、おしぼりまで出してくれました。ところがその自販機の飲み物は全てCOLD!

雨が多少小降りになってきたので、店の人にお礼を言って出発。時間はもう五時、厚い雲のためあたりは完全に日没状態の暗さです。とりあえず陸別まででもまだ大分ありますが、 走るにつれ雨がとんでもなく強くなり、水溜りでタイヤが完全に浮いたり、終いにはレインコート越しに体に当たる雨粒が痛い程の豪雨に!

悪夢のような豪雨を抜け出て陸別町に入ると、うそのように雨は上がっていました。

道の駅陸別

実は本当の鉄道の駅でもある。どの部分が道の駅なのかは良く判りません。

「歓迎WRC」の横断幕がいたるところで見られ、この地域の意気込みが感じられます。

帯広到着

そこから先は、足寄・本別と完全に雨が上がり、完全に難を逃れたかと思いきや、あと10数キロで帯広というあたりまで来て、いきなり雷が鳴り豪雨が襲ってきました。一昨日の異様な暑さといい、北海道は異常気象なのか?ずぶ濡れになりつつホテルに到着したころには、また雨は上がっていました。何と言うタイミングの悪さ!

今日の宿帯広ホテル・ヒーロー!

JR帯広駅のすぐ横。ホテルも周辺もここだけ新しくて綺麗。しかも素泊まり4千円台という安さ。

ゴアテックスの靴も下着もずぶ濡れなので、取り合えずシャワーを浴びて、それから仮眠。

その後、夕食のために街に繰り出そうかと思いきや、ホテルの人に聞いたら「今日は日曜なので基本的に飲食店は休み」だそうです。なんじゃそりゃ!

最悪コンビニフーズだなと思いつつ街に出たら、空いてるのは飲み屋ばかり。しかも客引きのにーちゃんがウヨウヨいて、なんかガラ悪い雰囲気でした。

それでも何とか焼肉屋が営業していたので入ります。千円で結構なサーロインステーキのセットはさすが北海道。でも、付いている筈のステーキソースが結局来ない。塩コショウだけでも美味しかったけど、かなりいい加減な店です。

という訳で帯広は、よくあるガラの悪い地方都市と言った印象でした。やはり中途半端に都会は良くないのか。

< 戻る 1|2|3|4|5|6|7|8 次へ >

Facebookアカウントでコメント