Slim gut by tennis

メタボテニス記
follow us in feedly

テニス

作成:修正:

メタボ対策の為に何か運動しろと言われて数十年。しかし私の性分として、ただ走ったり歩いたりするだけの忍耐系は絶対続きません。とはいえゴルフはお金がかかり過ぎるし一緒にラウンドする仲間も居ません。テニスは高校生の頃から断続的にやっていますが、これも相手が居ないし壁打ちの壁も近年全く見当たりません。

そんな折、ふと市の運営するテニスコートを見に行ったら、何とその一角に立派な壁があるではないですか!そこで早速テニスシューズを買って、15年前にガットを張ったまま殆ど使ってないラケットを持って壁打ちに行きました。

久しぶりに味わうラケットとボールの感触に興奮してしまい、歳と体重を重ねた体を顧みずに打ちまくった(つもり)ら、体中が筋肉痛になってしまいました(^_^;) でも湿布を貼って寝たら翌日には殆ど持ち越さなかったし、何度かやっているとその筋肉痛自体が殆ど起きなくなりました。私の体にも未だ再生能力が残っていたぞ!

それからガットを張り替えて週3回くらいのペースで壁と戦っています。ラケット自体はProStaff Tour90という年代物ですが、殆ど使ってなかったのでマダマダピンピンしており、薄ラケ特有の撓ってボールを運ぶような感触を楽しんでます。まるで高校時代に戻ったみたいに!

しかしこのような完全な薄ラケは今はもう作られておらず、やがて私のラケットがヘタって使えなくなった時、どんなラケットを買えばよいのでしょうか?少しでも薄ラケ的なラケットを探すのか、あるいは諦めて厚ラケに自分がアジャストしていく道を選ぶのか?そのあたりを考えるため、取り敢えず情報収集をしたりラケットを借りて試打しレビューを書いていきたいと思います。

Facebookアカウントでコメント