Slim gut by tennis

ラケットレビュー
follow us in feedly

Wilson Clash 98 レビュー

作成:修正:

Clash100とTourの大々的なデビューの数ヶ月後に、早くも追加モデルが登場しました。前回のレビューに書いたように「Clash100は軽すぎ/柔らかすぎ、Clash 100 Tourは重すぎ/硬すぎ」と感じたので、より小さいフェイスで取り回しが良く、薄めのフレームでより靭やかであろうClash98を試打してみました。

スペック

今回は他のClash兄弟と競技系のモデルを比較対象に選びました。また今回から、実測バランスとして私のProStaff Tour90を基準にして何mm先端で釣り合うかを追記しました。

製品名重量バランスフレーム厚重量
(実測)
バランス
(実測※)
Clash 98 310g 306mm 23.5mm 326g +6mm
Clash 100 Tour 310g 306mm 24mm 326g 0mm
Clash 100 295g 310mm 24mm 308g +15mm
Burn FST 99 310g 315mm 19/22/19mm 335g +7mm?
Burn FST 99S 299g 305mm 19/22/19mm 320g 0mm
Blade 98 CV 304g 325mm 21mm 330g +22mm
CX200Tour 310g 310mm 20.5mm 333g +10mm 
Vcore pro 97 310g 310mm 20.0mm 328g 0mm? 
Prince Tour 95 310g 310mm 22/22/20mm 336g +5mm
Pro Staff 97CV 315g 310mm 21.5mm 330g +7mm 
Pro Staff Tour90 315g 315mm 17mm 336g 0

※Pro Staff Tour90のバランスポイントを基準にしてそれより先端寄り(トップヘビー)なら+(プラス)。?マークが付いているものは測り忘れたので感覚的な数値

Clash 98

さて上の表の通り、重量・バランスともにClash 100 Tourと全く同じです。実測重量は全く同じでしたが、バランスポイントは何故かClash98の方が6mmほど先端にありました。フレーム厚はもっと薄いのかと思いきや、何と0.5mmしか変わりません。両者同時に借りたわけではないので直接比較ではありませんが、比べたところで見た目で違いが判るとは思えません。

張ってあったガットはバボラのブリオ135(テンション50P)でしたが、これってナイロンマルチなんですね。このショップの試打ラケットはポリエステルガットが張ってあることが多く、ナイロンの場合もモノフィラメントばかりだったので珍しいです。しかも135(1.35㎜)というゲージはかなり太い部類なので、柔らかくて飛ばないガットということになります。

試打レビュー

第一印象は撓りやホールド感が適度にあって、なかなか打ちやすかったです。Clash100ほど軽くも柔らかくもないがClash100Tourほど硬くもなく(ガットのせいもあるでしょう)、正に中間的な性格。パワーアシストはClash100ほど強力ではありませんが、太くて飛ばないガットの割には十分パワフルだと思います。フェイス面積はたった2平方インチ小さいだけですが、取り回しが良いというか速いスイングが出来そうな感じです。

ただスイングウェイトはやはり重いですね。Clash100Tourは実測重量/バランス共にPS Tour90と同じだがスイングウェイトはより重く感じる(恐らく空気抵抗が大きいせい)と書きましたが、Clash98は重量自体によってそれより更に重く感じます。また、上でClash100Tourほど硬くないと書きましたが、柔らかいナイロンマルチガットに加えて、バランス的にトップヘビーだからかも知れません。つまりフレーム剛性自体はClash 100 Tourと変わらないんじゃないでしょうか。

だから今日的なトップヘビーなバランスを好む人にとってはClash98の方が100/Tourよりシックリ来ると思います。重めのスイングウェイトや適度に柔らかい打感という意味では、丁度他社のツアーモデル(プリンスのTour95とか)に近いかも知れません。Wilsonの製品の中では、ProStaff 97CVと似たようなスイングウェイトで厚ラケらしい剛性感の高さを持ち、なおかつしなり感がより強いのがClash 98ではないでしょうか。

ただ個人的には、Clash100/Tourが近年のラケットとしては珍しくトップライトなのが気に入ってたので、Clash98だけがトップヘビーになってしまったのは残念です。硬さも重さもClash100と100Tourの中間が良いと思ったんですが、それだと違いが微妙過ぎて商品企画としては成立しないんでしょうか?なので、もし私がClash3兄弟の中から選ぶなら、やや頼りない感じはするものの一番Clashらしいノーマルの100にすると思います。