バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

RSS feed

Valcan S (kawasaki)

イントロ

Z650、Ninja650につづいて、カワサキのU400ミーティングで試乗した。

ポジション/足つき/取り回し

ポジションは独特で、ハンドルはかなり後ろの方まで伸びており、上半身は粗直立のアップライトな姿勢。ところがステップはかなり前方に有るので、全体としては手こぎボートでオールを引いた時のような姿勢になる。

因みに、Rebel500はハンドルが遠くて上体が前傾する反面、ステップはもっと近いところにある。アメリカンでもRebelはスポーツスター系でバルカンはクルーザー系のポジションということだろうか?

足つき性はRebel程ベタベタではないものの、このくらいなら全く問題ないほど良好。むしろシートの厚みや幅はこのくらいあった方が快適。

エンジン/ミッション

バルカンSはZ650が登場する数年前から有るので、エンジンはER6時代のものをベースにしていると思うが、特性的にはZ650に近く、ジェントルで扱い易かった。

回転上昇は何れもスムーズでパワーも十分だが、Z650の方がドコドコ感が強く、バルカンはビーという連続的な音である種フラットなフィーリング。また車重のせいかそれともフライホイールが重いのか、アクセル操作に対するギクシャク感が、Z650やNinja650より小さく(勿論旧ERよりはるかに小さく)感じた。

ハンドリング/乗り心地

驚くべき事に、Z650、Ninja650を含めた3車のなかで、このバルカンが一番軽快なハンドリングだった。アメリカンに有りがちな低速時の切れ込みは無く、重量が224kgもあるとは思えないほど率直で軽快。もっとも、試乗ペースがノロノロだったので、ワインディングで振り回すようなペースならそれなりに鈍重で旋回半径も大きそう。

しかし、これより遥かに軽いのに妙なネットリ感(太いタイヤのせい?)があるRebel500と比べたら、殆どのシチュエーションでバルカンSの方が軽快で率直かも知れない。やはりフロント荷重が小さい事やトレール設定が適当なこと、妙に太いフロントタイヤを履いていなければ、ハンドリングの軽快感は作れるということか。

総合評価

見た目はボッテリとして変だし、名前は殺虫剤か滋養強壮剤みたいだけど、乗るとビックリの率直なバイクだった。ホンダ・レブルやHDのストリート750のようにハンドルは遠くないし、ハンドリングは軽快で率直。

こんなに素性が良いのなら、もう少し車重をシェイプアップして、ボバーより普通のポジションでスクランブラーほど車高が高くない、トラッカーくらいのバージョンが欲しくなる。

Valcan S に関するコメント

コメントする

お名前:

コメント:

※スパム対策:MCタイチが現在乗っているバイクは?"PC"

※Facebookアカウントでのコメントは中止しました。

最近のコメント[RSS]

▲Page Top