バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

RSS feed

LEAF (日産)

イントロ

今年フルモデルチェンジした2代目リーフ。

居住性/装備等

シートは全体にしっかりした硬さが有り、座面や背もたれがちゃんと平らなので座り心地もホールド性も良い。後席は前後にスライドしないのでティーダのように足元広々には出来ないが、 元々狭くはないしシート自体の出来はディーダより良いと思う。また後席空間がとても閉塞感があるプリウスと比べたら、遥かに広々して快適。

全長と全幅は旧型より少し大型化してるらしいが、実物は大きくなったようには見えない。特に全幅は幅広感のあった先代より更に増えているので取り回しに苦労するかと思ったが、乗るとそんなことはなくむしろ新型の方が見切りが良いのか若干扱いやすかった。

エンジン/ミッション

久しぶりにピュアEVに乗ると本当に静かでパワフル。キーンというインバーターの微かな音以外はほぼ無音で、グイグイ加速する様は新幹線のようでとても気持ち良い。うちのティーダもガソリン車としては静かな方だと思うが、リーフに比べたらガーガーとガサツ。それどころか、最初は静かだが不意にエンジンが唸りだすハイブリッドと比べても、やはりピュアEVは格別だと思う。

eペダルという回生ブレーキを強く効かせるモードを試したが、最初は違和感を覚えた。プリウスのカックンブレーキではないが、アクセルOFFから1秒弱後に効き始め、最初は弱く次第に強くなってしまうのだ。だから通常モードの方がCVTのごとくアクセルOFFで粗滑走状態になるので、扱い易いというか少なくとも慣れ親しんだ感覚ではある。

しかしここで諦めたらレビューにならないと思い、ワインディングで再びeペダルに切り替えると自然にコツが掴めてきた。アクセルを全閉にせずにそのわずか手前で止めておくと、減速遅れもなく減速Gも適度になった。これで平坦なワインディングなどでは本当にワンペダルで運転できた。ただそういう状況では、アクセルを開けても精々半開くらいなのに、閉じる時は全閉手前で寸止めという僅かなストロークで開閉するのはかなり繊細な操作だ。だからアクセルペダル全体のストロークを増やすとか、初期ストロークではトルク感度を鈍目にするとか、或いは全閉時のブレーキを弱くするなどして欲しい。

あとブレーキペダルのタッチが、バネを踏んでるかの如くボヨンボヨンした感じなのが気になった。ディーラーのスタッフは、普通のエンジン車のように排ガスブースター(マスターシリンダー)が無いからだというが、ブースターの無いバイクのブレーキはそんな変なタッチではないのでそれは関係ないと思う。それにこれまで乗った他のEVだってブレーキのタッチ自体は普通だったし。

ハンドリング/乗り心地

ハンドリングは先代モデルから鼻先が軽く自由自在に動く感じだったが、新型も負けず劣らず素晴らしい。EVらしいオーバーハング重量の小ささお陰か、誤解を恐れずに言えばスイフトのストロングHV並の軽快感だ。サスも先代の僅かに突っ張った感じがなくなり、乗り心地も車体の安定性も若干良くなってると思う。

ただステアリングの操舵力は、走り出しでは粗ゼロのような軽さ。ステアリングホイールと車輪が物理的に繋がっていない(つまりステアバイワイヤ!)かのよう。しかし速度を上げると多少重くなるようで、いきなりワインディングを走っても殆ど違和感を覚えなかった。ステアリングホイールから伝わる路面のインフォメーションはほぼ皆無だが、これは今日の電動パワステは皆似たり寄ったり。ならば下手にインフォメーションを伝えようとして不自然に操舵力が変化するより、何があろうと手応え一定のスマフォドライビングゲームのような操縦感覚が近い将来標準になるのだろうか?

総合評価

旧型は変に新しさを追求したのかのっぺりと奇妙な形だったが、新型は良い意味で普通のスタイルになった。全体のシルエットはスペース効率を重視してズングリしているが、面にエッジを作ってシャープに見せるという今時の造形。ちょうと現行のフィットに近いと思う。インテリアも同様に、特別な個性は無いがスッキリしてなかなかクールだ。

そして何より、バッテリ容量が初期型の2倍の40Whに増えているのに、車両重量は殆ど変わっていないのは素晴らしい。これでカタログ上の航続距離は400kmというから、現実には話半分としても200kmくらいは走れそう。

あとはその航続距離がどのくらい維持されるか、即ちバッテリーの劣化速度がEV共通の問題だ。旧リーフのユーザーの一部が言うように、5年で新車時の半分くらいしか走らなくなったでは困るし、容量保証にしても、電力計のプログラムを変更ただけで「ほらもとに戻りました」ではメーカーやディーラーの良識が疑われる。

リーフのバッテリーサプライヤは初期型のNEC-日産連合が撤退し、今はどのメーカーが供給しているのかよく知らないが(韓国系?)、サイクル寿命と経年劣化共に大幅に改善されていてほしい。最早EV最大の弱点とも言えるバッテリーの耐久性だけが懸念事項。そこさえクリアできれば、セルの価格やバッテリーパックとしての重量もそれなりに下がってるようなので、あとは大手カーメーカーが真面目に作れば、エンジンカーを凌駕する上質でパワフルなEVを作るのは容易いと思う。

LEAF に関するコメント

コメントする

お名前:

コメント:

※スパム対策:MCタイチが現在乗っているバイクは?"PC"

※Facebookアカウントでのコメントは中止しました。

最近のコメント[RSS]

▲Page Top