バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

RSS

Note ePower Autech (日産)

イントロ

ePowerのノートは以前にも乗ったことがあったが、インプレを書くのはこれが始めて。グレードは別にオーテックバージョンでなくても良かったが、今回は偶々近所のディーラーの試乗車がこれだった。

【2019/06/29 修正】

「ワンペダル」回生ブレーキについて書くのを忘れていたので、エンジンの欄の真ん中付近に追記した。

居住性/装備等

デミオに引き続きサポカー的視点も重視したが、試乗車にはプロパイロットが装備されていて、良くも悪くもこちらの印象の方が強かった。このシステムはオートクルーズ機能が先ずベースに有り、前にクルマがないときは設定した速度になるようアクセル操作を自動でやってくれる。そして前にクルマが居る場合は、ハンドル上のスイッチでロックオンすることにより、前車の速度に合わせて自動追従する。その際の加減速はスムーズで当然車間距離は一定(何段階かで設定可能)に保ってくれる。

ただ、コーナーで前車がカメラの死角に入ったりすると、当然ロックオンは解除される。また信号等で停止した時は、前車を見失ってなくても何故か追従モードは勝手に解除される仕様。なので追従モードに戻すには、一々ロックオン操作をしないといけないのでかなり面倒。しかもうっかりその操作を忘れて追従モードのつもりでいたら、グングン前車に近づいてパニックブレーキを踏んだり、直前で(プロパイロットじゃない方の)自動緊急ブレーキが作動する事になる。また、前車が分岐で別の道に別れたりして前が空くと、オートクルーズで設定した車速まで勝手に加速するので、コーナーが迫ってたりすると結構焦る。

というわけで、このシステムは便利なのか不便なのか、安全なのか危険なのかよく判らない。多分、高速道路や直線基調の田舎道で信号や交差点も稀、単独走行ではないが市街地ほど混雑しておらず、適当なターゲットにロックオンすればあとは勝手に引っ張ってくれるようなシチュエーションが多いなら便利かな。

余談だが、偶にやたらと後ろをピッタリとくっついて来る車がいるが、もしかしたらこういうシステムを積んでロックオンしているのかも知れない。ならばこちらもロックオンされた事を検知してアラートを出してくれるシステムが欲しい。その場合、コーナーで引き離しても良いのだが、相手が追従モードの解除に気づかずに追突してきたら困るので、最初からジャミングじゃないけどロックオンを拒絶する装備があると良いな。コバンザメみたいにくっつかれるのは気持ち悪いし、大体そんな他力本願な運転が増えたらまた新たなタイプの事故が増えるかもよ。

エンジン/ミッション

念のために書いておくと、ePowerとは日産のシリーズ・ハイブリッド。つまり、エンジンは発電機としてのみ動作し、車輪を駆動するのはモーターのみ。なのでレンジエクステンダーEVとも言えなくはないが、バッテリーの容量が1.5kWhしかないらしく、発電機とモーターの間にある電力バッファという趣。実際、普通に走っていたらエンジンが停止してる事は稀で、アイドリングでフル充電(メーター上)してから走ってもEVモードは数kmしか持たなかった。

ただエンジンが回っていると言っても注意してないと判らないレベルのノイズだ(最高でも2000rpmしか回さないとのこと)。リーフのように、キーンという微かなインバーター音だけが響く静寂の世界ではないが、エンジンを積んだクルマとしては最も静かだと思う。

そして動力性能は正にEV!妙な制御が入ってドライバーの意図に背くプリウスやアクアなんて目じゃない率直さと力強さ。苦手な高負荷連続走行はしていないが、少なくとも低速ワインディング+市街地というコースでは、トルクと言いレスポンスと言い静かさといい、レクサス並みのパワートレインではあるまいか?

【追記部分】

ドライブモードを"Power"にすると、回生ブレーキが強くかかる所謂「ワンペダル」モードになるが、これがなかなか強力だった。アクセルペダルを戻すだけで、普通に停止するためにフットブレーキを踏んだくらいの減速Gが発生する。割合平坦で低速のワインディングで試したが、文字通りアクセルペダルだけでスピードコントロールが出来る。寧ろもっと低い減速Gでも良いくらいなので、下りの山道でも大抵はフットブレーキ無しで走れそうな気がする。

しかも、リーフのワンペダルが全閉にするとワンテンポ遅れて強い回生ブレーキがかかってしまうのに対して、ノートePowerのそれは全閉しても減速Gの立ち上がりが自然で扱いやすい。リーフもランニングチェンジで改善されているかも知れないが、少なくとも私が乗った初期型は半開け↔半戻しの妙なアクセルワークを強いられた。

【追記終わり】

ただ原理的な話をすると、シリーズ・ハイブリッドはどんな時もエンジンで発電→バッテリーに蓄電→モーターで駆動という経路を通るので、エンジンにとって効率が良い時は直接車輪を駆動するパラレルハイブリッドより総合効率は劣るはず。しかも構造がシンプルかというと、確かにトランスミッションの類は不要だが、モーターは駆動用と発電用に必ず2つ必要。バッテリーもパラレルHVより大きめのものが必要なので、コスト的な優位性は微妙だ(多分トヨタ方式よりは安く、ホンダやスズキ方式よりは高いかな?)。

更にそのバッテリーは、ピュアEVよりは遥かに小容量であり、猛烈に頻繁に充放電を繰り返すわけだから、サイクル寿命的にかなり厳しい筈。他のHVシステムはもっと小容量だけど、その代りエンジンでも車輪を駆動するのでバッテリー負荷が減り、差し引き同程度の寿命だとしたら電池交換時のコストでシリーズHVは不利になる。

ハンドリング/乗り心地

以前乗ったノーマルのePowerの乗り心地は、古い住宅地などのあまり舗装が良くない部分で結構ゴツゴツと突き上げてくるし、然程強固でないボディーが振動を受け止めきれてない感じだった。実は現行ノートは2012年の発売直後に乗った素の1.2Lガソリン仕様の乗り心地が一番良く、ミラーサイクル+スーパーチャージー仕様は結構ゴツゴツしたが、e-Powerは少しだが更に乗り心地が悪いと思う。パワートレーンの重量増に伴い、少しづつサスを固めてきたが、ボディーは元々素の1.2Lの重量にしか対応しておらず剛性不足だと思う。

というのも今回のオーテックバージョン(実はそんな特別仕様だと知らずに試乗したのだが)乗り心地は固めではあるものの、以前乗ったe-Powerと違ってボディーはしっかりしており全体に引き締まった感じだった。だから以前乗った普通のe-Powerも実はこんなもんだったかな?とか、その個体は未だアタリが付いてなかったのか?等と考えたのだが、後でカタログを見てビックリというかガックシ。何とオーテックヴァージョンはボディーの要所をクロスメンバーなどで補強したり、専用サスを採用したと書いているではないか!じゃあオーテックじゃないe-Powerはやっぱり乗り心地悪いって事じゃん!

ハンドリングに関してはどの仕様も普通というか率直。パワートレインが重いはずのe-Powerでも運転してそれほど鼻先が重いとは感じなかった。

総合評価

冒頭でプロパイロットの話ばかりして居住性について書き忘れたが、デミオに比べたら遥かに広大な室内空間で後席も荷室も広々だ。そのかわり外観は良くも悪くもワゴン然としており、少なくともマツダ車のような古典的な豪華さが好きな人には受けないだろう。またインパネの材質が安っぽく、いくら光り物パーツをくっつけてもデミオやティーダの質感には遠く及ばない。それとこのプリウスっぽいシフトレバーは何処に入ってるか判らず、特に高齢ドライバーには間違いの元だと思うのでやめて欲しい。

本来ノートは簡素で安価で実用的なクルマであり、上述の乗り心地(ボディー剛性)の点からも素の1.2Lガソリン仕様が相応しいと思う。それにシリーズ・ハイブリッドや自動運転システムを付けて、トップグレードだとコミコミ300万円近い価格帯まで広げる事は本質的に無理がある。とは言え、ノートe-Powerは売れてるので商売上は成功してると言えるが、もうそろそろ頭打ちだろう。さっさとマーチをモデルチェンジしてe-Power仕様やEV仕様を出して欲しい。

Note ePower Autech に関するコメント

05SM

お久しぶりです。
私はハイブリッド車のバッテリー性能の劣化と交換費用が怖くて
ガソリン車Fit3を買ってしまいましたが、ハイブリッド車を見かけると
やっぱりあっちが良かったのかなと後悔というか複雑な気持ちになります。
踏んだ瞬間の力強さはノートE-POWERの大きな利点ですね。Fit3は回転が上がれば
そこそこ加速しますが、それまで非力感があります。
ノートE-POWERがこれだけ売れてるというのは、意外にもみんなそういう
走りの魅力に優先度を置いているのだなとびっくりしてます。
車なんかは見かけさえよければ、走れば何でもええんやと思ってるのだと
思ってました。
ACCに関するインプレは非常に参考になりました。今はACCが熱いですよね。
デイズのプロパイロット、次のNWGNの全車速ACC+電動パーキングブレーキ、
次のタントも全車速ACCですね。電動パーキングブレーキはないようですが。
色々出てきてワクワクします。ただ出来の良さは乗ってみないと
イマイチわからないというのが非常に面白いというか興味深いというか。
スバルあたりは経験が長いから良いんでしょうね。

MCタイチ

05SMさん、お久しぶりです!今でも読んでいただいて嬉しいです。

さて、ガソリン仕様のFitを買われたんですね。僕も2013年の発売当初、ガソリンの1.3Gとハイブリッドに乗りましたが、正直1.3Gの方が良かったですよ。詳しくはインプレに書きましたが、ハイブリッドのパワーは期待したほど無かったし、何よりシャシがパワートレーン重量に負けてる感じがしました。
それと当時のFitハイブリッドは不具合が多すぎましたね。正直にリコールしたのは良いですが、あれだけ続くと流石に売れなくなっちゃいますよね。今は(もう6年も経ったのか!)品質も安定し、ランニングチェンジで走りも良くなってるかもしれませんが。

ノートePowerですが、残念ながら売れてる理由の筆頭は走りではないと思います。少なくともePowerが出た当初は、日産にはプリウス/アクアクラスのハイブリッドは無かったですよね。いや日産以外でも、ホンダやスズキがマイルドハイブリッドを出してたくらいで、所謂ストロングハイブリッドは無かった筈です。だから古くからの日産の顧客やプリウス/アクアは多すぎて嫌だという人にとって、ようやく出てきた唯一の選択肢がノートePowerだったんだと思います。
私の母も「ノートePower良いやん!」と言ってましたが、見た目(特に色)と馴染みのディーラーが扱う日産のHVだからというのが理由のようです。試乗は怖がって絶対しないので実際の走りがポイントではないし、燃費も実はあまり気にしてません。勿論、ハイブリッドの分類やら特徴なんて興味ないし、僕が説明しても2割も理解してないでしょう。殆の中高年ユーザーはそんなもんだと思います。

確かに、ACCやサポカー関係は今熱いですよね(^_^;)多分池袋の暴走プリウス教授の事故が拍車をかけてると思います。しかしサポカーSワイドでも信号検知ではないので、前に誰も居ない所で90km/hまで加速した先に歩行者が渡り始めたら回避出来ないと思います。またプロパイロットのようなシステムも、上述のように私はメリットがイマイチ分かりませんでした。この種の半自動運転って、人間が機械のサポートに慣れてしまうと、それが当たり前に感じてしまうんですよね。たった数十分の試乗の間でも「あれ?今度は自動で減速せんのかい!」と思ってしまいましたから。
本来はどういうケースではどのようにマシンがサポートしてくれて、どういうケースでは自分で操作しないといけないかを、常に頭に入れて運転すべきなんでしょうけど、それってかなり面倒というか混乱しやすいタスクですよね。だったら最初から全部自分が操作した方が楽だし安全だと思うのです。だから僕は自動運転をやるなら完全自動(レベル5)にすべきで、それが無理ならクルマがセンサーの情報をドライバーに伝えたりイザとなったら緊急ブレーキを掛けるくらいに留めた方が良いと考えています。

05SM

今でももちろん読ませてもらってます。どのインプレも変わらず面白いです。
とくにモニタースピーカーの記事は非常にいいです。

なるほど。やっぱり日産でないとダメという事情がある人がたくさんいるものなんですね。
とても日本らしいというか。
私はホンダ派に転向しましてmotogpを見るのが非常に気楽になりました。
ホンダも似たような事情がありますね。
ホンダ派の人はみんなNBOXを買ってる感じがします。他のモデルが凄い高額な感じがして手が出せない感じ?
特にCRVとかシビックとか海外向けを日本導入してるのは高く感じます。良さそうではあるんですけどね。
日産はラインナップ自体削ぎ落してエクストレイルとセレナとノートとシンプルですね。
無駄に色々並べるよりはいいと思います。

ACCについては確かにそうです。完全自動まで行ってくれれば皆安心ですね。
私てしては全車速ACC+電動パーキングブレーキでひとまず便利で使いものになるかなと思ってます。
インプレを読ませていただいたところではノートはそこまでではないですね。
Fit3のACCは全車速ではなく電動PBでもないし自動車等の認識もちょっと荒削りで怖いです。
無いよりはいいんですけど。

MCタイチ

05SMさん、ありがとうございます!モニタースピーカのレビューも読んで頂いてたんですね。あっちは正直、アクセス数がダメダメなので、希少な読者は助かります(^_^;)

でクルマの話ですが、高齢者はずっと馴染みのディーラーから買ってるという人が多いみたいですね。様々なブランドの車を見て回ろうなんて考えもしないようです。それに特定ブランドのディーラーしか存在しない地域もあるようです。トヨタブランドのダイハツ車とかマツダブランドのスズキ車があるのは、そういう事情からですね。

ホンダはそういう事をしませんが、売れる地域だけ売れれば良いという方針なんですかね。グローバル展開もそういう傾向がありますねホンダは。サプライチェーン的にもホンダは独立独歩で、製造コストが高いから商品価格も高いんじゃないでしょうか?まあ日本では軽とフィットが売れれば良いくらいに考えているのでしょう。実際、巨大化したシビックが日本で売れるとは思えませんし。

日産も仰る通り、日本での車種をリストラしまくってますね。5ナンバーは事実上ノートだけでカバーし、あとは三菱製の軽があればボトムラインはOK。3ナンバーはセレナ以外殆ど売れてないし、敢えて売る気もなさそう。因みに、電動パーキングブレーキのプロパイロットはノートには付けられないと営業マンが言ってました。内容についてはよく知りませんが。

パワートレーンの電動化については費用対効果的に痛し痒しですが、IT化は今後も右肩上がりだと思います。あとはおしなべて保守的なカーメーカーが何処まで本気で取り組むかですね。資金的に自社開発が無理なら、GoogleなどのIT企業と組んだら良いと思いますが、日本企業は技術のオープン化には消極的ですからね。なので自動運転技術はトヨタ系と日産系に分かれて、他の日本メーカーは何方かに帰属するようになるかも知れません。

コメントする

お名前:

コメント:

※スパム対策:MCタイチが現在乗っているバイクは?"PC"

※Facebookアカウントでのコメントは中止しました。

最近のコメント[RSS]

▲Page Top