バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

RSS feed

SV650 ABS (suzuki)

イントロ

2016年の発売直後に街中で試乗した時はあまり良い印象は無かったが、2018年のスズキファンライドフェスタ(舞洲)で乗ってみると色々と良くなっていた。

ポジション/足つき/取り回し

ジオメトリは流石に変わってないと思うが、ポジションの印象は大分変わってアップライトで自然な感じ。というのも最初に試乗した個体が、ハンドルバーの取り付け角度が前に回転してたんだと思う。本来の角度に調節した場合はZ650よりは若干前傾(ハンドル位置がやや遠い)だが、MT-07(新旧)よりは僅かながらアップライト(ハンドル位置が高い)だと思う。

足つき性はZ650より若干劣るだろうが、MT-07(旧)よりは僅かながら良いと思う。シート幅が広がった新型MT-07(2018~)と比べたら、明らかに良好な足つき性。

エンジン/ミッション

やや過剰にドカドカした回り方は相変わらずだが、回転上昇は軽やかになり全体のパワーもアップしてるように感じた(クローズドコースは公道より大抵好印象になるが)。その代りというかアクセルレスポンスは結構激しくて、1-2速で回る低速コーナーではギクシャクしがち。

因みに、同じ日に同じ場所で乗ったV-Strom650の方が明らかにスムーズに回りマイルドなレスポンス。車重の違い以上に、エンジン自体のチューニングも違うと思われるが、SVももっとマイルドな味付けで良かったのに。

ハンドリング/乗り心地

ハンドリングも以前は寝かし込みが重々しかったが、今回はスラロームも大きめのUターンも普通に出来た。珍しくVツイン特有の頑固さを感じなかったし、同条件で乗ったV-Strom250より若干だが軽快なハンドリングに思えた。

乗り心地もフンワリ快適なV-Strom250/650と比べたらややゴツゴツ感はあるが、ライバルのMT-07やZ650と比較して特に劣っても居ないと思う。ただシートの表皮が荷重移動でズレる感じはやはり残っていた。

総合評価

最初に試乗した最初期型からこれほど印象が好転したのは、試乗コースや試乗車のコンディションの違いだけでなく、実は中身も変わってる可能性を疑わせる。初期ロットは製造品質が安定してなかったとか、設計上も公式には発表されないランニングチェンジがあったとか。

2017年モデルの新車が安く売られてたりするので、どういう変更が何時行われたのか気になる(まあ判らないだろうけど)。例えばランニングチェンジなら2017モデル中から行われていただろうが、2018年からタイヤがロードスマート3に変更されたらしいので(じゃあ今までのは何?)それがハンドリングに影響を与えてるかもしれないし。

兎に角このSV650は、ライバルに比べて実売価格が圧倒的に安い。右(スマフォだと下)のメニューにある「2018年モデル価格情報」の記事を見てもらえれば判るが、 新型MT-07より10万円、Z650より15万円も安いのだ。だから内容さえ悪くなければ、スズキは相変わらずコストパフォーマンス最強の座をキープしているのだ。

SV650 ABS に関するコメント

ゆりんゆりん

最近のバイクはパラツインが多いですが、Vツインでここまで価格を下げるとはたしかにすごいですね。

私は最近ミドルクラスの大型バイクを検討しているのですが、Z650、MT-07、SV650の中で、もしMCタイチさんが買うとしたらどれを選びますか?  
大型クラスでこれを言うのもおかしいかもしれませんけど、あまり気負わずに乗れるものがいいなと思っています。 参考までに教えてください。

MCタイチ

ゆりんゆりん さん。

SVの値段はスズキにしか出来ない所業ですね(^_^;)ヤマハやカワサキがもし作ったら15万円は高くなるんじゃないでしょうか。逆に言うと、もしスズキがミドルクラスでパラレルツインのバイクを出したら、どれだけお買い得なのか期待してしまいますけどね。

さて、この3つの中でもし私が買うとしたら、もう少し値こなれした段階で新型MT-07かな。或いはもしSVのエンジンキャラクタをもう少しマイルドにするようなマイチェンがあって価格が据え置きならSVでしょう。
Z650は値段が明らかに高いので購入候補としては最下位ですが、もしタダでくれるなら最上位かも(^_^;)足つき性が一番良いし、ポジションも一番楽なので。

コメントする

お名前:

コメント:

※スパム対策:MCタイチが現在乗っているバイクは?"PC"

※Facebookアカウントでのコメントは中止しました。

最近のコメント[RSS]

▲Page Top