バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

RSS feed

CB250R (honda)

イントロ

大人気で品薄状態らしいCB250R。ディーラーには試乗車が全く無く、ホンダ熊本製作所で開かれたHomecomingでようやく試乗できた。試乗コースは広めのカート用サーキットくらいのところで、舞洲の試乗会と比べて最高速は低いがコーナーが沢山あった。

ポジション/足つき/取り回し

跨るだけなら何度も跨ったが、最初から気になっているのはハンドルバーの形状と位置だ。モタードの如きフラットかつ幅広なハンドルバーなのに取り付け位置は低め遠めのネイキッド風。だから意外と前傾がキツイ割に車体との一体感はない。正にドゥカティのモンスターやストリートファイター風のポジション(のマイルド版)。欧州のスポーツネイキッド市場ではこういうのが流行りなのか?

それとシートの形状が角張っているのかクッションが硬いのか、シートの角が脚の付根に食い込んで痛い。これは停止して足を付いた時だけだろうと当初は思っていたが、試乗してみると走ってる最中でも割と痛かった(-_-;) コーナリングでハングオフしてしまえば脚の付根にシートの角が当たることは無い筈なので、僕の場合はリーンウィズでマシンをホールドするのから痛いのか?

エンジン/ミッション

最高速が50km/h程度のコースなのでその上は判らないが、近年の250ccMT車の中では実用域で非力さを感じない方だと思う。基本的に低速よりの特性だが、旧CB250Fほどモッサリ回らないわけでもなく、初期型CBR250Rのように下から上まで詰まった感じも無い。CRF250Rally(つまりマイチェン後のCRF250L)の若干バリバリした回り方とも違い、マイルドでレスポンスもややマッタリしている。同型エンジンの中ではやはり最新のRebel250が一番近いフィーリング。

他社の250と比較すると、GSX-250Rよりもパワーウエイトレシオ的に優れる分だけ快活。歴代Ninja250(ツイン)よりも低速トルクに優れているのは勿論の事、Ninja250SLと比べても発進加速で若干優位かもしれない。旧250DUKEの方が中・高回転域のパワーもスムーズさも上だが、その代りCB250Rは回転を落としてしまっても大幅に失速するような事はない(Dukeはある)。

長々と書いたが、勿論同じ環境で比較したわけではないし、古い記憶なので正確ではないかも知れない。ただ、最新の排ガス規制に縛られて大変な250の中では、CB250Rは動力性能と扱いやすさのバランスが非常に優れていると思う。

ハンドリング/乗り心地

ハンドリングは軽量車体のお蔭で軽快だが、ホンダらしくセルフステアが穏やかなので、今回のようなタイトコーナーでは扱い易い。跨がっただけで柔らかさが判るサスも走ってフワフワするわけでもなく、動きの率直さやわかり易さ、接地感に貢献していると思う。

乗り心地はフラットなコースなので良く判らないが、ストロークの途中で急に硬くなるようなことはないので、少なくともカワサキの250のような突き上げ感は無いと思う。

総合評価

エンジンのパフォーマンスと扱いやすさの両立。クラス最軽量の車重によるハンドリングの軽快さと、ホンダらしい安定感。今っぽく洗練されたデザインと、安い店だと乗り出し45万円くらいの実売価格。流石ホンダが本気出すと他社が対抗するのは難しそうな市場競争力だ。

それ故にポジションの不自然さと硬いシートの角は惜しいが、この辺は人によって感じ方が変わるだろうから、このバイクが気になる人は是非跨って確認して欲しい。

余談だが、試乗したHomecommingイベントでは、原付以外のバイクは試乗受付で一枚だけ試乗券をくれるのだが、そこから試乗会場がメチャクチャ離れているので(途中まで乗ってきた車やバイクで行きそこから更に徒歩5-6分)乗れたのはこのCB250Rだけだった(;´д`)トホホ…

CB250R に関するコメント

コメントする

お名前:

コメント:

※スパム対策:MCタイチが現在乗っているバイクは?"PC"

※Facebookアカウントでのコメントは中止しました。

最近のコメント[RSS]

▲Page Top