バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

TOP(menu) RSS Google+

8/24にプログラムの変更を行い、一時的に不具合が発生しました。未だ問題が有れば暫くお待ちいただくか、お手数ですがコンタクトフォームからご連絡ください。

FZ1fazer(国内) (yamaha)

エンジン/ミッション

国内仕様となって新登場したエンジンは、予想通り出だしからトルク感が増していた。

サウンドもカワサキより全体に低音寄りで重厚感があり、かと言って音質は篭っていないし個性がある。

しかし、4000rpm位からはZ750以上に荒々しいサウンドになり、ちょっと気ぜわしい。ただ、ギア比が全体に高めのようで、トップギア100km/hで4000rpmくらいだったと思う。3000rpm位でシフトUPしていけばジェントルかつ充分に加速できる。

ハンドリング/乗り心地

Z750と比べると明らかに安定志向のハンドリングだが、リッタークラスのハーフカウルとしては鈍重ではない。

セルフステアは自然で弟分のFZ6-Sをそのまま拡大したようなフィーリング。もっとも、ワインディングでは試していないので、切り替えしなどでは若干重いかもしれない。

ポジション/足つき/取り回し

以前に書いたように、バーハンドルのような形状にも関わらずリラックスしたポジション。つまり、ステアリングヘッドが近くて高い。ひょっとしたら、FZ-6Sよりアップライトかもしれない。

サスペンションは従来どおり固めで多少ゴツゴツ感がある。足つき性はZ750より若干悪い程度。

総合評価

排気量の割には低速トルクが薄かった従来モデル(海外仕様)の弱点は改善された。しかし、今となっては重くて大くて硬いバイクという印象は拭えない。

同クラスのライバルZ1000の方がコンパクトで軽快で柔らかだし、リッターSSなら圧倒的に軽量コンパクトだ。逆により大排気量のZZR1400の方がもっと軽快で柔らかく、スポーツもツーリングもOKと言う感じ。そんな中、このバイクの立場は微妙。

あえて言えば「長距離ツアラーが欲しいが、FJRや1400GTで大きすぎる」と言う人には適しているかも。

FZ1fazer(国内) に関するコメント

コメントする

お名前:

コメント:

MCタイチが以前乗っていた黒い大型バイクは?(スパム対策)⇒

Facebookアカウントでコメント

最近のコメント[RSS]