バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

TOP(menu) RSS Google+

WR250X (yamaha)

エンジン/ミッション

排ガスと騒音規制によって、パワーダウン必至と言われる最新の250クラスの中にあって、想像以上にパフォーマンス高し。と言っても高回転型ではなく、低速から力強く加速し、速度の乗りは他の250単気筒を凌駕する。

一方、高回転域でもレブリミットが12,000rpmと言うだけあって、頭打ち感はなし。タコメータがないのでどの位回したかは判らないが、別段頑張らなくても100km/hくらいさらっと出る。不思議なことにその時の速度感があまりなく、むしろZ750の方がスピード感がある。

DR-Z400SMと比較すると、むしろDR-Zの方が高回転型。低回転では穏やかで、回すほどにパワーが出るタイプ。よって、意識的に回せばDRの方が速いが、普通に走っているとWRの方が活発に感じると思う。

排気音は厳しい騒音規制をクリアした割には、バリバリと勇ましい。これは、騒音を測定する時のモード(例えば40km/hから半開で60km/hまでとか)があるので、その条件の時は静かにして、あとはパワーが出るようにインジェクションやEXUP(排気ディバイス)を上手くチューニングすることで規制をクリアしているらしい。R6とかを見ても、このあたりの技術ではヤマハは進んでいるのかも。

ハンドリング/乗り心地

フロント・リア共にしなやかにストロークするサスにより、乗り心地は良好。

ただし走り的にはちょっと姿勢変化が大きい印象(サスの伸び/縮みが速いのかも)。これは「バネレートは高いが、摩擦抵抗が小さいので柔らかく感じる」という高級サスの証しなのかも知れないが。

いずれにしろ、XRや旧Dトラのようにゆったりリズムではないし、ロードバイク並に姿勢変化が少ないDトラXとも違う。大胆に荷重移動を利用する本物のモタード仕様なのかも知れないが、ロードで乗るならセッティングを煮詰めないとストロークをもてあますと思う。

あと、良く言われるマスの集中化は効いているようで、DトラXやXRより少し軽いバイクに乗ってる感じ。ただし、寝かしこみで若干フロントが粘るというか、切り替えしなどで僅かに重さがある。

ポジション/足つき/取り回し

心配された足つきは思いのほか良く、DRZ-400SMと大差ないレベル。ただしこれはサスの設定で車高を2cm下げた結果だと後でわかった(車高ダウンキットなどは必要なく、リアサスのリンク調整(要分解)とフロントフォークの突き出しによるもの)。

後日、ノーマルサスに跨って見ると、何とか両足のつま先が着く。喩えて言えば、08KLXと同じくらいか?

あとちょっと気になったのは、停止時に足を出したとき、ステップが丁度足に当たる位置にあること。また、シートはかなり細いので、お尻が痛くなるかも。

総合評価

エンジンは評判どおりすばらしい。足つきも車高ダウンすればDトラ並みになる(ただしハンドリングに影響ありか?)。デザインはヤマハらしく洗練されていてかっちょいい。

評判どおりの力作バイクだが、やはり最大のネックは値段の高さ。燃料もハイオク仕様!(実際にレギュラー入れるとノックするらしい)。250にそれだけお金をかけられるかどうか、ライダーの価値観が問われるバイク。

RSSフィードが正しく表示されない、ログインした状態でコメント出来ない等の不具合がありましたが、9/30に解消しました。未だ問題他にが有れば、お手数ですがコンタクトフォームからご連絡ください。

WR250X に関するコメント

MCタイチ

ノーマル車高に跨ったら、思ったほど足つきは悪く無かったです。上記の車高ダウンタイプと殆ど変わらない感じです。

MCタイチ

足つきが「DRZ-400SMと大差ない」と書いたけど、ちゃんと比較すると明らかに差がありました(^^;僕の場合DRZなら両足つま先立ちだけど、WRは片足爪先立ち。「慣れれば何とかなる」レベルを超えています。

ぴぴん

2012年モデルを試乗してみたのですが、評判通りエンジンはすごくいいですね。250であれだけの加速は本当にすごいと思います。
本当に非の打ち所がないように感じました(値段以外)。
総じてタイチさんの意見に同意なんですが、一点ステップについては
自分の場合は特に足に当たるという感じはなかったですし、もしかしたら試乗車にローダウンシートが入っていたのかもしれませんが、足つきはまずまず良かったです。当方165センチで踵まではつきませんが、しっかりと両足つきましたので、ほとんどの人は足つきは問題ない気がしますね。

MCタイチ

僕は167cmで体重は73kgありますが、足付きはかなり厳しかったです。その試乗車はローダウン仕様の可能性がありますね。でなければ股下長の問題ということに…(*_*;

今の排ガス・騒音規制をクリアしつつあの動力性能を出すために、ノーマルのマフラーは非常に高価らしいです。

ぴぴん

欧米人並みに足長と言いたい所なんですが、完全に日本人体系の胴長短足でありまして
ローダウン仕様だったのでしょうね。実は、次の日にDUKE690に試乗したのですが、DUKE
のほうが重いせいか足つきが悪いように感じました。一年前は足つきが良いという認識だったのですが、足つき性への感覚というのは全くあてにならない気がしてきました。

ノーマルマフラー高価なのですか・・・規制規制で本当にメーカーの人達は大変でしょうね。最近ヤマハは元気ないですが、技術力もデザイン力もあるので頑張って欲しいですよね。

605

ヤマハはこんなすばらしいエンジンがあるのだから、SRX(パルス感を付け足して)やCBRの対抗機種を出せばいいのにと思います。
他3メーカーは国内モデルにわずかですが力を入れだしましたし。

MCタイチ

僕の足付き感覚も怪しいですが、WR250Xの足つき性を100とすれば(大きいほど悪い)、DRZは80、690Duke(2012~)は75という感じだったような。因みに、12,000kmくらい走った友達のWRはサスがヘタって90位になってました。
重量感という意味では、WRが70、DRZが85、Dukeが100くらいですかね。

MCタイチ

確かに、CBRやNinjaのような、単気筒フルカウルモデルをヤマハが出さないのは不思議ですね。ベースとなるアジア製250-300ccエンジンを持ってないのかな?
WR250のエンジンは、かなり高価なハイパフォーマンス系なので、アジア生産のバリューモデルには出来ないのではないでしょうか?

605

MT-07を試乗したついでにWR250Xも試乗しました。
気になったのは、前下がりのシートで、前に座ると今度は前上がりになりハンドルが近くなりすぎるとか、長距離は無理そうとかぐらいですね。

エンジンは低速でもセローよりもトルクがある感じですね。中速域までしか回さないとつまらんエンジンだと言いたくなりますが、高回転域まで回せばやはり面白いエンジンだと思いました(トルク感は薄いがしっかりとスピードが乗っている)。

MCタイチ

WR250Xの試乗車が未だあったんですね。シートの一番低い所に座るとハンドルが近すぎるって事ですよね?言われてみればそうだったような気がします^^;傾斜がキツイのはリアフェンダーが跳ね上がってるからかな?

仰るとおりエンジンは下から力強いと思います。バリバリした感触ですが、回してもストレスは少ないですね。速度計はややハッピーメーターみたいですが^^;

コメントする

お名前:

コメント:

MCタイチが以前乗っていた黒い大型バイクは?(スパム対策)⇒

Facebookアカウントでコメント

最近のコメント[RSS]