バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

TOP(menu) RSS Google+

8/24にプログラムの変更を行い、一時的に不具合が発生しました。未だ問題が有れば暫くお待ちいただくか、お手数ですがコンタクトフォームからご連絡ください。

Impreza G4 2.0i AWD (スバル)

エンジン/ミッション

2.0Lボクサー4エンジンは非常にトルクフルでスムーズ。軽なら全開に近い急坂を、何事も無くするすると登っていく。モード燃費重視のカッタルいエンジンが多い昨今、この力強さはとても気持ち良い。

スバルのボクサーエンジンに乗るのは初めてだが、独特のサウンドとか低重心感が正直判らなかったが、逆に言えば良い意味で普通のフィーリング。まあキャラクタが出るほど回す必要がないということだと思う。CVTも良い意味で存在感が希薄。何も問題なし。

尚、試乗者には「アイサイト」が付いていたが、衝突防止の自動ブレーキだけでなく、センターラインを割ると一々警告してくるのは若干煩かった。

ハンドリング/乗り心地

連続するマンホールといういやらしいギャップを通過しても、ビシッと安定しているのに硬さがない。良い意味でとても重厚でフラットな乗り心地。シートバックや座面はフラットな形状で硬めなので好ましい(少なくとも個人的には)。

ただ、ステアリングの手応えが重めなのは良いとしても、反力的にゴムをねじっているようなネットリ感が気になった。ワインディングでの挙動は変に軽快感を演出する事はなく、車体自体は率直な回頭性だと思うが、このステアリングのネットリ感によって、重々しい挙動に感じてしまった。

尚、試乗した四駆モデルはFFに比べて、若干どっしりした挙動だという。まあ、関西のちまちましたワインディングを軽快に走ると言うよりは、80km/h以上の高速ワインディングや高速クルーズを狙ったシャシなのだろう。

居住性/装備/取り回しなど

インプレッサというと室内空間が狭いイメージがあったが、このモデルに関してはちゃんと後席の空間も確保されている。

全幅が3ナンバー枠に入ってしまったと言っても僅か4cmなので、外から見ても中に座って運転しても、5ナンバーのティーダと感覚的に何ら変わらない。因みにリーフは明らかに幅広感があった。

あと、今時珍しいセダンだが、結構かっこ良く見えた。特にこの白は、かつてのシビックタイプRみたいで精悍だ。

総合評価

実はスバル車に乗るのは始めて(だと思う)ので、何処までがスバルのキャラでどこまでがこのモデルのものなのかは判らないが、とても上質で真面目なクルマだった。もっとも、今回試乗したのが2L-4WDモデル(ホイールから察して2.0iかな?)だったので、1.6L-FFだとどういう味わいになるのか、今度試してみたい。

先代インプレッサには試乗していないが、ボディーが拡大し重くなったのに、スポーツイメージの呪縛があったので、なんとなくチグハグなクルマになったような気がする。それに対して新型は、端から普通のロードカーを目指したために、すっきりしたコンセプトになっていると思う。さりとて、トヨタ車のようにヤワなクルマにしなかったのが素晴らしい。

余談だが、こうなるとレガシーとの住み分けが微妙になったのではあるまいか?店の人は、プラットフォームが別でレガシーの方がWBが長いと言っていたが、室内空間としてはさほど変わらないと思う。

Impreza G4 2.0i AWD に関するコメント

ZRX_400

先代のインプレッサの1.5L MT 4WD を買った方がいて、この年末に、新潟は赤倉で雪道を試乗したのですが、素晴らしい駆動力で驚きました。特に、始動時と、フカフカの雪道の走破性、あと降雪中の高速道路の走破性です。

SX4 (FF) は変な4駆よりも雪道に強いらしいのですが、スバルの4駆は別世界の強さでした。雪道はスバルって言われる理由が少し判った気がしました。

MCタイチ

そうですか。僕も雪道で試してみたいな。まあ、低μ路で四駆のトラクションが良いのは当然ですが、スバル四駆ならではの特徴を想像するなら、普通の道での上質感かな?

MCタイチ

テスト投稿でええええええええええええす

コメントする

お名前:

コメント:

MCタイチが以前乗っていた黒い大型バイクは?(スパム対策)⇒

Facebookアカウントでコメント

最近のコメント[RSS]