バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

TOP(menu) RSS Google+

GSR-750(国内) (suzuki)

エンジン/ミッション

国内仕様は昨年も試乗したが、それ以前の輸出仕様との差異が殆ど無いので新たにインプレは書かなかった。今年も勿論変わりなしだが、2.3気づいた点を追記する。

先ずエンジンは、MT-09やCB650Fが登場した今でも色褪せず、スムーズで扱いやすい。普通に発信した時の低速回転からのパンチはむしろCB650Fの方があると思うが(勿論MT-09はもっとある)、出てくるトルクがアクセル開度や回転数に比例するという意味ではGSRの方が扱いやすそう。

直線でちょっと引っ張ってみたが、2速で楽々70km/hに到達。これは機械的に楽々なのは勿論だが、ノイジーなのが嫌いな僕でもさほどストレスを感じないほどスムーズだという事。もっとも、そのくらいの回転数になるとトルクは十分以上に出てしまうので、MT-09ほどではないがそれなりにスナッチーだった。まあ、今日の750のパフォーマンスから言えば普通のレベルだと思うが。

ハンドリング/乗り心地

これに試乗する時は前後にGSX-RのようなSSに乗る事が多いので、GSR750の扱いやすさが何時も際立つ^^;ニュートラルでスムーズなハンドリングとしか言いようがない。まあ、基本的には塊感のあるストリートファイター系の重量配分ながら、CB650FやMT-09よりやや大柄なのか、若干落ち着きが有るように思う。

ポジション/足つき/取り回し

MCショーで隣に展示してあったGSR-400とまたがり比べたら、750の方がシートはやや高いがスリムなので、結果としての足つき性は殆ど同じだった。重量スペックを見ると少しだけ400の方が重い。

勿論重量配分は違っていて、750の方がエンジン周辺にマスが集中しており重心は高め。なので、取り回しで傾くと750の方がずっしり重く感じると思う。走ると750の方がシャープで400は安定志向という感じ。尚、昨年GSR750の国内仕様に初めて乗った時は、輸出仕様に比べてシートのクッションが柔らかすぎると思ったが、今年の国内モデルは特段問題は感じなかったので、普通の硬さに修正されたのかも。

一方CB650Fと比べると、足つきは若干GSRの方が良いかも知れない。シート高はともかく、CB650はシートが幅広で角が硬いのに対して、GSRはもっとすんなり足が下に伸びるから。尚、MT-09は更にスリムでこの2車より足つき性は明らかに良い。

総合評価

CB650FやMT-09と頻繁に比較したのは、GSRを加えたこの3車が現行の中大型ネイキッドのベスト3だと思うから。3車ともハイパワー・スムーズ・コンパクトで走りは申し分ない、しかも国内仕様で値段もお手頃。

その中で、敢えてGSRの個性を挙げるなら、(本気を出した時は別として)普段はややジェントルで安定志向。つまり少しだけ従来の直4ネイキッドに近く、一番安楽なのではないだろうか?

RSSフィードが正しく表示されない、ログインした状態でコメント出来ない等の不具合がありましたが、9/30に解消しました。未だ問題他にが有れば、お手数ですがコンタクトフォームからご連絡ください。

GSR-750(国内) に関するコメント

コメントする

お名前:

コメント:

MCタイチが以前乗っていた黒い大型バイクは?(スパム対策)⇒

Facebookアカウントでコメント

最近のコメント[RSS]